Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 29日

マッサン

 3月だというのに、早くも雪が消えたこの週末。
 先週堅雪を楽しんだ畑も、今は真っ黒な土が一面顔を出している。
 床屋に行っても、客先でも、犬散歩中でも、まるで合言葉のように
「今年の冬は楽でしたな~。こんな冬なら最高ですね!」
 なんて会話がお決まりになってる今日この頃です。

 半年間、毎朝、僕らを楽しませてくれた朝ドラ「マッサン」が感動の中で最終回を迎えましたな。
今日はこの曲を聴きながらおつきあい願いたいですよ。(別タブで開きます)
Scotland the Brave (Bagpipe)

 僕がマッサンと出会ったのは確か1990年代の半ば。すごい男がいるもんだな~と思いながら、大好きなウイスキーを楽しんでいた頃、(その頃はCanadianClubやバーボンも飲んでたかな?)ニッカの余市工場で「マイウイスキー」なる企画がある事を知り、1998年に抽選に当たって参加してみたのが最初でした。

 ポットスティルを加熱するための石炭くべ体験
f0186476_1811442.jpg

 参加してみて、スコッチスタイルのウイスキーの魅力に憑りつかれて、すっかりスコッチファンになりました。
 と同時に、竹鶴とリタさんのストーリーに触れて、ニッカファンと言うか、竹鶴ファンになったのは言うまでもありません。

 発酵槽の洗浄体験後、タンクから身を乗り出したところ。
 中は蒸し暑かったな~。
f0186476_18201523.jpg

 ドラマでも、ポットスティルの口からマッサンが身を乗り出して、エリーをびっくりさせるシーンがありましたな。あそことかぶるな~。

 蒸留後のウイスキーを樽に詰めて、樽を愛おしそうにやさしく抱きながらご満悦の自分(若いなっ!)
f0186476_182618100.jpg


 僕らが作ったウイスキーを貯蔵庫まで運び、これから始まる10年の眠りに着かせたところ。
f0186476_18232786.jpg

 余市は竹鶴のこだわりの通り、土の床の上に2段重ねの貯蔵庫になっている。
効率を追求すると、固められた床の上に、鉄骨の骨組みで5段も6段も重ねた貯蔵庫もある時代なのにね。
僕が行ったスコットランド,Skye島のTalisker蒸留所の貯蔵庫も土の上に2段だった。(発酵槽も木桶だった)

 そして10年後の2008年12月、10年間彼の地で眠った僕らのモルトは、長い眠りから覚めて、僕らの前に帰って来たよ。
f0186476_18431779.jpg

 左にいらっしゃるのが、3代目のマスターブレンダー佐藤さん。
f0186476_18504535.jpg

 2008年に手にした数本のモルトのうち、佐藤さんのサイン入りボトルが最後の1本となって、僕のカウンターバーで一際存在感を放っている。
 これを開けたらもう一度仕込みに行かなきゃならないかもな。
 そうなれば次の10年後は60代後半か~。楽しみなような、怖いような気もするけれど、人生はアドベンチャー
 10年後の再会を信じて、いくつになっても一日一日をしっかりと生きていくのも悪くない。
 竹鶴とリタに出合って、そんな前向きな気持ちにもなったのだし、想いはウイスキーに留まらず、スコットランドの歴史や文化にも及んでいる。

 2005年、竹鶴をあそこまで惹きつけたスコッチやスコットランドの魅力を、この目と、肌と、舌で確かめるために、スコットランドを旅した。
 今は毎晩、スコッチを飲むのが習慣だし、ボニーだってスコットランドの牧羊犬。ボニーの名前も、スコットランドの英雄、ボニー-プリンス-チャーリーにちなんでいるのだ。
 竹鶴(マッサン)のあの個性に影響を受けた人たちはたくさんいると思うのだけれど、ある意味僕も彼とリタによって人生が少し変わった事は間違いないと思う。そういう魅力と力が、彼らと、ウイスキーの様に熟成を重ねた彼らの人生そのものにありますな。

 我が家のバーを飾る余市の原酒たち。
f0186476_19383840.jpg

 左から、無貯蔵、5年熟成、10年熟成、15年熟成
 樽の中で色も旨みも香りもどんどん変化して良くなっていくウイスキー。
 僕自身は、年数自体は熟成してるけれど、ピートの効いた、旨い熟成になっているだろうか?
 来週から新年度のスタートって事で、1年後に自分の熟成度合いをあのモルトと一緒に確かめられるよう、もうひと踏ん張り頑張ってみるかっ!

