<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 30日

餅つき、そして初Hop!

f0186476_12515385.jpg 毎年末恒例の、U人餅つき会に参加して来た。写真は蒸し上がったばかりの米を臼に投入した直後の様子。杵を米に当てて、押しながら粒を潰していく。この時にペッタンとやったら、米粒が臼の場外に飛び散ってしまうからだ。ある程度潰れて来たら、適度に水を入れながら、軽いタッチでつき始め、粘り気が出始めるといよいよ本格的な餅つきの始まりだっ!
 もちろんつくのは男衆の仕事。みんな順番にそれぞれの想いを込めながら餅をつく。もちろん僕も、今年一年無事に、楽しくアジれた事への感謝と、来年への期待を込めて、杵を振り下ろしたよ。
 出来あがったばかりの餅はまだ少しほんのりと暖かくて、ほど良い固さ。杵つき、つきたてはやっぱり伸びが違うね。ちぎった餅にあんこなんかをトッピングしてつまみながら、お供えや、のし餅、丸もちなんかを作る作業は、今の時代になんて贅沢な瞬間なんだろう!と感じたのだ。
 お昼は、出来たてのお餅と、富良野から来られたNさんの手打ちそばに舌鼓をうちながら、先生やアジ仲間と共に2012年の終わりを楽しんだのだ。や~、実に美味かった。ごっつぁんでした。


 餅つき開始前、phoebeとBonnieを裏山で遊ばせる事が出来た。
雪原を元気に走るBonnie
f0186476_13242654.jpg

 前回Bonnieが学校に来たのは、アジQの時で、あの時はまだ下に降りれず、抱っこで固まってたけど、昨日は元気に走り回ってた。
f0186476_13254110.jpg

 初めてノーリードで放してみたんだけど、phoebeにくっついて離れないので大丈夫。雪煙りを上げながらの豪快な走りは、スピード感あふれる気持ちのいい走りでした。
f0186476_13281774.jpg

この走りを動画でどうぞ。


f0186476_13304127.jpg

 室内で手作りハードルで練習はしていたけれど、本物のハードルを初めて飛ばせてみた。仔犬の頃は覚えるのが早いし、ビビリで慎重派のBonnieは最初は警戒しても慣れれば積極的になるので、まずはハードルを楽しい事と認識させて行くのが大事だね。そう言う意味では、これからの数ヶ月間がとても大事な時期だと思うので、出来る限り学校に通って経験値を増やしていこうと思います。
 こうしてBonnieとのアジも確実にスタートを切ったわけで、来年もまた、今まで以上にアジに夢中な年になるのだろう。と思うと、なんか新年を迎える気持ちが更に楽しくなる年の瀬の一時でした。
[PR]

by 4engys | 2012-12-30 13:46 | 我家の犬達 | Comments(4)
2012年 12月 22日

Christmas Present

 世の中Christmas色いっぱいですな。クラシカルな定番や、現代アーティスト達のカバーなど、いろんなChristmasSongが流れて来て、気持ちが盛り上がります。R.Kellyのカバーなんかどうかな?と思っていろいろと聴いたけど、やっぱりこの曲もChristmasSongListに入れても良いじゃないかなと感じたのだ。
R.Kelly  Happy People
(詩は分からないけれど、なんかHappyな気分にならないかい?)
そんな気分でReportしたいよね。

 Blueが無事帰還しました。
 犬歯が無い!?
f0186476_2011453.jpg

 術中の写真を見せてもらったのだけれど、犬歯の根元と鼻の粘膜部が貫通していて、大きな穴が開いていた。予想以上の進行で、やはり手術を決断して良かったのだ、と確信したのだな。

 これが抜いた犬歯
f0186476_204107.jpg

 表面に出ている部分は凄い存在感があるけれど、それと同じくらいの長さの根っこが潜んでいた。輝く歯と、根っこにまだ付着してる肉片の様なものが手術の激しさを物語ってるね。

