<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 24日

小春日和アジ

 今年の11月は今までに記憶の無い暖かさで、やさしい陽射しの中でまだアジが出来る幸せを噛みしめながら、昨日も、今日も学校に行って来ました。
f0186476_218493.jpg

 今なお、青々とした芝生と抜ける様な青空に黄色のアジ道具が映えますな。Bonnieはアジをやってる犬が気になって仕方が無いらしい。
 
 いつもなら僕とphoebeはドラハにいるはずの11月末なのだけれど、今年はお休みと言う事で、来年の遠征目指して、昨日はBonnieのレッスン。テーマは「正面停座」と「後へ」の教え方。なるほど、こうやるのか!と、ポイントをつかめたし、レッスン前半と、後半でのほんのわずかなBonnieの反応の違いを感じる事が出来て、嬉しかったな。この練習は毎日家でも出来るので、次のレッスンまでしっかりと復習して行こう。

 今日は前述の通り、凄く気持ちの良い日で、ひょっとしたら今年最後のチャンスかもしれなかったので、Blueも連れて、久々に3ワンズで学校に行ったよ。Bonnieはバーを中心に思い切り走る練習。phoebeはフィールド内にセットされた3度のジャンピングのコース攻略と、僕の検分の練習。ブルーも久々にアジって見ましたぞ。

 まだまだ元気な走りっぷりは嬉しいですな。バー裁きだってまだまだ現役で行けそうな感じがするでしょっ!

 Bonnieの走りは馬力があって、草を蹴る力が強い為か、芝の上を走ると、足先が緑色になっちゃうよ。
f0186476_2128928.jpg

 緑色と言うか、抹茶色かな?この色を見るとBonnieの力強い走りが伝わって来ますな。
f0186476_21312599.jpg

 足毛が緑になろうと、Bodyの毛がゴアゴアになろうと、アジには関係ないのだ、走ってる姿は充分に躍動的で、美しくて、エレガントで、エキサイティングだからねっ!
 とはいうものの、帰宅後シャンプーはさせてもらいました。

 来週、もし今日の様な予報ならば、今年最後のアジQが開催される予定。ドラハに行けなかった悔しさを胸に、今年1年をCRで締めくくりたいものだね。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2013-11-24 21:46 | 我家の犬達 | Comments(10)
2013年 11月 17日

ハイエン:フィリピン台風30号

 Emeli Sandeの”Clown”
 彼女がまだデビューする前に、レコードレーベルの審査担当者の態度を揶揄して、それでも自分らしさを通して行こうと言う決意の唄らしいけれど、意味はさておいて、メロディや歌声を聴くだけで、凄く力が湧いてきますな。しかも、このX-FactorのSam Baileyによるカバーは、唄そのものの力に加えて、審査員、会場のオーディエンスの反応や、唄っている本人の自信に充ち溢れた表情を見ていると、悲しさや、寂しさがまぎれる気がするのだな。


 フィリピンの台風30号:ハイエン
 日に日に想像を超える惨状が伝えられてきますな。近いようで遠い外国の事ではあるけれど、僕にとってすごく身近なニュースとなってしまいました。
 2012年5月以来、1年半に渡ってほぼ毎週末、skypeを使った英会話スクールで、僕の先生をしていたErika先生。彼女はタクロバン在住なのです。
 台風がタクロバンを襲ったのは、レッスンを入れていた9日(土)の前日で、9日の朝、SkypeCallを待っていたけれど、やはり連絡は無し。ニュースを見ると、かなりの被害があった事が報道されていたので、今日のレッスンは無理かな?と思い、まさかこんなひどい惨状になっているとも知らず、SkypeMailで、「レッスンの事は気にしないでね。落ち着いたらまた会いましょう」ってMailした。
 その後、次々と報道される惨状を見てレッスンはおろか、先生の安否の方が心配になって来たよ。毎日PCの下のバーにあるSkypeのアイコンに着信が無いかを確認したり、FBでの投稿をチェックしたりしたけれど、なにも彼女からの発信は無いのです。 英会話スクール側からの情報では、今日現在消息不明で、最悪の事態を覚悟する必要ありとの事。
 通信状況が悪い為、まだ望みは捨てないけれど、今はかなり厳しい状況を覚悟しなくてはなら無いと思ってます。Skypeを使った通信上でのやり取りではあったけれど、2年近く毎週顔を合わせて、お互いの事を話していたのだから、もう他人事ではないのです。
 まだまだ彼女の事を思うと、尽きないのですが、今はただ、とにかく、彼女の無事を信じて、祈るだけです。

 この曲、このステージを見てると、悲しくても、寂しくても、自分らしく、強く生きようって言うメッセージが伝わったてきますな。今はこの曲に助けられながら、どんな結果も受け入れると言う気持ちを持つようになりました。
May God protect you Erika!

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2013-11-17 21:59 | 生活 | Comments(2)
2013年 11月 10日

スラロームレッスン

 このところ雨が続いて、気温も低くなってきた。冬ももうすぐだな。
 毎年積雪ギリギリまで待って、結局雨降りの、厳しい寒さの中でのタイヤ交換をして来たので、今年こそは晴れ間の下で交換したいなと思っていたら、連続する雨マークの合間の晴れの土曜日に、今年は気持ち良くタイヤ交換出来ました。(去年のタイヤ交換時の誓い)
f0186476_20504069.jpg

 前日の金曜日と今日の日曜日は冷たい雨、その間の土曜日だけは気持ちの良い晴れとなったのだ。いつもの学校の上空は雲ひとつない晴天に恵まれ、飛行機雲だけが気持ち良いラインを描いていたね。
f0186476_2053175.jpg

