Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 06日

犬の言語理解能力って?

僕はハンドリングにおいて、いわゆる「オブスタクル・コマンド」を使う。次の障害を一つ一つ指示する方法。ハードルとタイヤは「ホップ!」Aランプは「山!」ドッグウォ―クは「橋!」トンネルは「ハウス!」。
犬にはこの”紐付け式”コマンドはたやすく理解出来る様だ。奴らは「おやつ」「散歩」「リンゴ」なんて言う言葉は完全に理解してるからね。
f0186476_19454685.jpgたとえハードルを落としても、確かにコマンドには反応している事になる。だから彼女には”ハードルを落とさないように飛ぶ”事を意識してもらわなくてはならないし、これはどういうコマンドにすればいいんだろう?「バー落とすなHop!」ってなんて毎回言えない。となれば、phoebeに”私、バーを落とさないわよっ!”て言う意識が必要だ。

先週の練習の時、バーを落としたら止まってphoebeに「バー落としたらダメだよ」と言いきかせて、同じバーを飛ばせたら、いつもより慎重に、後ろ足の蹴り上げも高く飛んだ感じがした。彼らは単語としてのコマンド以外にも、文章もある程度理解出来る様だ。もちろん言語として理解しているのではなく、僕の想いが伝わるんだと思う。そう言えば、以前ルークにぃもそう言う言葉かけをしてると言ってた。

f0186476_20203970.jpgドラハまでの練習では、こう言う言葉かけを通して、phoebeの意識強化とコミュニケーションに重点を置こうと思う。これが効くようならば、山の下りのタッチも止まる事が出来るようになるだろう。
明日はWiseAGQ。先週同様、タッチにこだわってphoebeに止まるイメージをしっかりと持ってもらいたいな。
photo by yukikosan

ところでインコ飼いはやはり思ってる事がシンクロするというか、phoebeに僕の言葉が伝わるのかどうか?と考えてる時に、ごまいぬの飼い主も同じような事を考えていた。phoebeは計算は出来無くて良いから、とにかくバー落ちとタッチを意識してくれ~。  
ごまいぬにポチっとしてやってください。
[PR]

by 4engys | 2010-11-06 20:34 | アジリティ


<< 準備万端!?      Last U人アジQ >>