<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

Cool Biz

 毎日、暑い日が続きますな。しかも今年の夏は湿度が高く、本州の人々がイメージするようなカラっとした北海道の夏じゃない。蝦夷梅雨って言葉もあるけど、地球温暖化の中、これはもう本州の梅雨に負けないくらいの梅雨その物だな。早く梅雨明けして欲しいよ。
 今年は日本全国節電の夏。外でのビールも暑さしのぎになるけど、涼を求めるには昔からいろんな知恵があって、それが再認識されてますな。お化け屋敷や、怪談だって、元々は背筋が凍る事で涼しさを感じる為のものだったんだし、風鈴の音を聴くだけで涼しく感じるのも不思議な効果だな。最近では冬場の雪を貯蔵しておいて、それを冷房に使う技術もかなり進歩したようで、あの冬の大雪を活かせるんだったら、どんどん降ってちょ―だい!って気になるな。
 視覚やら聴覚やら、五感を使って涼しさを感じながら節電する事が、日本全国の電力供給事情に寄与出来るなら、どんどん工夫しましょうっ!
 って事で、このblogを見て下さっている皆様に、ほんの一時僅かでも涼んでくれたらと想い、こんな写真をアップします。
f0186476_22434416.jpg

f0186476_22435828.jpg

f0186476_22441396.jpg

どうですかね?少しは涼しくなりましたかね?

でもやっぱり夏は暑いのが良いですけどね。

クッションを抱えてまったりするLee
f0186476_22464120.jpg

暑いぜっ! ったく!
f0186476_22471656.jpg

[PR]

by 4engys | 2011-07-30 22:51 | 生活 | Comments(10)
2011年 07月 24日

老化現象?

 最近のブルーはなんか甘えが強くなって来た。僕がソファに座ればすぐに横にやって来て、足を枕に眠りだす。
f0186476_2216863.jpg

 カウンターに居れば、足元で全開で寝てるし

f0186476_22173042.jpg
 寝る時は、僕の右腕を枕にするのが定位置だ。
 こないだ、僕とphoebeが仙台に遠征した夜は、今までに聞いた事のないような夜泣きをしたそうだし、最近、休みの日に僕が一人で外出する時の後追いも激しいらしい。
 犬の老化現象の一つに「夜鳴き」もあげられていて、ブルーもそろそろそんな現象が現れたのかな?なんて思ったりもしてるのだけれど、まだまだ元気いっぱいだ。今日も暑い中、ビギナーのコースを走って来たし、ご飯の時は相変わらずの大ジャンプ。
 でもね、そんなブルーの甘えは嬉しいもんですな。これからも、ワン達との時間を大事にして行こうと思ったよ。




ソファで寝る時もこの柔らかさ。まるでパズルの1ピースの様だな
f0186476_2237430.jpg

[PR]

by 4engys | 2011-07-24 22:50 | 生活 | Comments(4)
2011年 07月 20日

Agility 北海道大会 その2

 夏の大会が終わると、なんだか僕の中では夏そのものが終わりなのだ。今年は良い感じで終われた。でも課題はハッキリしてるので、秋の大会に向けて、夏場の練習をしっかりしようと思っている。

 今回のジャッジのコースは、今までにない新鮮さと、気持ち良く走る楽しいコースだった。アレン曰く、「日本のハンドラーはヨーロッパに比べて、はるかに多くリアスイッチを使っている」との事だった。
 それと、スタート前の犬に対する”ショック”には毅然として即失格を取っていた。これは良い事だと思ったよ。

2度のコース図です。コースを書いてみると、フィールド全体を広く使った走るコースって事が良くわかりました。

 残りの全走もアップします。
 初日のAGでは、フロント後にバー落ち。それを意識して次のJPではエアプレーンで処理た後バー落ち。う~ん難しいな。また、初日のJPでは、体を回転する配置が多いせいか、自分としては珍しく、コースを間違えてしまった。(ガクッ!)それでもドボンせずにコースに戻って来てるのが嬉しいね。海戸田先生のジャッジを確認しながらなんとか拒絶無しでしのぎました。
 2日目のJP、AGの走りで舞い上がったせいか、若干集中力が切れて、スラの入りを失敗してしまった。
 という事で、2日目のAG以外、3走ともバーを1本づつ落としており、これはまだまだ克服までに時間がかかりそうだね。ただし、一つの課題だったタッチは、2日間で6回チャレンジして全て止まった。大きな収穫ですな。

 
[PR]

by 4engys | 2011-07-20 23:22 | アジリティ | Comments(6)
2011年 07月 17日

Agility Compe in Hokkaido Summer

まずは動画をどうぞ。


続き。。。で、結果は?
[PR]

by 4engys | 2011-07-17 22:27 | アジリティ | Comments(12)
2011年 07月 11日

アジリティ 仙台大会

 仙台大会から帰って来ました。往復1400km、震災の爪後の残る東北道をひたすら走った。でも道路は修復の後が残るだけで、いつも通りの快適なドライブだった。
 大会会場では、いつもの仲間との再会はもちろん、仙台在住のアジラーにも久々に会う事が出来た。家屋半壊とか、愛犬数頭を連れての2日間の避難所生活の話などを今は明るく話して下さった。それでも皆さん、当時はもちろん大変だったけど、こうしてアジが出来る喜びを噛みしめている様だったし、そんな姿を見れて、やはり行って良かったと思えた。
 
f0186476_17122786.jpg

 大会前の予報では、気温は高いものの、天気は雨混じりの曇りの予報。しか~し!僕は仙台限定晴れ男なのか、今まで一度も雨に当たった事が無いのだ!そして今回も予報を覆しというか、「それ、覆しすぎじゃねっ!」って言うくらいの 「伊達っ晴れ。」北海道からいっきに北上した僕には、この暑さは想定外。心の準備も出来ないまま、陽射しと熱風は容赦なく襲いかかる。午後のJPの検分では、意識が朦朧として、視界が狭くなりフラフラになった。{熱中症ってこういう感じでなるのかな~}なんて思いながら走ったら、やはり速効ドボンだった。(言い訳っぽいけど、マジで辛かったです。)
 この写真でも、あの時の暑さを伝えれないのが残念です。

