Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 25日

Good Song

Whitneyのショックからも立ち直り、グラミーの感激もやっと落ち着いてきた。
そんなこんなで、ここんところ、いろんな曲を聴く機会が増えていた中で、すごくお気に入りの曲と出会った。

今回のグラミーにもR&B部門でしっかりとノミネートされていた
”Ledisi-Pieces of me"


UKの新人
"Emeli Sandé - Heaven" 


次から次へと、良い曲が出て来るもんだね。

それにしてもこの二人に共通するのは、斬新なHairStyle?
朝ドラのカーネーションでも、「ミニスカートが日本を変えるっ!」ちゅうてるくらいだから、このStyleもこれからブレークする、最新バージョンなのかな?

Ledisi、Emeli Sandé と来たら、、、、、、↓↓↓

やっぱりこの人しかいないでしょっ!
[PR]

by 4engys | 2012-02-25 18:20 | music
2012年 02月 18日

切干大根とスポーツカー

 今年も愛知のエルク家から自家製の「切干大根」が届いた。我が家ではこの時期、待ちに待った味であり、寒い冬を乗り切る為の重要なミネラル元にもなるのだ。
f0186476_1728324.jpg

 雪で地面が閉ざされて2ヶ月。全ての地面が雪に覆われる事で、この世から土や草の気配が失われる。空気は常に澄み切り、空気中には埃のかけらもなく、たまに舞うのはダイヤモンドダストくらい。そんなこの時期に、忘れかけていたあの懐かしい、乾いた土や草の香りを感じさせてくれるのが、
「切干大根」

 愛知地方の空気をギュッと染み込ませ、カラカラになった大根が入っているジップロックのチャックを開けると、中からはほんのりと甘い香りを含んだ、乾いた空気を感じる事が出来る。もったいないからあまり大きく口を開けずに、逆に小さく開けた口に鼻を付けて香りを楽しむ。昔からの食べ方は醤油で煮るのがポピュラーと思うのだが、エルク家に教えてもらった「味噌汁」が最高だ。熱い味噌汁の中に解き放たれ、十分に水分を含んだ大根からは、甘さを含んだ湯気が立ち上がり、さっきまでカラカラだったその姿は、滑らかさを取り戻し、汁の中を踊っているように見える。モルトをテイスティングするように香りを楽しんだ後、箸で大根を掴み、口に運べば、その滑らかなボディからジュワ~っとにじみ出す、えも言われぬうま味がたまらない。東海地方の冬の空気が、時と距離を超えて蘇る瞬間だっ!
 北国にも確実に春が来る事を期待せるような、嬉しい味であるのだな。雪融けが待ち遠しくなったよ。

 雪融けと言えば、思わず熱い走りがしたくなる季節。こんな車に乗って熱い走りが出来たらどんなだろう?と、想いをアウトバーン辺りにめぐらせながら行って来ました。
「Sapporo Motor Show 2012」
TOYOTA86 見とれてしまう美しさ。Show名物のコンパニオンだって目に入らない。
f0186476_18163095.jpg

SUBARU BRZ 美しさの中に秘めた力強さ。
f0186476_1822123.jpg

HONDA EV-STER 完璧なシルエット。
f0186476_18231493.jpg
 
Harley FORTY-EIGHT 憧れ! 
f0186476_18385029.jpg

 それにしても朝からすごい人だった。そして今日の主役はお父さん。と言わんばかりに、オヤジたちが満面の笑顔で楽しんでる光景が面白かったな。今日ばかりは子供もママに預けて、あっちではバイクに跨り、こっちではスポーツカーのハンドルを真剣に握るオヤジがいっぱいいた。そりゃこんな車達が身近にいっぱいいるんだから、興奮もするよな。86、BRZ、一度で良いから転がして見たいよな~。

 明後日にはいよいよ排雪が入る。日本に昔からある懐かしい味と、最新の技術を同時に楽しむ事で、春を待つ準備が整った週末となったのだな。
 って事はシーズンインもそろそろ見据えて、明日は練習に行こう!

