<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 28日

Dragon Hat 2012

 4年連続5回目のドラハ遠征、そしてphoebeとの最後のドラハ遠征へ行って来ました。
 去年の遠征で最後にしようと思ったドラハだったけど、あそこに残して来たものもあるし、なによりもあそこは僕とphoebeにとってもたくさんの想い出がある特別な場所。仲間との再会や最高峰の走りを見れたり、さらにこの4日間の遠征中は、phoebeと一時も離れる事のない時間を過ごす事が出来て、まるで別世界の様な4日間なのだ。(現実的にも吹雪の北海道とは別世界なすごく良い天気のドラハでした。)

 11月24日京都アジリティクラブ AG2

 相変わらずのハイテンションでスタートしたphoebe、またしても山の下りを飛んだ。それでも出走39頭中完走は9頭(CR2頭)の難関コースを3番目のタイムで走りきり、見事白のロゼット(4席)をゲット。ただし、このタイムでも2.2秒のタイム減点って事で、1ミスにもあきらめが付いた。よく見ると、走りは良いけれど、バーの手前での躊躇がタイムをロスしてるね。

 11月24日京都アジリティクラブ JP2

 やはり良い走りながら、バー手前でたたらを踏むようになっている。さすがにもうすぐ10歳の彼女には45㎝はきついのかな?障害はクリーンにクリアしたが、タイム減点0.66秒で12席

 11月25日 近畿ブロック AG2

 調子良い走りで橋の下り、山の下りをタッチした瞬間、本当は180度廻してバーに行く所を、目の前のハードルトラップに持って行かれ、ドラハ最後のAGを失格してしまった。後で振り返るとこれにはハッキリとした理由があったよ。
f0186476_23451667.jpg

 検分後、待ち時間の間に、ルークにぃが貸してくれたタッチ練習用の小型の山とハードル。いつも山の前にハードルを置き、目の前にバーがあっても止まる練習をしていた為、この時もそう言う配置で練習した。しかもご丁寧に、タッチ後、ご褒美とばかりに目の前のハードルを飛ばしていたのだ。あの日のコースに置き換えれば、これはまるでトラップを飛ぶ事を練習させてた様なもので、つくづく自分の愚かさにあきれてしまった。頑張ったphoebeに申し訳なくて、思わずおやつをいっぱいあげてごまかしたよ。

 11月25日 近畿ブロック JP2

 これが本当のphoebeとの最後のドラハのRun。AGのショックが大きかったけど、このレースは最後までphoebeと楽しもうと言う想いで走りきる事が出来た。バーは落としたけど、走ってる瞬間、瞬間に楽しい緊張感を感じながら、phoebeとのドラハラストランを楽しめた事が嬉しかった。
 駐車場まで撤収する時、愚かな自分に落ち込んだ僕の気持ちを知ってか知らずか、胸を張って、まるで「私、頑張った!」と言わんばかりに、グイグイ引っ張るphoebeの強さに勇気付けられました。

 今回も、いつもの仲間と、オンもオフも楽しい時間を共有出来て最高に楽しい遠征でした。みんなありがとう。来年はあそこで会う事は出来ないけれど、またいつかBonnieとあの場所に帰りたいと思ってます。phoebeで成し遂げれなかった事を、Bonnieとリベンジだな。 

 大会終了後、ドラハから竜王インターへ続く道は遥か遠くまで、渋滞で滞るアジラー達の車のバックライトが続き、まるで映画「Field of Dreams」のラストシーンの様ですごく印象的でした。まさしくドラハは僕にとっても”夢のフィールド”。これまでたくさんの良い夢を見させてくれたし、あそこで走る事を夢見て頑張って来れた。それもこれも、Blueやphoebeや、たくさんの仲間がいてくれたおかげだと思っています。そんな感謝をこめてドラハの遠征をひとまず締めくくります。

※プチハプニング
11月26日、名古屋を後にして千歳空港に到着後、降りしきる雨の中駐車場に到着し、4日ぶりに愛車のエンジンをかけようとしたら、プスっと言ったきりかからない。どうやらバッテリーが上がったようだ。広大な駐車場の中で、激しく降る雨の中、なすすべが無くポツンと残されてしまった。ロードサービスを呼ぶものの、到着までは1時間くらいかかりそうだし、おまけに携帯の電池が残量1でいつ切れるか分からない状態。悪天候の夕方で廻りはどんどん暗くなり、寒さも厳しくすごく情けない気持ちになった。そんな時、phoebeを抱っこしながら暖をとり、なんとかロードサービスの到着を待てたのでした。あ~良かった。
新車購入後8年間、バッテリーも換えた事が無かったので、相当弱っていたらしく、4日間寒空に放置していた為上がってしまったそうです。今週末、エンジンがかかれば、新しいバッテリーか、新しい車を買いに行こうと思います。