 この日はレッスンも入れていたので、ラッキーだったな。

 昨日のレッスンはスラロームの自主練の成果の確認と、これからの進め方のレクチャー
 毎朝散歩後、庭に設置した塩ビ製のスラを4本、左、右、左っと3回くぐるのを練習していて、2本目から3本目、出口への意識が確認できたので、先生の前でやってみたら、「ここまで出来れば本数を増やしても全然Ok!」って言う事で、12本のフルスラロームで練習してみました。言っときますが、これ初めてですよ。

 もちろん、まだひも付きではあるけれど、Bonnieは交互に、前に向かって行くと言う意識が若干ではあるけれど、芽生えている事が分かるね。先生もこれには驚きだった様子で、ここまで出来れば、完成までもそんなにかからないだろうとの事。もちろんしっかりと練習すればの話だけどね。この練習方法は、Blueやphoebeがお世話になったスーパースラロームよりも早くマスター出来そうだな。
 昨日は、この他にシュートにも挑戦。まったく躊躇することなく入って、出て来たし、出口付近からの「ハウス」コマンドで、入り口に向かって行ったのには驚いたよ。
 Video終盤のハードル練習は、SilviaTirkmanの基礎トレのウォーミングアップ。これを起点に、いろいろなシーケンスに繋げて行くよ。
 それにしても、練習すればするだけ、Bonnieはしっかりと着実にマスターしてくれて、Bonnieのと言うか、ビアディの潜在能力の高さを実感したのです。今は練習が楽しくて楽しくたまらないのだな~。この冬は雪が降っても、ビニールハウス内でしっかり練習するぞっ!だってこの嬉しさを実感出来るのは今だけだからねっ!

f0186476_21295175.jpg

 今日は一転、嵐の様な激しい風と雨、明朝は積雪の予報だ。外に出れず、出窓から外をうかがうレディース。
 これからまだまだ練習する事は山ほどあるけれど、スラロームの完成に向けた目処は付いた。なんとか年内の完成を目指したいかな?これから寒い冬だけど、Bonnieの成長を感じながら、楽しんで行こうっと思ったレッスンなのでした。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
 
[PR]

by 4engys | 2013-11-10 21:37 | アジリティ | Comments(10)
2013年 11月 04日

文化の日

 最近はめっきりと寒くなって、朝散歩の時に肌に感じる空気の冷たさが厳しいですな。でも、毎年11月末のドラハ遠征の時が、ちょうどこんな感じの気温で、そんな寒ささえ懐かしく感じる11月です。
 そんな寂しい11月の始まり、文化の日に合わせて、文化的な1日を過ごして来ましたぞよ~。
(盛りだくさんで、たぶん長文)

 午前は札幌インギーズの仲間がBlack&Whiteの子を新しく迎えた為、その子の初、お目見え集会。
f0186476_21322430.jpg

 リリーちゃん。さらさらっな毛と、多くの犬達にも物おじしない、大物で、もちろん可愛い子でしたな。これからの成長が楽しみです。
 今日のモエレは、今年最後ではないかと思う様な気持の良い日で、残り少ない暖かさをみんなで楽しめました。
 今日もスーザの魚眼レンズが大活躍。いつもありがとう。
f0186476_21421173.jpg

f0186476_21422418.jpg


 会も終盤、思いがけず、偶然にモエレ沼公園に散歩に来られた、Kick家と遭遇。もう10年以上前だろうか?我が家もモエレに足しげく通っていた頃、よくお会いしたKick君とご家族と、まったくもって偶然にお会いする事が出来たのだ。
 2001年9月、Kick君と対峙するブルー
f0186476_21455845.jpg

 そして、今日のKick君とブルー
f0186476_21465011.jpg

 12年経って、お互いに歳はとったけれど、何故かKick君はひたすらブルーにまとわりついて、最後までブルーをおっかけてました。なんか、昔に戻ったみたいで、なんか嬉しさが込み上げて来たな~。次回はバジル家も迎えて、プチ同窓会と行きたいね。

 オフ会終了後、モエレを後にして、今度は札幌市を東から南へ横断して、札幌芸術の森へ。今日は年に一度の「わん・わん・良い日」普段は入場出来ない野外美術館にも、ワンと一緒に入れる日でした。昨日のアジQが雨で今日に延期となった物の、この日しかないので、アジQをキャンセルして行って来ました。
 森の中にたたずむ芸術と一緒に写真に収まるワン達

題名:ふたり
f0186476_21544288.jpg

べぇが行く
f0186476_2155143.jpg

椅子になって休もう
f0186476_21551638.jpg

幼いキリン・堅い土
f0186476_21552852.jpg

 この写真撮影中、芸術の森のスタッフさんが、我が家の3ワンズの写真を撮らせて欲しいと言ってきた。その写真を来年のこのイベントのポスター写真に使わせてもらうかもしれませんが良いでしょうか?との事。是非ともお願いしますと言う事で、来年のこのイベントが楽しみになったよ。
 それしても、来年が楽しみになったのはそんなスケベ根性のせいだけではない。芸術の森、野外美術館は、凄く良い空間で、なんとも気持ち良く、もっともっと居たかったし、これからもたまに行きたいな~と感じたのです。ただ普段は犬・ダメって事で残念なのだけれど、来年、わん・わん・良い日には、また行こうと心に決めましたぞ。

おまけ
ところで、モエレのブルーの写真で、なんかかぶってるのを見ましたか?
かみさんが、夜なべして編み込みました。
f0186476_22105021.jpg

暖かそうだけれど、スヌードはどうなるんだろう?

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村





 
[PR]

by 4engys | 2013-11-04 22:14 | 我家の犬達 | Comments(6)