Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 26日

秋の空

空を思いっきり見上げる事ってありますか?いつもワン達のことばっかり見てるので、目線は下方向に行きがち。春のTT1の時などは、地面を見つめながらトボトボ歩く姿が情けなかった。
f0186476_20521528.jpg

暑い夏が終わって、今日は正真正銘の抜けるような秋の青空。アジの聖地、ドグスポランド上空もこれ以上ないってくらい気持ちの良い青空だった。思わず空を見上げて、「次こそパーフェクトランだ~っ!」と大声で叫んだ。。。
という気持ちになった。
Leeもタイヤ克服の決意を新たにしたっ!見よっ、この凛々しい表情をっ!
f0186476_20525558.jpg

いつもの散歩道、白樺の枝越しに見る秋の青空も清々しい。
f0186476_20541134.jpg

空を見上げると、背骨が真っすぐになって、首の骨がトボトボとは逆に反りかえり、胸が張って肺が広がり、大きく空気を吸い込めば、すごく前向きに、強い気持ちになれるもんです。だから空を見上げる事をお勧めしますよ。
とは言いつつも、最近急激に寒くなり、つい数日前まで、暑い暑いと嘆いていたのに、今日、今年初の暖房を入れたし、Phoebeも初めて布団に入って来た。寒くなるとついつい背中が丸くなるもんだけど、こんな時こそ空を見上げてビシッと行こう。
f0186476_20565956.jpg

[PR]

by 4engys | 2010-09-26 20:59 | 生活 | Comments(10)
2010年 09月 20日

秋の大会

f0186476_19571262.jpg去年のこの大会で2度初CreanRunしてから1年(昨年は10月開催だったので、正確には11ヶ月ね)。この間、良い走りで手応えを感じたり、はたまた出口の無い黒トンネルに迷い込んだりしながら、なんとかこの日を迎えた。それでも、最近見失いかけてたアジの楽しさを実感しながら大会に挑む事が出来た。
←初日、Beginer2で3席ゲットのLee

 初日はクラブで3度が無いせいか、難易度が0.5度づつくらい高かったような感じ。AG1のミディアムはCR&完走が1頭だけ。2度はタッチ障害へのアプローチの角度がきつ過ぎて一昔前なら危険なコース設定と言われそうだった。それを克服するハンドリングをすれば良かったのだけれど、シーソーへの進入角度を調整出来ず、途中で落下してしまった。JPのスラ後のトンネルINはある程度想定した中でのハンドリングチャレンジだったのでやむを得ずという感じかな。AG・3減点17席、JP失格でした。
9月18日北海道西シーサイドアジリティクラブ

 2日目のBeginer2、トンネルへの指示が弱かった。こないだOPDESで怠慢したばかりなのに、またやってしまったね。ゴメンLee(ペコ!)
 AGはまたしても下山に失敗。悔しい1ミスだけど2席をゲット。橋の上でカミさんを探して立ち止りきょろきょろしたのには驚いた。こないだのTT1と良い、まだまだ予想外の行動をとってくれるわっ!JPは2本の直トンの間から始まるスラロームに180度から入れる超難シーケンス。こんなの練習はおろか、想像もした事無い。案の定、失敗続出の中、これでも良く入った方かな?4席ゲット。
9月19日北海道ブロック

 結果はこんな感じで、またしても惜しい、悔しいレースだった。でもこの充実感は何だろう?夏の大会で味わったphoebeとのコンビネーションの迷いを、完全に払拭して、また前のように自信をもってハンドリング出来る事の喜びを感じたからかな?その気持ちを感じた時、CRを逃した事は純粋に悔しいけど、以前の様な悲壮感は無かった。2度で喘ぎ続けて、僕も新たな境地に達したらしい。とにかくphoebeとのコンビネーションを大事にしていきたい。
 2日とも下山に失敗した事は、これからの練習でなんとか克服しよう。アジQでの下りで飛んだら、即中止だな。橋は2日とも良い早さで止まったし、初日のJP、終盤のアウトからのハードル⇒レンガ⇒直トンまでの走りでは、今まで感じた事のない、伸びのあるスピードを感じた。これはあの腱マッサージの成果だろうか?2日を通して、後ろ足でバーを引っ掛けたのも1本だけだった。
 大会も終わり、秋の深まる北海道ではこれから冬支度が待ってる訳だけど、僕にとってはアジシーズンのスタート。そういう意味では今回のレースは、次への自信に間違いなくつながる走りだった。次の仙台が待ち遠しくて、ワクワクするな。
CameraWork by jeniPaPa,RevePaPa,BaruNii special thanks!
[PR]