 麻酔が抜けきらず少し朦朧とするBlue
f0186476_20294339.jpg

 朝9時半に病院へ預け、お迎えは3時半、その間、麻酔が効いてる時間帯以外はず~っと「ピー、ピー」と鳴き続けだったらしく、先生も笑ってた。鳴き続けてのどが擦れたらしく、今はピーピーーが、ヒーヒーになっているよ。
 それでも、朝飯を抜いたBlueは歯抜けにもかかわらず、フードを元気に食べていた。さすがコッカーだな。おかげさまで、彼はすこぶる元気にしとります。御心配下さった皆様、ありがとうございます。

 Blueの帰りを喜んで、いたわってるつもりなのか、寄り添うBonnie
f0186476_20355953.jpg

 というわけで、Blueの懸念事項は年内にスッキリと処置で来て、気持ち良く新年が迎えられる事になったのだ。あ~良かった。

 Presentと言えば、先日ドラハへ遠征した際、アレクママさんより素晴らしいPresentを頂いた。
 Hand Made Half Choke
f0186476_20445814.jpg

 首にかかるところが太めになっていてワンにやさしい作り。デザインや色もBluePhoebeにBestMatchで、すごく良く似合うんだよな~。散歩に出るのが楽しくなるね。
f0186476_2047325.jpg

 一本一本、細かく丁寧に留められた飾りが何ともカッコいいでしょ。ブルーローンに合ったシックなカラーはBlueにしっくり溶け込んでるし、鮮やかなオレンジは、燃える走りのphoebeにピッタリです。
アレクママさん、ホントありがとう。

 今年は大雪の中で真っ白なWhiteChristmasを迎えた。Blueも元気に帰って来たし、Bonnieも最初から最後まで楽しく散歩できるようになった。新しいHalfChokeを付けた散歩は心が弾むし、この曲の様に思わず右に左にとStepを踏みながら歩きたくなるね。今日Bonnieは初めて散歩中におしっこ出来たし、数日前は初めて外でUが出来たよ。そんな事だって嬉しくて楽しくて、ほんとに我らは彼らのおかげでHappyPeopleなんだと感じる年末です。
 なんと言っても、Blueの無事の帰還、それが我が家の最高のChristmasPresentなのだっ!
Merry Christmas!!
[PR]

by 4engys | 2012-12-22 21:18 | 我家の犬達 | Comments(8)
2012年 12月 16日

決断

 今年3月20日のBlogでリポートした、Blueの左側の犬歯。その後順調だったけれど、歯槽膿漏が悪化したらしく、鼻の粘膜を化膿させて、膿のようなものが出て来た。
⇒の所
f0186476_18512439.jpg

 しばらくの間、抗生物質で治療して来たのだけれど、耐性化した模様でだんだん効きが悪くなってきた。主治医と相談した結果、犬歯の奥の化膿を根元から止めなくては悪化する一方であり、その為には抜歯が必須との事。家庭犬にとって犬歯の必要性は低く、術後の生活への影響は少ないらしい。ただし、もうじき13歳のBlueにとって、全身麻酔のリスクは気にかかる。という事で昨日検査に行って来た。
 レントゲン、血液検査の結果はどれも良好、異常なしで、13歳といえども麻酔のリスクは低いとの診断結果が出た為、この様な状況から判断して、Blueの抜歯を決断した。口を開ければ犬歯の存在感は大きく、その歯が無くなると思うと、チト不安になるものの、今決断しなくては余計決めずらくなる事は間違いない為、意を決して決断しました。あの立派な犬歯の奥には、外側の長さと同じくらいの骨があるらしく、4cmくらいの歯を受け取る事になると思うので、無事帰還のあかつきには、穴をあけてネックレスでも作ろうかね?結果は次週リポート出来ると思います。Blueの無事を祈って下され。

 今日のbonnieちゃん。
f0186476_19202030.jpg

 ”待て”も少しづつ効くようになり、橋の下りの意識付けを練習中。2Fではバーを設置してHopも練習開始だ。まだまだ彼女も何をやってるか理解してないと思うけど、少しづつ練習モードにChangeへの意識も付けもして行こう。これからやる事はいっぱいあるので、あせらず、確実に!をモットーに頑張って行こうと思ってます。