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2015-03-29 20:01 | 生活
2015年 03月 22日

冬から春へ

 連日、この時期としては高い気温の日が続き、今年はこのまま雪解けが進み、大好きな堅雪も先週で終わりかな~?と思っていたら、昨日の朝はちょっと冷えました。
 おまけに春の朝霧が濃く立ち込め、なんとも良い雰囲気の中で今年最後の堅雪を楽しむ事が出来たのだ。
f0186476_17594568.jpg


 ブルーは最近はこのフィールドまで歩く事はなくなったので、今回は全員車に乗せて、このフィールドまで連れて来た。

f0186476_1812311.jpg

 最近めっきり活動時間が減った感のあるブルーだけど、毎年おなじみの堅雪フィールドを彼なりに楽しんでいた様子で、肉球から伝わるあのフィーリングを感じて、記憶が目覚め、脳も活性化されたんじゃないかな。
f0186476_189197.jpg

 朝霧の中で、うっすらと霞をかけたような木々やサイロをバックにしたブルーの、この写真がお気に入りです。

f0186476_1827070.jpg

 phoebeも久々のFreeRunでブルーと同じく、堅雪のフィーリングを楽しんだはずだけど、雪の中に埋まる木の葉や、豆みたいな実を探すのに忙しい。

 そんなphoebeに絡んで行くボニーにForcusしてシャッターを切ったら、思いがけず決定的瞬間を捉える事が出来たよ。
 まるでプロレス技みたいだね。
f0186476_18335341.jpg

※FBのBearded collie グループで270likesをGetって事で、世界中のビアディファンにもお楽しみを届ける事が出来たね。

 昨日、この後日中は10度近い気温に上がり、日差しも強くて、雪解けがいっそう進みました。
 今朝は弱い雨と高い気温で、堅雪遊びは出来なかった。そういう意味で、堅雪ってまさに自然が気まぐれに僕らに与えてくれるプレゼントですな。
 このチャンスを逃すことなく、毎年自然がくれるこのパラダイスを楽しめるのも、ワンズがいるおかげですな。来年もまたブルーと堅雪を楽しみたいよ。

 と言う事で、今日のフィールドはこんな感じ
f0186476_18462816.jpg

 木の幹の温もりの力で、木の周りからどんどん雪が解けていく。

 この調子なら来週くらいにはフィールドから雪が消え、再来週には乾燥して、どこアジセットを持ち出して練習できるかも。
 昨日は今年初めて、車を手洗いしたし、今日は庭の木の雪囲い用の縄をほどいたら、木々も久々に枝を開いて、伸びをしてるようで、気持ち良さそうな感じがしたよ。
 僕も再来週からは新年度って事で、背筋をピンと伸ばして、心機一転、仕事もアジも頑張って行こうという気持ちが湧いて来たのだ~っ!

 最後に昨日の堅雪遊びの様子をアップ。



にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村


 
[PR]

by 4engys | 2015-03-22 19:02 | 我家の犬達
2015年 03月 15日

犬鉄

春は別れの季節、と同時に新たな出会いの季節でもある。
今週は鉄道界に、別れ、と言うよりも「卒業」と言いたい出来事と、新たな1ページのスタートのニュースがありましたな。

大阪と札幌を結ぶトワイライトエクスプレス、東京と札幌を結ぶ北斗星。
この2本の特別寝台列車が惜しまれつつ、最後の走行となりました。
来年春の北海道新幹線開業に向けたJRの対応と言う事で、新たな時代の到来の象徴のようなもんですな。
更に、北陸では北陸新幹線の延伸も開業して、連日鉄道関連のニュースが話題となりました。