今回も素晴らしい観光をして来ました。旅路編は週末アップします。よろしかったらお楽しみに~
[PR]

by 4engys | 2012-11-28 00:34 | アジリティ | Comments(12)
2012年 11月 22日

散歩

 朝、Bluephoebe達と散歩する時、Bonnieだけを置いてくのが寂しいし、3回目のワクチンも終わって、そろそろ外の空気にも慣れてもらわなくちゃいけないので、デイパックに詰め込んで散歩してます。
f0186476_20514218.jpg

 Bonnieは今のところ外に出たり、抱っこしたりすると固まってしまうので、散歩中もデイパックの中でおとなし~くしてて、凄く楽ちんです。
 こんな感じです。
f0186476_2055455.jpg

 可愛いね。
 今日の散歩途中、初めて雪のうっすら積もった芝生の上に放してみた。思ったよりもヘッチャラで、元気に動いていたけれど、リードをしたら固まった。
f0186476_20593544.jpg

 まっ少しづつ慣らして行かなきゃね。

 この事を両家の母親に話したら、笑いながらも、「ご近所さんに会わなかった?」と心配げだった。僕等にとっては普通な事なのだけど、これって恥ずかしい事かな?まっ、僕等は楽しいから良いけれど。。。。

 明日からいよいよ滋賀県竜王町ドラゴンハットへ遠征です。次の更新の時は吉報を報告出来るように頑張って来ますっ!
[PR]

by 4engys | 2012-11-22 21:07 | 我家の犬達 | Comments(2)
2012年 11月 18日

初雪

 何をやっても懲りない人っていますよね。分かっちゃいるけど、ついついやっちまって、後で自分の愚かさを後悔する人。これはもうある意味その人の持ち味で、一生背負って行くものなのだな。 
 と、大袈裟に書き始めたけれど、これはもちろん自分の事です。ここ北海道では、毎年秋になるといろんな場面で冬支度が始まります。木々の雪囲いやら、我が家では庭の柵を撤去したり、長く伸びた枝を払ったりと忙しい。その中に”車のタイヤ交換”もあるのです。早い人はもう10月の後半くらいに始めてる。お向さんも10月末の晴れて気落ちの良い日に早々と交換してた。こんな天気の良い日に「もう交換ですか?気が早いですな~。僕はこれからアジ練ですわ~、ほんじゃね~」などと呑気な事を言って出かけたわけです。この時期、数少ない休日の晴れ間をタイヤ交換なんていう作業で使いたくないし、第一交換が早いとタイヤが減ってもったいないじゃないか!スタッドレスの効きが悪くなったらどうするんだ!などと言うしょうもない理由を付けて作業を後回しにしてたら、とうとうやって来ました冬本番!
f0186476_18314895.jpg

 やばい、今換えておかないと、来週の遠征の為に千歳に行けなくなるし、買い物にも行けないので、しいては食べるものも無くなり、ひもじい思いをする事になる。これは絶対にまずいっ!と言う事で昨日、降りしきる雨の中で、ずぶ濡れになりながら、寒さをこらえて作業をせざるを得なかったのでした。
 写真は今日の天気。昨日はこれほどではなかったので、まっ、不幸中の幸いであった。と前向きにとらえて結果オーライと思っているのだけれど、毎年寒い日に凍える手で作業してるんだよな~。そんな懲りない秋をもう30年近く過ごしてるわけです。来年こそは暖かい小春日和に、Tシャツ一丁で交換してやろう!
 って、毎年決意してるんだけどな~

 今週のBonnieちゃんのコーナー
phoebeとの2shot。甲乙付け難い、美人さんですな~。
f0186476_1842348.jpg

始めてのシャンプー
f0186476_18422573.jpg

こりゃ何犬だろう?
f0186476_18425163.jpg

かなりのビビリ屋さんで、シャンプーは嫌いなようです。

それでも、ドライの後は何事もなかったようにス~ッキリとしてました。フサフサ
f0186476_1844569.jpg


 今日3回目のワクチンを打って来ました。いよいよ散歩デビューも近いです。僕がドラハから帰って来た日には近所を散歩して見ようと思ってます。
 
 そして来週はいよいよドラハです。今年は土曜日が雨っぽいので、寒さ対策をしっかりとして行かなくては駄目だな。今週末、この天気で練習は出来なかったけれど、今まで積んできたphoebeとのコンビネーションを発揮して、最高の走りを目指そう!必ず出来るはずだ~っ!

 久々に松岡修三さんから気合を入れてもらっときますかね!


