Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 27日

季節限定

 季節限定とか、時間限定って言葉には、なんか計り知れない魅力があって、思わず手が伸びるのは僕だけじゃ無いと思う。ホントは中身もあまり変わってないのに、ラベルが違うだけで「う~ん、美味そう」と思って買ってしまうカップラーメンやポテトチップなんかは数知れず。

 でも、この時季、朝の数時間にかぎってだけ楽しめる場所があって、これは正真正銘の季節限定、時間限定の特別な朝散歩なのだ。普段は付き合わないかみさんまでも、今朝だけはこの季節限定を楽しんでた。
f0186476_2220338.jpg

 広い畑に降り積もった雪が、日中の暖かさでズシッと凝縮され、朝の冷え込みで一気に固まったのが、「固雪」。パンパンに固まった雪の上では、飛ぼうが跳ねようが、ビクともしない。これでも足もとの雪原はまだ30cmくらいの積雪があるのだ。
f0186476_2227299.jpg

 一面固雪となった畑の上は、人も犬も走り放題。久々の運動で盛り上がる犬達。新しいおもちゃを引っ張りあうBlueとLee、それを見守るphoebe。まるで土俵上の力士と行事の様。ブルー丸にりつの山。行事は木村フィビの助?

f0186476_22345337.jpg
 こんなにおもちゃを取り合う姿って珍しい。先日のおもちゃ誤飲事件以来、どんなおもちゃなら安心して、楽しく遊ぶのだろうと検討に検討を重ねた結果、強化ゴムで出来た空洞のサッカーボールを発見した。これだけならあまり魅力なさそうなんだけど、この中に大好きな「たまごちゃん」を入れたら、見事みんなの注目の的となったと言うわけ。とりわけLeeが最も気に行ったらしく、普段なら横取りなんかしないのに、ブルーの口から取ろうとしてこんな状況になった。それをphoebeが横から文句言ってる姿が面白いね。これなら安心して遊べるよ。 

 今年は積雪が多いので、朝の冷え込みによっては、来週か再来週くらいまで楽しめそうだ。この時期限定の雪の世界をおもいっきり楽しもう。








この時期限定と言えば、こちらもお買い得情報⇒060.gif
Violent is Savannnaの初のフルアルバム。今ならAmazonで購入で20%off。
DVDもついて通常価格3,200円⇒2,568円。これは買いでしょっ!
[PR]

by 4engys | 2011-03-27 22:52 | 兄弟
2011年 03月 21日

協力の輪を広げたい。

ポチたまの松本秀樹さんが、避難所や仮設住宅のせめて一部でも ペット同伴可になるよう環境省宛てに署名活動を始めているとの事で、 少しでもこの輪が広がってくれればと思い、転載します。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
  愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』

環境大臣 殿

【 趣 旨 】

私達は、災害時における愛玩動物と
その飼養管理者(飼い主家族)の双方における、
精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、
避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを
要望します。


1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの
25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを
25パーセント確保することを要望します。


2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、
25パーセント確保することを要望します。


3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。


4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を
要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、
保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、
その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、
預かりを公示することを要望します。


以上の要望に対しご賛同いただけました方は、指定の署名用紙にて、
署名活動にご協力頂きます事を、心よりお願い申し上げます。
  

阪神淡路大震災の時もこれで可能になったそうです

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
こちらから署名用紙をダウンロードし原本を郵送してください。
一万人になったら環境省に提出するようです。

以上、転載したものです。

被災地では、ペットの存在が人々の心の大きな助けになっている事もあると思う。ペットだって同じ被災者なのだから、同じように救済の手が差し伸べられるよう協力したいと思います。

情報をくれたルークねぇにも感謝したい。
[PR]

by 4engys | 2011-03-21 18:47 | 生活
2011年 03月 20日

消息情報

 仙台遠征の常宿、奥松島にあるペンション「マリンシップ」。今回の大津波で被災した事はほぼ間違いない。
ご主人の消息を心配したまま1週間が経った18日、Googleの消息情報サイトで、とうとう名前を見つけた。
http://japan.person-finder.appspot.com/
 無事に避難所にいるとの情報だ。やっぱり彼はあの状況を乗り越えて生き延びていてくれた。彼の事だから、今避難所でも、みんなを元気付け、気丈に頑張ってる事だろう。ただ、東松島市の公式避難所に名前が無い場所の為、十分に物資が届いていない可能性もあり心配なのだが、いつかまた会って話が聞ける事も可能なのだと思うだけで安心した。

マリンシップのHP
f0186476_1065548.jpg 2007年の夏以来、4年間に5回、遠征の度にお世話になった。大会会場や、仙台市内からは確かに少し遠いのだけれど、すごくゆっくり安心して泊まれるので、迷わず予約を入れたのだし、最近はあのおっちゃんと会うのも遠征の楽しみの一つになった。「ただいま」「行って来ます」って感じかな。彼のコンセプトは、「旅人中心の宿」。だからあえて犬連れ可とも不可ともせず、「旅人が犬を連れていたいなら連れてくれば良い」という事だった。
 いつもは大会出場の為、夜遅くにチェックイン、早朝チェックアウトでゆっくり話が出来なかったが、昨年の遠征では午前中にゆっくりとコーヒーを飲みながら話したのが懐かしく、更に彼のファンになったのだ。そんな彼が愛した松島だけど、今はすっかり地形も変わり、以前の美しさは消えてしまったようだ。でも生きてる限り、またいつか彼に会って、話が出来る日もあるのかなと思うとこちらまで希望が湧いてくる。

