Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 30日

名勝負に酔いしれる

 昨夜はまさに、名勝負に酔いしれましたな。
 全豪オープンテニス 男子シングル決勝・ナダル対フェデラー

 この2週間、我が家は連日テニスモードで、先週の錦織・フェデラー戦を仲間と応援を楽しんだ事をはじめ、仕事から帰って来るとテニス中継が放送されているし、土日も終日テニス漬けって事で、ほんとに楽しい2週間だった。
 そしてその締めくくりが、なんとナダル対フェデラーとはっ!
 
f0186476_20203179.jpg
 試合が始まる前までに、買い物などの、すべきことを終わらせて万全の態勢でテレビに向かったよ。
 かみさんは特等席に陣取って応戦モード全開。それもそのはず、去年は現地メルボルンでこの雰囲気を味わっていたのだから、大会の雰囲気を今でも生で感じる事が出来るのだろう。
 そんなかみさんや友達の経験から伝わって来るフィーリングを感じながら見るこのトーナメントは、僕にとってもグランドスラムの中で最も盛り上がる大会なのだ。

 ミシェルは退屈そうだけど。
f0186476_20265685.jpg
 それにしても、終始、どちらに流れがあるという事を感じさせない、お互いの持ち味を存分に出し切った、すごいゲームでしたな。唯一、ファイナルセットの第8ゲームの攻防が勝敗を分けましたな。
 まさに、歴史に残る1戦だった事は間違いないし、こんな素晴らしいゲームを見られた事に感謝したいですな。
 
 フェデラーが準決勝でバブリンカに勝った時、WOWOWのアナウンサーが発した言葉
 ”お帰り、フェデラー”
ってのがすごく印象的だった。
 ヤッパリ彼らにはこの舞台が似合ってますな。

 さてさて、明後日からはもう2月。
 2月と言えば、札幌雪祭り。月末には、冬季アジア・札幌大会がやって来る。 
 僕もボランティアとして参加する大会だけに、今から楽しみです。
 ボランティア用のユニフォームも配られて、だんだん実感が湧いて来た。 
f0186476_20354058.jpg
 全豪で見せてくれた、世界最高峰の技はもちろん最高だったけれど、アジア中から集う選手たちの頑張りもきっと素晴らしいものだろう。
 そんな選手たちを、しっかりとフォロー出来るよう、僕も大会を楽しんで、頑張らねば。
 普段、フィリピンの先生とSkypeで学んでいる英語を活かすチャンスでもあるので、少し緊張するけれど、笑顔を基本に何とか乗りければ、また新しい世界が広がる気がするのだ。
f0186476_20452100.jpg
 2月末は、ボニコと練習も出来ないと思うけれど、ボニコも分かってくれるだろう。
 
 メルボルンの夢のようなゲームに酔いしれた後は、北国での熱い戦いを僕も一緒に感じる事が出来ると思うとすごく楽しみですな。
 そしてそれが終われば、いよいよ僕とボニコの挑戦の番がやってくる。

 未だ雪深くて寒い冬だけど、気持ちはすごく熱くなって来ているよ。


にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

# by 4engys | 2017-01-30 20:53 | 生活 | Comments(0)
2017年 01月 23日

新しいチャレンジ

 昨夜は友人宅で、全豪オープン、錦織対フェデラーの試合をテニス好きの仲間と一緒に観戦しながら応援を楽しんだ。 
 我が家のワンズも一緒に応援したよ。
f0186476_20101703.jpg
 錦織の結果は惜しくも敗れはしたけれど、やっぱりロジャーには歯が立たないって感じじゃなく、次当たった時はきっと勝てるような、そんな予感を与えてくれる戦いだったな。ロジャーが良すぎたね。
 
 12月末にどっと降った雪も、あれ以降はチラチラと降る程度で、今となっては例年に比べて半分くらいの積雪じゃないかな。去年に引き続いてすごく楽な冬が続いています。
 なので、学校でも良い練習が出来るのです。
 
f0186476_20292912.jpg
※写真はイメージです。練習とは関係ありませんが、ミシェルが冬を楽しむ姿は嬉しいもんです。

 この冬のテーマは、昨年チトてこづった、橋の下りとスラロームのエントリー。
 橋の下りは、手こずったほどではないけれど、大声のコマンドと手で止めにかかる事が、ボニコにとっても、僕にとっても大きなプレッシャーになっていたし、スピードダウンもあって、レースの流れを止めていた感を感じていた。 
 タッチの基本は2on/2off つまり、前足を地に付けて後ろ足をゾーンに置く事。でも僕は4on、つまり前足をタッチゾーンにしかっりと踏む事を意識出来れば、止める必要がないという言う考え方を選んだよ。

 スラロームのエントリーは、どこからでも入れる事を目指すのが基本中の基本。
 今までは、ハンドリングの立ち位置で何とか回避して来たけれど、3度で戦うには、何処からでも自ら入っていくという意識をボニコ自らが持つ事が大事だね。
 そんな事を意識しながら、冬場の練習をしています。


 ビアディはすごくセンシティブな犬種なので、あまりプレッシャーをかけるのは良くないから、気持ちよく走り切る方が、ボニコも僕も良いはずなので、この方法が僕らに合ってると信じて練習していくよ。
 問題は大会の雰囲気の中で出来るかどうかだけど、長い冬の間の練習として、じっくり取り組むのが良いんじゃないかな。

 スラロームのエントリーは、最近練習していなかったにもかかわらず、ボニコは進化してるね。
 特に90度の角度からエントリーも、左サイドからでも右サイドからでも難なく入って行くのに驚きと感動を感じたよ。

 今冬はすごく寒い日が続くのだけれど、南半球で行われている熱い戦いから刺激をもらって、僕等も今シーズンに向かってしっかりと練習していく事が楽しく感じられるようになって来た。
 ボニコもそんな僕の気持ちにしっかりと応えてくれてるので、今年の活躍を信じて頑張って行こうと思う週末練習は続きます。
 
 錦織も良いけど、ボニコチームにも乞うご期待です。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

# by 4engys | 2017-01-23 21:59 | アジリティ | Comments(0)