by 4engys | 2010-09-20 20:58 | アジリティ | Comments(16)
2010年 09月 12日

犬護舎セミナー

 犬護舎流セルフケア講座に行って来た。
 埼玉で、ドッグボディケアを展開されている犬護舎(いぬごや)さんが、札幌でセミナーを開催されたので、3ワンを連れて参加して来た。
 さまざまなドッグボディケアの中で唯一、「腱」の働きに注目して、刺激を与える事により、運動機能の回復やパフォーマンスの向上を図るというものである。詳しい事は犬護舎さんのHPを参照して頂きたいし、機会があれば参加される事をお勧めする。理論も凄く納得のいくものだし、毎日の犬との触れ合いの中で、楽しくケア出来るのも良い。講座でレクチャーをされたスタッフの方の説明も非常にわかり易く、説得力がある。聞けば聞くほど、問題が間違いなく解決されそうな気持になって来て、なんかワクワクしてきた。
 だって、バー落ちがなくなり、タッチを飛ばなくなり、スピードが向上するというのだから笑いが止まらない。さらに癲癇の発作までもが抑えられるとの事。(正確には、癲癇は治らないが、そのスイッチを押す事を抑え、発生の間隔を広げて行くというもの)
 レクチャーに続いて、ブルー、リー、フィービーの順番で実際に腱の状態をチェック。やさしく触れれば、先生が言うとおり腱が固まっていたり、バランスがずれていたりする。しばらく触れるうちに、少しづつ柔らかくなって、さっきまでは感じなかった骨の感触が指先に伝わってくる。
 刺激する部位を見つけるのは初級者には難しいが、普段から犬をたくさん触ってあげるだけでも効果があるとの事だった。これからは今まで以上にたくさん、触ってあげようと思う。(わ~い、お墨付き)
 とりあえず、今度の金曜日の晩、今日のVideoを見ながらPhoebeを触りまくってやろう。そしたら本番でのCreanのイメージが出来てきた。それでもやっぱり正確な検分とハンドリングが大事なんだけどね。
 リーの発作もきっと少なくなるだろう。そうなる事を祈りながら触れてあげようと思う。そう言いつつも、昨日からの練習、今日は皆にやたら触られまくり、フィニッシュはシャンプーと、かなり疲れているはずなので、今日の晩から明後日の朝までくらいが、発作の危険時間帯だ。なので今日はレメディをてんこ盛りであげて寝る事にするよ。
僕、疲れたよ。
f0186476_2384230.jpg

[PR]

by 4engys | 2010-09-12 23:09 | 兄弟 | Comments(6)
2010年 09月 11日

I ♥ Big Apple

今年もこの日がやって来た。9.11
f0186476_2145202.jpg
 存在する事が普通の場所に、それが無い事の不思議さ。
 9年前、2001年の今日、ニューヨークの顔でもあったWorldTradeCenterのTwinTowerが消えた。
 地上から空高くそびえたつその姿は、オフィスビルというよりも、まさに一つのモニュメント。だけどその中では毎日数千人が生きていた。そしてその命が一瞬で消えた。


今から31年前、高校生の時にひとり旅したニューヨーク。WorldTradeCenter前の歩道に寝そべって、上を見上げて写した写真。
f0186476_22174863.jpg