そんな中で、もう一つの「卒業」となったのが。
JR北海道711系電車のラストラン

3月13日(金)大麻駅発8:19分
47年間走り続けた、赤いボディに直角型の対面座席の、711系の列車のラストランに乗り合わせることが出来た。
 いつものように通勤のためにホームで電車を待つと、大学が休みのこの時期、空いてるはずの列車の中はカメラを持った人達で大混雑。
いわゆる「撮鉄」「乗鉄」達ですな。
 僕が乗る先頭車両では、進行方向に向いた窓に写る風景を動画で撮影する人で特に混んでいた模様。
 更に、札幌駅に到着すると、ホーム上にはたくさんの鉄道ファンがお出迎えと言う事でびっくりした。
 列車が停止すると、車内からは「お疲れさ~んっ!」と言う歓声と共に拍手も湧いて来て、なんんか、こちらまで特別な瞬間に立ち会えたような気がして、ちょっと感動しましたぞ。

f0186476_20372453.jpg

 別れと出会いの季節と言えば、この時期だけの堅雪もそう。
 冬が残した雪を、春の暖かさとしぶとく残る寒さのコラボレーションで出来るのが堅雪。
 まさに春を楽しみながら冬にお別れするような場所ですな。

 雪解けでここからしばらくは学校でのアジ練が出来ない季節。
 今日久々にブルー、phoebe、Bonnieとかみさんとで一家全員散歩に出た。
f0186476_20451584.jpg

 暖かくなって来たせいか、ブルーの足取りも軽い。
 普段はBonnieだけと散歩にいくけれど、明らかにBonnieも全員散歩が楽しそう。
 
 散歩の帰りに、いつもの跨線橋上で、撮鉄気分でパチリ
f0186476_20482979.jpg

 
 撮鉄、音鉄に〇鉄なんかの人達の気持ちは理解できないけれど、何にしてもあそこまで夢中になれるって事は、素晴らしいと思いましたぞ。
 僕だって、犬にここまではまってるってる事は、傍から見れば理解に苦しむ事かもしれないけれど、そんなこと気にせず、自分の〇鉄を貫きたいですな。そんな僕はやっぱり「犬鉄」ですわっ!

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村


 
[PR]

by 4engys | 2015-03-15 21:09 | 我家の犬達
2015年 03月 08日

春ですな~

今日は暖かかったな~。
気持ちの良い日曜の朝にこんな歌を聴けば、1日がHappyになりますな。
Sunday Morning / Maroon5 covered by carmelo munzone(別タブで開きますので、聞きながらどうぞ)

3月でこの気温て今まで記憶がないな。
f0186476_1941721.jpg

こりゃ地球温暖化とかの、科学的な理屈的な事ではなくて、単に春の力の強さと感じれば良いのだと思うし、実際にその力をいろんなところで感じますな。
f0186476_194647100.jpg

庭にわずかに出た土からは、なんだかわからないけれど、植物の芽が顔を出した。
雪解け水で濡れた道路では、強い陽ざしで水分が蒸発して煙っているし、
排水溝に流れる雪解け水の「ちょろちょろ」音が心地いいね。

f0186476_2021151.jpg

庭の合歓の木の枝にも、昨夜少し降った雪が解けて、綺麗な水滴が出来て、光が反射して綺麗だった。

月の明りにも力強さと言うか、春の温もりを感じますな。
f0186476_20285926.jpg

我が家の天窓から見える月。
この時期と秋には、ベッドに横になると、ちょうど真上にこの月が見えて眩しいくらいの明りに照らされるのだ。
照明を消してもこの通り
f0186476_20324594.jpg

