Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 31日

Last U人アジQ

北海道は今週雪の便りを聞いて、今年もアジシーズンに別れを告げる時期が来た。そんな中、U人グランドで今年最後のアジQが晴天の下で行われた。僕は11月のドラハがあるので、まだ別れを告げる事は出来ないから、本番でのタッチを重点にレースのシミュレーションをして見た。

その前に。最近意欲満々のブルーを、久々にJP1に出して見た。最後まで集中力を切らす事無く、走り切ったブルーには感動したな~。ブルーとアジを始めた頃の緊張と、興奮、感激を改めて感じる事が出来たよ。ブルーありがとう。
Blue Jumping1

Leeも相変わらず良い走りだ。今日はタイヤは無いけれど、タイヤもかなり完成度が高くなってきた。
Lee Beginer2

AG2は先日のマリンブルーの3度のコースという事で、かなり難しいコース。苦手なシーケンスも随所にあったけど、なんとか最後の山まではこぎつけた。でもやはり山の下りを飛んだ。

今日のコースは、スイッチの場所が難しかったので、初めてスラローム後のエアプレーンを使って見た。意外とスムーズに行ったのは収穫だが、山の下りは、こりゃかなり重症だな。このままなら、ドラハでもま違いなく飛ぶだろう。来週はWiseアジQ。も一度タッチを修正して見よう。

今日のQはU人作、鹿のロースのステーキ。3cmくらいの厚さに切られた肉の外側を十分に焼き、中はレアーだけど、すごく柔らかくて、めちゃくちゃ美味かった。すごく贅沢なQだったな。
f0186476_19504838.jpg

今日の賞品。世界大会のT。ドラハにはこれを着て行こう。
ドラハまであと4週間。これでホントにシーズンの最後と思ったら、何としてもドラハで感激のゴールを味わいたい気持ちが強くなった。ハンドリングやphoebeの反応に大きな問題は無い事には自信がある。課題はタッチとはっきりしてるわけだから、なんとか克服してドラハに向かいたいと思う。
※この動画のアングル。世界大会見たいでかなり良いね。
[PR]

by 4engys | 2010-10-31 20:03 | アジリティ
2010年 10月 27日

phoebeが帰ってきたら、雪降ったよ

f0186476_21284527.jpg

 この時期、場所や、気圧配置で気候は大きく変わる。遠征明けの僕は、ここ数日の中で、夏と冬を味わう事となった。今朝起きてみたら、10月としては信じられないような積雪。つい4日前は仙台で夏の空のもと、汗だくになって走っていたのがうその様。
 夏の様な陽射しの下、常宿の奥松島、野蒜(ノビル)海岸の防砂林をphoebeと一緒にゆっくりと散歩した。
f0186476_21352236.jpg


 秋の遠征第一弾。秋田クラブ&東北ブロック。タッチとバー落ちのみに集中して練習してきたし、検分もそこを重点的にチェックした。初日のAGは橋の下りに集中し過ぎたのか、橋後のハードルトラップに引っかかって、あえなく撃沈。JPは投光器の下でのレースのせいか?いつもより慎重な走りではあったものの、レンガのかまぼこを落として、悔しい1ミスだった。(動画なし)

 2日目(東北ブロック)のAG 
 やっぱりスタートのテンションは凄い。気合と魔法のハンドで橋の下りを止めようとしたものの、やはり飛んだ。続いてバーも落とし、山の下りはジャッジの手こそ上がらなかったが、どう見ても飛んでるじゃないかっ!
トホホッ!