 富士山になって来ますので、応援よろしくお願いします。
[PR]

by 4engys | 2012-11-18 18:53 | 生活 | Comments(4)
2012年 11月 11日

Bonny Lassie Bonnie

 Bonnieが来て20日、もうすっかり我が家の一員だな。
 Bonnieの事を想う時、頭の中に流れる曲がある。(別windで立ち上がるので、聴きながらお付き合い下さい)
Will Ye Go Lassie Go
 Bonnie、またはBonnyとも書く事があるようだね。どちらも”美しい”とか"可愛い”って言う意味があるらしい。彼女にぴったりだね。Lassieとは、主にScotland地方で”女の子”と言う意味で使われているとか。FBで友達になった人から”She is indeed a very bonny lassie!!”ってコメントをもらった時に、凄く嬉しい気持ちになりました。 ビアディは、わが心の故郷、Scotlandで生まれた犬と言う事で、Scotlandとの距離がまた少し近くなった気がして来るのです。Bonnieのいろんな表情を見ながら、この曲を聞いていると、Scotlandのあの空気が蘇って来るのだな。Scotlandの伝統的なメロディに乗って、随所に出てくる”heather”とか”mountain”とかの単語を聞くだけで、ワクワクして来るな。あの丘をBonnieと駆けまわって見たくなるね。
 Bonny Lassie Bonnie! う~ン lovelyだな。
 
 現実に戻って、Blue,phoebeたちとのからみを見て頂こう。 
動きの激しいBonnieを写真に収める事は難しいけれど、寝姿ならOKだね。
みんな一緒に。
f0186476_1851313.jpg

BonnieはBlueが大好き。
f0186476_18513132.jpg

いくらなんでも、これって良いのかな、Blue君?
f0186476_18514041.jpg

こんな事だってやらかしてますぞっ!
f0186476_1855112.jpg

今日のBonnie Best Shot. Oh Bonny !
f0186476_1965990.jpg


Bonnieはどんどん大きくなって、毎日少しづつ新しい事(それってイタズラかな?)を覚えたり、チャレンジしたりしてます。Scotlandの丘を駆けるのは無理としても、早くいつものコースを散歩したいものだね。

でもその前に。。。。。。。。。。。。
僕とphoebeにはドラハが待っている。
秋深まるU人フィールドで、決意を新たにするphoebe
f0186476_1923863.jpg

45cmのバーに若干躊躇するようになってたけど、正真正銘、最後のドラハで貫録の走りを見せつけよう。
phoebeだってBonny Lassieだよっ!
[PR]

by 4engys | 2012-11-11 19:06 | 我家の犬達 | Comments(8)
2012年 11月 04日

blue last Run

 今年最後のアジQが雨の中行われた。まだまともに外に出た事のないBonnieを、この天気の中に連れ出すのはチトためらいもあったけど、これからお世話になるフィールドだし、冬を迎えるとあまり仲間にも会えなくなるので、思い切って行く事にした。それに、一番大事な事は、このアジQをBlueのラストランと考えていたので、なんとか走らせたかったからね。
 Blue  Jumping1

 ご覧の通り、凄い雨の降る中でのレースだったけど、Blueは雨はあまり気にならないらしい。それよりも僕とは違って、若くて、可愛い女の子が好きなのだ!スタート直後、タイムキーパーの女の子の虜になってしまい、レースをそっちのけで、彼女に言い寄るBlue。そんな事を教えた事は無いぞっ!
 それでも、コースに復帰したBlueはかなりのテンション&集中力で、ぶれることなく最後まで走りきった。あと3ヶ月で13歳を迎えるインギーとしては、あまりにも元気すぎる助平親父ぶりと、かつてのアジ犬ぶりを披露したのだ!
 phoebeは雨のせいもあって、テケテケ走りだったので、今日はBlueの方がスピード感があって、スリリングな、楽しい走りが出来ました。この走りを見れば、まだまだ現役で行けそうな気もするけれど、Blueは調子に乗って思わず無理なJumpをする事もあるので、冬を迎えて、半年間の冬眠に入る事を期に、コースを走るのはこれを最後にしようと決めた。凄く寂しいけれど、今まで楽しい時間と、良い夢を見させてくれた彼に心から感謝したい。。。。。と言う気持ちを込めて、今日はモチベーターに、パン屋「SORA」のルッコラパンをあげてみたら、味をしめたらしく、その後も「よこせっよこせっ!」とうるさい事うるさい事。今日はphoebeよりもBonnieよりも一番元気な親父犬のBlueでした。

 今日はBonnieも初の外出。いろんな人に触ってもらって、抱っこしてもらって、U人フィールドの空気にも初めて触れた。少しづついろんな経験をして、早く軽快に走る先輩犬の仲間入りをしたいな!という想いが強くなりました。
 そんなハンドラーの想いとは裏腹に、家の中で楽しく遊ぶBonnieちゃん。

 早いとこ、あのフィールドで走りたいねっ!
[PR]

by 4engys | 2012-11-04 19:23 | アジリティ | Comments(8)