最近はブルーも布団の中ではなく、外で寝るようになって来た。

f0186476_20352791.jpg

練習から帰って来て、シャンプーと簡単なトリミング、耳掃除でお疲れのBonnieさん。
暖かい春の日差しを浴びて気持ち良さそうに寝てます。

f0186476_20371439.jpg

さて、phoebeの検査結果は、やはり副腎皮質機能低下症ではなく、甲状腺機能低下症との診断となった。しばらく継続的な薬治療と1ヶ月に1回くらいの検査が続くけれど、雪が解けて、緑の草の上を以前のように走り回るようになれば、きっと数値も良くなるんじゃないかな?と思ってます。
医学的にはそんな事ありえないかもしれないけれど、以前のようにまた元気に走って、バーを飛び、トンネルをくぐり、スラロームをこなすphoebeと走る日が楽しみです。

今日の学校の感じだと、来週からはハウスの中も水浸しになりそうなので、この先1ヶ月くらいは練習もお預けとなりそうな感じ。
でもその分、雪解けも早そうで、4月の中頃には練習が出来るようになるかも。
そうなれば、5月の大会まで十分な練習も出来ると思うので、しっかり準備して、5月の大会でのCRを目指す事にしよう。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2015-03-08 20:54 | 生活
2015年 03月 01日

検査Day

 今日から3月の声を聞いて、いよいよ北海道にも春の訪れを感じる季節になりましたな。
 でも、今年は2月からもう既に春っぽい日が続いていて、いつもより1ヶ月くらい早く季節が進んでいる感じです。今も外では雨が降ってます。

 
 病院の待合室にて
f0186476_21331870.jpg 
 
 今日は冷たい風が吹いて、時折雨交じりの雪が降る天気で、外に出るのをためらう様な一日だったし、phoebeの検査が9:00、13:00、17:00と入っていたので、練習にも行かず、久々に家でみんなとまったりと過ごしたのだ。

 
 phoebeの症状は、副腎皮質機能低下症、もしくは甲状腺機能低下症の恐れが見られる事。
 今日の検査は、クッシング検査と言われ、詳しくは良くわからないけれど、血中のコルチゾールの値を図って、原因を切り分け、特定していくというもの。
 朝9:00に採血後、コルチゾールをコントロールする薬を投与。その後13:00、17:00に血液検査し、コルチゾールの値の変化を確認するらしい。
 薬の投与によって、13:00、一時的にコルチゾールの値が上がるのは正常、その後17:00に下がれば副腎は正常で、疑うべきは甲状腺機能低下。17:00の検査で下がらなければ、副腎腺腫が疑われるらしい。
 先日のエコー検査では副腎に塊が認められなかった為、副腎腺腫の可能性は低いと思われる。

 ただ、顔の一部が剥げていて、そこにはニキビダニと呼ばれるダニが生息している事が認められている。このダニは普通どんな犬にもいるらしいのだけれど、免疫力が低下して来ると、体に悪さをして来て、脱毛などの症状が出るらしい。この免疫力低下が甲状腺異常からくるものなのか、ニキビダニの力が甲状腺の機能を低下させているのか、そこが依然不明なのだ。


 検査結果は今週末には出る予定なので、そこから今後の治療方法が見えてくるだろう。
f0186476_226690.jpg

 今日はブルーの白内障、肛門腺に溜まる謎の液体検査、耳の検査もついでに診てもらった。
 気が付けば、この病院へはほとんど毎週の様に行っているね。
 
 加齢から来る色々なトラブルはやむを得ないと思うのだけれど、出来るだけ状態を把握してあげて、出来る限りの対応をしてあげたいと思うのです。

 今日、phoebeは大好きなご飯を朝から夕方まで抜かれて、すごく辛い時間が経過すると思ったので、僕等もなるべく動かず、まったりしてるのが一番でしたな。
 おかげで忙しくて疲れが溜まった僕の体もゆっくりと休める事が出来ました。

 来週には検査結果も報告出来ると思います。
 これからも色々あると思うけれど、病気ともうまく付き合って、今まで通り幸せなな日々を過ごし行きたいですな。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
 


 
[PR]

by 4engys | 2015-03-01 22:26 | 生活