 今は毎晩、ワン達の歯磨きは欠かせません。人も歯を悪くすると、身体全体への悪影響もあるそうなので、みなさん歯磨きはきちんとしましょうっ!
[PR]

by 4engys | 2012-12-16 19:36 | 我家の犬達 | Comments(10)
2012年 12月 09日

Bonnie初散歩

 明日から北海道は冬の節電期間が始まる。冬の北海道では暖房の電力が上がる為、我が家でも消費電力が上がるのだけれど、色々と節電に気を付けてます。そこで今年実施した施策は、”冷蔵庫の入れ替え”15年くらい使った冷蔵庫を省エネタイプに入れ替えたら、本当に、見事に消費出力が減ったよ。
f0186476_1974939.jpg

 買う時は、「本当かな~?」と思ったけれど、こうやって見てみると凄いもんだね。消費電力で10%~20%、金額にしたら約7~800円節約になっている。家計も助かって、地球環境にも貢献出来ると思うと、凄く満足感があるのです。
 北海道庁では、節電省エネキャンペーンで、7%削減した事を証明出来れば500円の図書券がもらえると言うキャンペーン実施中で、確実にGet出来るのだ。⇒省エネキャンペーン

 Bonnieは外出禁止令から解放され、いよいよ外散歩が始まった。と思ったら、今年のこのエリアは12月としては珍しい大雪となった。ビアディはやっぱり雪が好きなのか、雪の中を楽しそうに跳ね廻っとります。
f0186476_18314669.jpg

 広場まで行く途中、国道や、JRの跨線橋を渡るんだけど、その手前で固まって一歩も動かなくなる。まだ車や、鉄道の音や気配が怖いらしい。リードをググッと引くと、前足を突っ張って拒絶するのだけれど、リードを緩めてあげると、一歩づつ前へ進み出す。強制されるのは拒み、あくまでも「自分の意思で進むわ!」という事らしい。この自主性と言うか、マイペースぶりは、人ならばいわゆる”B型”だろうか?この特性をうまく訓練に活かして行きたいね。

 Bonnieの仔犬らしく飛び跳ねるように走る姿が可愛いくて、思わず笑いがこぼれてしまうな。今は毎朝200mくらいの白樺並木をBlue phoebeと一緒に走るのだけれど、伸びる様な、ダイナミックな走りに快速アジ犬の手応えを感じるのだな~。

 我が家に来て約50日、生後4ヶ月弱。みるみる成長して、とうとうphoebeと同じくらいになって来ました。
f0186476_185997.jpg

 毛っ毛の根元からもグレイ色の毛が伸びて来て、今の黒べいな姿はそのうち見れなくなりそう。体つきも、我が家に来た頃は丸々、コロコロってイメージだったけれど、今は長~く伸びて来て、コリーって感じになって来た。
 
 と言う事で、Bonnieは元気に成長中。まだまだいろんな成長ぶりを見せてくれるんだろうな。仔犬の成長は早いし、いろんな事を吸収して覚えるのも早い。だから今が凄く大事だね。遊びながら色々な事を教えてあげる事で、サイズの成長だけでなく、意識の成長もしっかり確認して行こうと思います。

 我が家の節電の工夫にはワン達の力も欠かせない。一緒に寝れば、温いこと温いこと!
[PR]

by 4engys | 2012-12-09 19:33 | 我家の犬達 | Comments(6)
2012年 12月 02日

ドラハの旅2012

 今日の北海道は本格的な冬シーズン到来とばかりに、20cm位の積雪で、先週、紅葉真っ盛りの近江地方にいた事がまるで嘘か、夢のようだ。本当に夢のように楽しい4日間だった事は事実だし、ある意味夢であって欲しかったという気持ちも無いわけではない。。。。なんかめんどくさいな。

 今年の遠征の観光編は、尾張地方の歴史にフォーカスを当ててみた。(写真いっぱい、長文御免)

 かつて織田信長の居城で、徳川家康も使用したと言う「小牧城」。東名高速を大津へ向かう途中、右手の小高い丘の上に見えて来る。
f0186476_18552192.jpg