 今年の大雪で庭の積雪はまだまだ深い。そんな中でも、自然の生命力は確実に春を迎える準備をしている。庭の「ねむの木」の幹の周りは、木が放つ僅かな温もりによって、そこから雪が融け始めている。雪の重さに耐えかねて折れた枝でさえ、まわりの雪を溶かしている。僅かな温もりではあるけれど、生命がある限り、確実に雪を溶かす力があって、夏には間違いなくまた綺麗な花を咲かすだろう。

 あのおっちゃんを始め、被災地の方々もまだまだ辛い日々が続くけど、命の力を信じて頑張って欲しい。

 被災地のペットや、飼い主さん、支援組織への募金の輪も広がって欲しい。
<信頼出来る団体>
★緊急災害時動物救援本部★

構成団体:

社団法人 日本動物福祉協会(JAWS)
財団法人 日本動物愛護協会(JSPCA)
公益社団法人 日本愛玩動物協会
社団法人 日本獣医師会

支援金振込先(上記団体共通口座です。)
みずほ信託銀行 渋谷支店(店番号022)
普通預金 4335112
緊急災害時動物救援本部
[PR]

by 4engys | 2011-03-20 22:17 | 生活
2011年 03月 13日

地震

 想像を超える状況、イメージが湧かない光景が次から次へと映像から伝わって来る。こんな事が、実際に起きるものなのか?目を疑うしかなかったけど、時間が経つにつれて、何度も何度も映像を見るにつけ、現実の事として受け入れざるを得ないと感じた時、その悲惨さが更に大きなものに感じた。
 仙台と言えば、毎年遠征に行き、仲間もいるすごく身近な土地。ジェニ家の無事は早々と確認できた為、一安心はしたものの、いまだに電気も開通していない模様だし、これからもしばらくは、大変な日々が続くと思うので心配は続く。
 遠征の時に泊る僕の常宿が奥松島の「野蒜」(ノビル)にある。報道ではやは大きな被害が出ているようだし、以前泊った時にご主人が、以前のチリ地震の時の津波の模様を話してくれたこともあり、その時も一帯が津波に呑み込まれたという事だった。宿から堤防まではわずか50mくらい。思い返しても近くにすぐ行けるような高台も無かったように記憶しているので、心から心配している。

 波の静かな奥松島の海岸と、堤防にたたずむphoebe。
f0186476_1520710.jpg

 ここのご主人は、昔海の男で、世界の7つの海を渡り歩いてきた人だし、海の怖さもしってる人だから、なんとか逃げ伸びておられる事を信じて、祈っている。宿の建物はちょっと難しいとは思うけど、またどこかで再会出来ればと思っている。
 映像からは、何処から手をつけるのか?ほんとに復興出来るのか?などと思うのだけれど、必ずや復興してくれるだろうし、僕も少しでも力になれればと思っている。7月の大会が開催されるかどうかはわからないけれど、開催されれば、復興支援の意味も込めて、必ず仙台に行こうと思うのだな。

 被災地においては、まだまだしばらく厳しい日々が続くと思うのだけれど、一人でも多くの方の救出と、1日も早い復興をお祈りしたい。
[PR]

by 4engys | 2011-03-13 15:40 | 生活
2011年 03月 06日

雪力

こないだ排雪が入り、スッキリしていよいよ春を迎えるばかりとなったはずの石狩地方に、季節外れと言えなくもない大雪が降り、真冬に逆戻り。
f0186476_11512019.jpg

屋根に上る為に外壁に備え付けられている、鉄製のはしごが、のしかかる雪の重みに耐えかねて、グニャリと曲がってしまった。恐るべし雪力。はしごが曲がるだけなら良いけれど、よく見るとはしごが付いている壁が割れているではないか?こりゃ痛い出費になりそうだ。すが漏りは保険で治ったのだけれど、これはどうかな?
f0186476_11554676.jpg
居間の前もご覧のとおりの雪の壁。日中もあまり陽が入らず、圧迫感があって、落ち着かないもんです。昨日は春らしい暖かな一日だったので、またまたビール片手に排雪作業におわれたのだった。
 去年のブログを見てみたら、3月の半ばくらいには庭の一角でヒアシンスが顔を出していた。あれとおなじ場所は今はまだ1m以上の積雪。今年は雪融けが思いっきり遅くなりそうだな。
 1月は除雪に追われ、2月は仕事が忙しくて1日も休めなかった。おかげでこの冬は練習するぞっ!と誓ったのに全く行けてないのが悔しいけど、3月でこの雪なら、いつもは雪融けで使えなくなるグランドももうしばらく大丈夫だろうか?来週は初練習に行けたら良いな。


f0186476_1264349.jpg

 久々のアイン登場。ブルーと仲良くソファでくつろいでました。夜は僕のベッドの上で、phoebeとピッタリとくっついて寝てる姿がすごく可愛かったな。
[PR]

by 4engys | 2011-03-06 12:12 | 生活