 肝心のレース
 2日目のJP2。2日目は暑さにに対する心の準備も多少あったし、身体も少し慣れたのか、チョとだけ楽だった。その分頑張って、何と2009年11月のドラハ以来、2年越しのCreanRunで4席ゲット。タイヤの後、チト怪しい動きをしたけれど、phoebeも結構がんばったよ。

 並み居るシェルティ軍団に交じって8歳のphoebeも意地を見せたな。

 問題のAG。動画は初日(9日)のレース。
 2日間とも山の下りを飛ばれ、バーをそれぞれ1本、2日目はダブルも落とした。

 ここのところ橋は調子良いんだけど、山が問題だな。来週の大会まで修正の練習が出来ないまま突入となる為すごく心配だけど、どんな手を使ってでも止めてやるっ!
 もうひとつのバー落ちには、一筋の光が見えたよ。それはステラ家より頂いたアドバイス。
 phoebeがバーを飛んでる瞬間の僕の動きがphoebeにプレッシャーを与えている。それを回避するには、バーを真っすぐに、そのバーに集中して飛ばせる事を意識する。その為には、フロントスイッチの身体の回転のタイミングをもう少し遅らせて、飛び終わったと同時に素早くクルッ!っと行く事だ。
 AGの終盤、タイヤ⇒ハードル⇒フロントでハードル のところでバーを落とした。そこを検証して見る。
f0186476_18311175.jpg

         ↓↓↓
f0186476_18311892.jpg

 う~ん、 フロントがプレッシャーをかける事は知っていたが、この身体の回転のタイミングまでは考えたこと無かったな。他にもアドバイスを頂き、こちらももちろん練習は必要だが、本番で意識を持って検分するだけでもなんとか出来そうだ。タイミングのズレはわずかコンマ数秒の動きかもしれないけれど、そこを見抜いてくれて指摘してくれるってのが嬉しいね。今回の遠征の大収穫でした。ステラ家ありがとう。期待に応えられるよう、来週も頑張ります。

 そんな訳で、いろんな想いや収穫を得る事が出来、今年も仙台大会は楽しくて良い遠征だった。いつものインギーズ大集合とはならなかったが、インギー代表として、なんとかシェルティ軍団に一矢報えたのも、ジェニ家に泊めてもらい、すごくリラックスして大会に臨めたおかげだと思う。いつもの仲間からの応援メッセージもすごく嬉しかったし、今回はなんとか応える事が出来たのでホッとしています。ありがとう。
 暑さの中、一番頑張ったのはやはりphoebeだな。
f0186476_18504843.jpg

 扇風機の風を受けながら、板氷に顔を乗っけて気持ち良さそうなphoebe。お疲れさんです。来週も頑張ろう!
[PR]

by 4engys | 2011-07-11 18:53 | アジリティ | Comments(16)
2011年 07月 02日

いよいよだよ。

 震災からもうすぐ4ヶ月。そんな中、今年も仙台大会が例年通り行われる。震災直後から、復興が始まって大会が開催されるようになったら、必ず行こうと決めていた。報道を見ると、現場での復興は少しづつではあるけど、着実に進んでいるようなのに、政治がもっと機能すれば、もっとスピードを上げて前に進むだろうと思えて歯がゆい気がする。
 周りからは、「仙台行って大丈夫?」なんて聞かれるんだけど、全く不安はないよ。今でもそこには多くの人々が、不安と、痛ましい記憶を抱えながら暮らしているわけだから、僕らの不安なんて微々たるもんだと思うんだな。現場の状況や空気をこの目や肌で感じる事で、少しでも被災地の方々の気持ちに近づいて、この悲劇を受け止めたいと思う気持ちが強いです。

 という訳で、今年もマイカーを飛ばして仙台まで走るのが、今から楽しみだよ。希望に向って車を走らせる時に聞きたいドライビングソングはやっぱりこれだな。
映画「HAIR」のAquarius
 往復、千数百キロに及ぶドライブだけど、他にもいろんなドライビング曲を用意して、遠征を楽しもうと思うよ。

 先週、アジQが開催された。ブルーもLeeも元気に参加して、またまた楽しい一時を過ごした上に、ブルーのランで岩船産のコシヒカリ5kgをゲット。
f0186476_20535398.jpg


ブルーとLeeの、なんかのどかな走りをご覧あれ。


phoebeはいまいちスピードに乗らないのがここに来て、新たな不安材料だけど、バー落ちと、タッチを決めて、なんとかクリーンしたいとこだな。


 それにしても、今回この惨状の中、大会開催にこぎつけた東北のアジ関係者の方々には、心から感謝と敬意を表したい。おりしも、今年行われた世界大会の選考会では、ミディアムで岩手と仙台から2チームが出場を決めた。そのチームも今大会には参加されるだろうから、思いっきり応援して、この大会を盛り上げたいし、その為にも、TeamPhoebeだって、必ず良い走りをするのだっ!

よぉ~しっ頑張るぞっ!見とれよっ!
[PR]

by 4engys | 2011-07-02 21:09 | アジリティ | Comments(16)