 Jumping2
 ご覧の通り、エアプレーンの連続で、すごく気持ちよく、流れるように走れるコースで、すごく楽しかった。phoebeは行きと帰りに同じバーを落としたが、走りは凄く良かった。実はこの検分の時、検分が始まった事に気づかず、慌ててフィールドに入ったので、2分くらいしか検分出来なかったのだけれど、短時間ですごく良いイメージを作る事が出来た。

 という事で、またもや結果を出せなかった遠征だったけど、これが今の実力だから、しっかりと受け止めようと思う。ドラハまではまだ数回練習が出来るので、雪と寒さが深まる中ではあるけれど、もう少し頑張ってみよう。年間の完走率も上がって来たし、次あたりはそろそろ神様もPRをくれるだろう。でも神様よりも、phoebeと僕のハンドリングを信じて走る事が大事だな。

 松島を見つめて何を想ってるのか?
f0186476_22261428.jpg


 今回の遠征でも、いつもの仲間と過ごす時間は凄く楽しかった。昼間の応援やコース分析、ハンドリングアドバイス。夜の部での美味しい伊達の味を堪能しながらのアジ談義と、まさにアジ三昧の2日間でした。遠征で良い結果を残した仲間の喜びも嬉しいもんです。僕も次こそ、みんなに喜んでもらえるような走りを目指そう。
phoebeよ、もう少し、僕と付き合ってくれよなっ!
[PR]

by 4engys | 2010-10-27 22:36 | アジリティ
2010年 10月 20日

Major Debut

パンパカパーン024.gif
と、Violent is Savannnaが本日ついに、めでたく、メジャーデビュー!これから全国の皆様の前でお耳にかかる事もあると思いますので、よろしくお願いしま~す。
う~ん、ドラムを思いっきり乱打するリュークがかわいいじゃないか~。目指せ紅白。応援してるぜ~っ!
出場したら地元のNHKから家族取材に来るかな?僕も遠征に行く度に、地元ラジオ局でリクエストしてやろう。

フルバージョンはこちら060.gif

※業務連絡。今週末は仙台遠征の為、blog更新お休みします。
[PR]

by 4engys | 2010-10-20 21:12 | music
2010年 10月 16日

雪虫出たよ。

 今日今年初めて「雪虫」を見かけた。比較的暖かかった今日、雪虫の飛ぶそばのコスモスの花では、最後の蜜を集めるマルハナバチがせっせと働いていた。雪虫とハチさん。夏と冬がクロスする、そんな1日でした。
桜の幹に止まって休む雪虫くん
f0186476_1912823.jpg

飛んでる姿を撮るのは僕の腕と機材では無理だな。
f0186476_1913587.jpg

今日、久々にアインが遊びに来た。夏バテからやっと回復して、前の通りの元気な姿を見せてくれて、すごく嬉しかったな。久々の4頭散歩もハルティ無しで行ったけど、力強くグイグイ引っ張ってくれて、力の回復をこの手で実感したよ。
そんなアインの様子を1年前に撮影した、大好きな動画を改めてYouTubeにアップ。
眠そうなアイン


チリの鉱山事故から奇跡の救出はホントに素晴らしかったね。その報道の中で聞いた言葉「エスペランサ」。「希望」という意味だとか?良い言葉だし、響きが綺麗じゃないか?
それと、ノーベル賞受賞の根岸教授。恩師のブラウン先生からもらった言葉がこれ「Eternal Optimism」(エターナル・オプティミズム)『永遠の楽観主義』だそうだ。肩の力を抜いた「Never give up」とも言うべきか?あきらめずにずっと頑張れば、きっとうまく行く。ノーベル賞だって、アジリティチャンピオンだって手に出来る。そう言ってるのだと思う。
来週はいよいよ遠征第一弾、仙台。希望を持って、失敗を恐れず、思いっきり楽しい走りをして来よう。
明日はOPDES、AG2とSTPにエントリー。タッチを飛んだら即終了予定。俺、本気だぜっ!
[PR]

by 4engys | 2010-10-16 19:50 | 生活
2010年 10月 10日

脱毛したよ

10月10日と言えば、「体育の日~っ!」として生きて来たけど、いつの間にか10日は体育の日ではなくなっていた。この日は晴れの特異日として東京オリンピックの開会式にもなった日なのに、祝日からはずされた腹いせなのか、今日は終日雨。楽しみにしていたアジQも延期で、仙台を前にした”!レース上でのタッチ”のチェックが出来ず、大会に向けたスケジュールの変更を余儀なくされた。