※こんな論文を発見しました。先人の知恵の素晴らしさが証明されますな。
大根の乾燥,水戻し過程における糖とミネラルの変化
エルク家、ありがとう。
[PR]

by 4engys | 2012-02-18 19:09 | 生活
2012年 02月 12日

Whitney Forever

Whitney Houston

ドナサマー、ロバータフラック、ミニーリパートン、ディオンヌワーウィック、アニタベイカー。それまでも有名な黒人女性歌手はいたものの、僕の中で、それまでと違い、本格的でありながらも、POPでアイドル的な黒人女性Vocalistの先駆け的な存在だったのが、Whitneyだね。その後マライアキャリーが登場して比較対象にされた時もあるけれど、断然Whitneyが好きだった。僕は音楽評隣家じゃないけれど、誰が何と言おうと、渋谷陽一が違う!と言ったとしても、彼女が作ったこの道はやがて現在のビヨンセ、リアーナに続いたのだと僕は思うのだ。彼女の歌には、歌唱力やパフォーマンスだけでなく、気持ちを伝える力強さがあったと感じるからね。
2009年10月の大会で初めて2度でCRした時にも紹介したけれど、彼女の歌にどれだけ励まされ、頑張って来れたか?彼女の歌は僕の応援歌でもあるのだ。

 彼女のパフォーマンスを思い返して見た時、BodyGuardの「I have nothing」も好きだけど、やはりもう一度これを見たくなるね。
 One moment in Time at Sammy Davis Jr.60th anniversary(1989)


 彼女が歌う事が、そこにいるSammyや、お祝いに来た人々を幸せにする事に確信を持って、自信を持って、Sammyに気持ちを伝えている事が良くわかるね。彼女のパフォーマンスにはそんな力が他のartistよりも強く感じるよ。
 今日のNewsを聞いて、改めて詩を読み返して見れば、なんかやるせない気持ちがこみ上げてくるな。僕等にはたくさんのチャンスをくれたのに、彼女自信は結局その一瞬を手に出来なかったと言う事なのか?Showビジネスの最前線で生きてる彼女の気持ちはわからないけれど、僕はこの歌をこれからも応援歌として、いつまでもこの一瞬を追い求めて行きたいと思うのだな。その為にもWhitneyの歌声を忘れずに、いつまでも聴いて行こうと思うよ。

Whitney foreverなのだっ!




 
[PR]

by 4engys | 2012-02-12 22:50
2012年 02月 05日

Happy Birthday

今年も皆元気に誕生日を迎える事が出来ました。
blue12歳、phoebe9歳
兄弟達が集まって今年はLee家でのBirthdayParty。
f0186476_20124670.jpg

今年もイチゴと生クリームのケーキにくぎ付けの主役たち。
左からblue、Po、phoebe、Lee、藍ちん
ワン達にはこのケーキが唯一のご馳走だったけど、我ら飼い主達はいつものように、たくさんの美味しい料理とワインを囲んで、夜遅くまで楽しい宴は続いたのだ。
ご馳走様でした。

誕生日を迎えると、昔の懐かしい写真が見たくなるね。blueもphoebeも小さかった。
blue
f0186476_2032860.jpg

phoebe
f0186476_20334281.jpg

2人とも大きくなったけど、可愛さは変わらないのだな。

今日は久々に暖かな1日で、日中の陽射しには今年初、ポカポカと感じる力強さがあったな。まだまだ寒くて雪の日もあるだろうけれど、この日を境に厳しい冬も間違いなく春に向って折り返しだと感じたのだ。
f0186476_20455668.jpg

こんな日の散歩は格別ですな。いつまでも歩いていたくなったよ。

続きがあります。
[PR]

by 4engys | 2012-02-05 21:14 | 兄弟