 107階に展望台があり、18歳の若者がそれまで見た事の無い高さから、地上、しかもニューヨークの街を見下ろすのは本当に刺激的な一瞬だった。
 その建物が今はもう無いどころか、一瞬にして崩れ落ちる瞬間を目の当たりにし、僕が寝そべった歩道の上に瓦礫と共に多くの人の死が積み重なったのかと思うと、受け入れがたい想いが込み上げて来て、テレビの映像を見るのがつらかった。
 あのような悲惨な事件が世界中の人々を悲しませた事は当然だが、大きく報道されずとも、今この瞬間にもアフガンの山奥で寂しく死んで行く兵士たちの死も、同じように家族を悲しませるものであり、いつかすべての攻撃、戦闘、テロがこの世からなくなる事を、このTwinTowerを見る度に想うのだな。

 そんな悲しい歴史を抱えながらも、ニューヨークには不思議な魅力があり、力強く蘇る。摩天楼の街を愛する心がまた新しい応援歌を生み出した。フランクシナトラや、ライザ・ミネリの「ニューヨーク・ニューヨーク」、ビリージョエルの「New York State of Mind」もかなり良いけれど、今はこの曲が一番CoolでNewYorkへの想いを最もストレートに盛り上げてくれる。
Empire State of Mind,PartⅡ by Alicia Keys

 この曲のピアノに惚れて、この曲だけで良いから弾けるようにただいま特訓中。5年後くらいには、ニューヨークの公園に設置してあるピアノで弾いて歌えれば良いな~。(夢かな?)
 

 
[PR]

by 4engys | 2010-09-11 23:13 | music | Comments(2)
2010年 09月 05日

OPDES in 箱根牧場

 秋のアジシーズン開幕を告げる、OPDESの大会が、箱根牧場で開催された。台風が接近していてどうなるかと思ったけど、直前に通過し、当日は両日とも気持ちの良い天気に恵まれて、最高のアジDayだった。
f0186476_19364065.jpg

 今大会のテーマは
1.ブルーの久々の公式戦復活でゴールまで行けるか?
2.LeeのNV2でタイヤをクリア出来るか?
3.Phoebeとのコンビネーションの再確認
だった。
まずは、BlueとLeeのノービス2のVTRスタート。 061.gif
 最近のブルーは練習でも意欲満々で頼もしい。今日の本番、途中リンク外のLeeを見つけて、ちょっこし寄り道したものの、コースに戻ってからの走りは目を見張るものがあった。「やれば出来るじゃん」って感じで、10月のOPDESへのエントリー決定です。来年は11歳でJKC1度に挑戦するかっ?
 Leeのタイヤは先週まで30%くらいの成功率。でも先週の練習では、迷い無くクリアする事もあったので、何かをつかめば必ずクリア出来ると信じて、更に、「かっちゃんに良いとこ見せてやろうぜっ!」と言い合ってスタートした。結果はご覧の通り、きれいにクリア。すごく嬉しかったよ。トンネルの拒絶は僕の怠慢です。ごめん!(ペコリ)
phoebeの走り(4日のAG、5日のJP、AGと続く) 061.gif
< camera work by REVEpapasan. Special Thanks>
 初日のAGは山と橋の下りをノータッチ、スラも抜けた。今日のJPはスラロームを抜けたのと、バーを1本落とした。AGは山は止まったものの、橋の下りを飛んだのと、ダブルバー落下。
 結果はこうだったけど、意外と今までの様な悲壮感はない。OPDESという事と、観光牧場というロケーションという事も関係あるかも知れないけれど、それだけじゃなくて、ブルーやりーとの楽しい走りで、アジの楽しさを再確認出来た事と、7月の大会で自信を無くしたPhoebeとのコンビネーションを、も一度取り戻せたという実感があったから。今日は不安もなく、楽しく走れたのが最大の収穫だったな。この調子で2週間後のJKCを気楽に迎える事が出来そうだ。
 収穫と言えば今日の入賞の品はこのキーホルダー
f0186476_2005591.jpg

 JKCのロゼットも、OPDESの重たいメダルも良いけれど、このキーホルダーはヒットだね。
 再来週のJKC、10月の仙台、11月のドラハに向けて、良いスタートが切れた事は間違いないっ!
[PR]

by 4engys | 2010-09-05 20:14 | アジリティ | Comments(10)