f0186476_2223389.jpg

まるで、音楽の教室に貼ってあった音楽家の写真のような髪型になってしまったブルー。お前はハイドンかっ?
というわけで、久々の全犬一斉、トリミングデー!考えてみれば、今年は忙しさと暑さにかまけて、部分的且つ一時的な処理でごまかして来たから、よく見るとみんなすごい事になってた。

f0186476_2228642.jpgかみさんの毛玉取りと、コーミング中、一方で僕は爪切り。続いて僕がシャンプー、かみさんがドライと、流れ作業は続く。乾いた後、久々のトリミング。バリカンで顔周りをスッキリした後、コートキングとナイフでボディをスッキリ。鋤ばさみで細かい処理をして、ハサミで足元の長さを調節したら終了。その後も耳掃除に、歯ブラシと、ここぞとばかりにフルコースで処理してやったぞっ!
Leeからはご覧の通り、モッサモサと限りなく毛っけが取れて、もうやめられない。この辺でやめとくか?と思ったら、Leeが真っ白になっていてビックリした。ストレスかけたね~とも思ったけど、奴はもともと真っ白だったから、ここまで放っておいたのが悪かったのだ。
でも、Leeは気持ち良さそうでしょっ!phoebeもスッキリ、一回り小さくなって、なんか見た感じ身軽になった様な気がする。これならバー落ちも無く軽快に飛べるんじゃないかな?仙台までの練習時間がどんどん減って行くけど、これも対策の一つになるかもな。


f0186476_2251494.jpg

みんな、スッキリして良い顔してますな~。ブルーは寝むそうだけど。
[PR]

by 4engys | 2010-10-10 22:55 | 兄弟
2010年 10月 03日

秋の恵み

食欲の秋というけれど、この時期ウイスキーも1年で一番美味しい季節となる。巷では"ハイボール”が人気だが、やっぱりこの時期飲むなら”生”で行きたいもの。余市のシングルカスクからは、ほのかにリンゴの香りも香って来て、いっそう秋を感じる事が出来るのだ。
今日のつまみは頂き物のチーズとイチジクのジャム。トンデンファームのクラコウなり。
f0186476_17542710.jpg

濃厚なチーズと甘いイチジクはウイスキーの旨みを程よく引き立てくれてる。この時期、この瞬間、まさに至福のひと時です。
僕も至福のひと時なり~(腱マッサージ中)
f0186476_17592938.jpg

ウイスキーが美味しいこの時、その成り立ちを想いながら、僕の大好きなこの詩を読むとさらにウイスキーへの愛情が深まるのだ。
◆ロバートバーンズ/ジョン・バーレコーン
バーレコーンとは大麦の事らしい。その大麦にジョンという名前を付けて、親しみをこめて呼んでいる。
春の発芽から、秋の収穫、その後ウイスキーになるまでの厳しい過程をジョンという人間の冒険に例え、詩に詠んでいる。そして最後に、彼(大麦)とウイスキーを賞賛する。

以下岩波文庫のロバートバーンズ詩集(中村為治訳)より抜粋。

 ジョン・バーレコーンは大胆なる英雄にして、偉大なる冒険をなさんと企てゐたり。
 其故に、もし汝彼の血を味わば、汝の男気は振い立つべし。
 其は人をして其の悲哀を忘れしめ、其の喜びを高めしめん。
 其は寡婦の心をして歌わしめん。たとひ涙は眼に溢るるとも。

 然らば我等はジョン・バーレコーンの為に祝杯を捧げん、

 各、手に其の杯取りて、而して彼の偉大なる子孫の決して古きスコットランドに絶ゆる事
 あらざれ。

秋の実りと、其れが作りだす、素晴らしい飲み物が出来上がるまでの長旅に想いを馳せて、
今宵も乾杯と行こう。
050.gifアジ話もあるよ

アジ話
[PR]

by 4engys | 2010-10-03 19:05 | 生活