今は山全体が公園となっており、地元の人々に愛されながら静かにたたずんでると言う感じがしたな。

 続いて向かったのは、国宝「犬山城
f0186476_18564376.jpg

 その昔、豊臣秀吉と徳川家康が対していた時代、前述の小牧城に陣を置く徳川とここ犬山城を本陣としていた豊臣秀吉との間でにらみ合いが続いたのだと言う。堂々としたその姿や、紅葉を背景にたたずむそのその美しい光景からは、時代を超えた歴史の瞬間を共有できるような空気感があったな。
f0186476_192515.jpg

 そう言えば、天守閣から南の方角を望めば、かすかに先程訪れた「小牧城」を目にする事が出来る。空気の綺麗な当時ならば、もっとハッキリと見えたはずで、そう思えばこの距離感からも当時の緊張感を感じる事が出来ますな。でもその後ろに薄っすらと名古屋市内の超高層ビル群のシルエットなんかも見えて、過去と未来を同時に味わうような、複雑な気持ちになったのです。
城下の参道にある犬山神社の狛犬さん。
f0186476_1964962.jpg

もちろん、翌日のPRを祈願したのだけれど、狛犬さんの力をもってしても、僕のハンドリングミスは防げなかったか?

犬山城前で、明日の快走を決意するphoebe
f0186476_1911712.jpg


 犬山城を後にして、少し離れた「犬山寂光院」へと愛車のIQ君を走らせる。紅葉寺と言われるほど美しい紅葉が有名なのだそうだ。
 これぞ、燃える様な紅葉。千年前から変わらないであろうその光景に眼を奪われ、思わずphoebe抜きでシャッターを押したよ。
f0186476_19192634.jpg

 数十段の石段を登った所にある絶景展望台からは尾張、美濃の国が一望出来、これまた、その昔、織田信長がここからその光景を見ていたと言うのだから、悠久の時を超えて、信長と同じ場所に立ち、同じ光景を見渡す事が出来るって事に一時感激したのだな。
f0186476_1928171.jpg

 ここららは、先程訪れた犬山城もハッキリと見える。ここから見える光景は当時の武将たちにとって、癒しの一時でもあり、重要な戦略検討の場でもあったのでは無いだろうか?
f0186476_19325490.jpg

 燃える様な紅葉をバックにしたphoebe。彼女の美しさが一段と映えますな。
 
 今年も大津の宿はいつもの「きよみ荘」。気さくなおかみさんと、娘さんのひかりちゃんが、僕の到着を待っていてくれた。
 部屋から見えた、琵琶湖の朝焼け。
f0186476_19403986.jpg

 本当に美しくて、穏やかな朝で、ドラハへの道がすごく楽しくて希望に満ちた気持ちになったのだ。でも現実は、気持ちとは裏腹なもの、それが人生って事をこの後思い知らされたのだ。それでもこの朝日を見れば、またいつか必ず行きたいと言う気持ちが強くなる、そんな気持ちにさせてくれる素晴らしい光景でした。

phoebeにはドラハのこの角度が一番似合う。
f0186476_19573588.jpg

 phoebeとのドラハ遠征を通して、本当にいろんな物を見て、たくさんの事を感じて来た。レースそのものもさることながら、仲間との時間の共有など、アジを通して得れる物はすごく多いね。だから遠征しないって手はないでしょっ!次はBonnieとの旅になると思うけど、過去のBlogでの遠征記を見れば見るほど、必ずまた行くと言う気持ちが強くなる。その為にもBonnieとのアジを頑張って行こうという決意が沸々、グツグツと湧いてくるのだな。
ドラハよ、それまで待ってろよ~っ!

 最後に、今日のBonnieちゃんのコーナー
 昨日からいよいよ散歩デビューしました。
f0186476_2019533.jpg

 車の音に反応して、ちょっと固まってしまう時があるけれど、雪の中を楽しそうに走り回ってます。今日初めて外でおしっこしました。毎日何かの”初”を見せてくれて、すごく嬉しいんですよ。散歩デビューの様子は次回アップしようと思ってます。

 あ~明日からがまた楽しみになって来たよぅ~!

 
[PR]

by 4engys | 2012-12-02 20:34 | アジリティ | Comments(5)