Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 12日

犬護舎セミナー

 犬護舎流セルフケア講座に行って来た。
 埼玉で、ドッグボディケアを展開されている犬護舎(いぬごや)さんが、札幌でセミナーを開催されたので、3ワンを連れて参加して来た。
 さまざまなドッグボディケアの中で唯一、「腱」の働きに注目して、刺激を与える事により、運動機能の回復やパフォーマンスの向上を図るというものである。詳しい事は犬護舎さんのHPを参照して頂きたいし、機会があれば参加される事をお勧めする。理論も凄く納得のいくものだし、毎日の犬との触れ合いの中で、楽しくケア出来るのも良い。講座でレクチャーをされたスタッフの方の説明も非常にわかり易く、説得力がある。聞けば聞くほど、問題が間違いなく解決されそうな気持になって来て、なんかワクワクしてきた。
 だって、バー落ちがなくなり、タッチを飛ばなくなり、スピードが向上するというのだから笑いが止まらない。さらに癲癇の発作までもが抑えられるとの事。(正確には、癲癇は治らないが、そのスイッチを押す事を抑え、発生の間隔を広げて行くというもの)
 レクチャーに続いて、ブルー、リー、フィービーの順番で実際に腱の状態をチェック。やさしく触れれば、先生が言うとおり腱が固まっていたり、バランスがずれていたりする。しばらく触れるうちに、少しづつ柔らかくなって、さっきまでは感じなかった骨の感触が指先に伝わってくる。
 刺激する部位を見つけるのは初級者には難しいが、普段から犬をたくさん触ってあげるだけでも効果があるとの事だった。これからは今まで以上にたくさん、触ってあげようと思う。(わ~い、お墨付き)
 とりあえず、今度の金曜日の晩、今日のVideoを見ながらPhoebeを触りまくってやろう。そしたら本番でのCreanのイメージが出来てきた。それでもやっぱり正確な検分とハンドリングが大事なんだけどね。
 リーの発作もきっと少なくなるだろう。そうなる事を祈りながら触れてあげようと思う。そう言いつつも、昨日からの練習、今日は皆にやたら触られまくり、フィニッシュはシャンプーと、かなり疲れているはずなので、今日の晩から明後日の朝までくらいが、発作の危険時間帯だ。なので今日はレメディをてんこ盛りであげて寝る事にするよ。
僕、疲れたよ。
f0186476_2384230.jpg

[PR]

by 4engys | 2010-09-12 23:09 | 兄弟


<< 秋の大会      I ♥ Big Apple >>