Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

在宅死

 今週、朝晩の空気が秋の空気に変わり、残暑は記録的に厳しいものの、気持ちはもうすっかり秋。父の死から2週間しか経ってないけど、空気の変化と共に気持ちも一段落付けた。
 いろいろあったけど、最後は本人の希望通り自宅に帰り、我々家族に見守られながら息を引き取ったのは、幸せな死に方だったと思うし、家族にとっても納得の行く最後だったと言える。
 その裏には、家族の看病ももちろんあるのだけれど、緩和ケア病棟⇒ケアマネージャー⇒訪問治療の先生&訪問介護の方々の素晴らしい連携があった。最後まで献身的に父や母をサポートしてくれる姿勢には心から頭が下がる思いだった。
 最近の医療の世界では、技術の進歩と共に、完治できる病気も増えてきた。と同時に治療が不可能な事がはっきりしてしまう事も明確な事実として突き付けられる。その時から家族は、死の日が来る事を待つ事になる。告知の仕方により患者本人はその意識は無いにしろ、どこかの時点で悟るだろう。 その日から最後までを、本人も家族もどういう気持ちで過ごしたら良いのか?という事でずいぶん葛藤があった。死を受け入れると言う事は、本人はもちろん、家族にとってもつらい事だ。だけど最後の1ヶ月は自宅で心穏やかに、最後の時間を幸せに過ごす事が出来た様だった。
 もし、今回のような在宅介護のシステムがもっと社会的な常識として確立され、認知されていれば、家族も本人にも、もっとその日までの時間を幸せに過ごす事が出来るようになるのではないか?と感じた。この連携については自治体によって違いがあるとの事なので、我が家はラッキーだったのかもしれないけれど、日本全国どこでも同じようなサービスを受けられるよう期待したい。僕は当時助産婦だった祖母に、自宅の居間で取り上げられたので、やはり最後も親父のように自宅で迎えたいと思っている。
 今の政府は医療や福祉を成長戦略と位置付けているようなので、そのスピードを加速してもらいたいものだ。1ヶ月前くらいの新聞に、「幸福な死」についての意識調査に関する記事が出ていた。日本は世界で43位で、1位はイギリスだったと思う。経済成長だけに幸福を感じる時代が終わった今、1人でも多くの人や家族が幸せな最後を迎えられるのも、豊かさであるはずだし、そんな世界に早くなって欲しいと思う。


一人になった母をブルーと一緒に早朝散歩に連れ出した。癒やし犬ブルー
f0186476_19195728.jpg

そんな母は、ブルー達が行く事を知ると、リンゴをスライスし、何故か冷蔵庫で冷やして待っていてくれる。
f0186476_19221011.jpg

「それで元気になってくれるなら、いくらでも食べてあげますよ~」by blue

それにしても今年の夏は異常だ。今日も暑かった。でも来週のOPDESに向けて、2日間練習三昧。Leeのタイヤはどうなる事やら?
「バテバテです。」by Lee
f0186476_19261679.jpg

[PR]

by 4engys | 2010-08-29 19:44 | 生活
2010年 08月 22日

むく毛

 久々にLeeの登場かと思ったら、やっぱり毛っけが凄い事になってた。この間、応急措置的に、腰はコートキングで、頭はバリカンで逃げ回っていたのだけれど、肩廻りは丁寧に鋤ばさみを入れないとサッパリしない。よって首から下、肩から背中にかけて?ムクムクして来たぞ。
f0186476_2054877.jpg

”それがしも、サッパリしたいよ、むくむく毛” by Lee
 思いっきり切る為にはあまりにも暑すぎる残暑。ホントは暑いからスッキリ何だろうけど、もう少し待ってておくれ。
f0186476_20591850.jpg

 久々と言えば、アインも久々にやって来た。さすがに夏バテ気味みたいだったけど、相変わらず元気だったな。
f0186476_2101297.jpg

 更に久々に、アジ練にも行った。U人のグランドには立派なスタジアムが完成し、こんな角度からコース全景を見る事が出来る。まるで世界大会のよう。再来週はOPDESでLeeは初のタイヤのあるコースにチャレンジする為、タイヤの特訓中。明日は10月の仙台便の予約と、秋のアジシーズンに向けて待ったなしのスケジュールが続くのだ。
[PR]

by 4engys | 2010-08-22 21:12 | 兄弟
2010年 08月 18日

むくげ

この時期満開を迎える花「木槿(むくげ)」いつ見ても満開なので、長く咲く花と思いきや、早朝に咲いて夕方には散る、「その日暮らし」の花とのこと。
”それがしも、其の日暮らしぞ、花木槿”  by 小林一茶
次から次へとどんどん咲くので、長く咲いてると思うらしい。
f0186476_23191797.jpg

木槿の花粉はふかふか、わさわさと大量に付いている。その花粉をたくさん集めようと、ハチ達がいっぱいやって来る。そして身体じゅうにいっぱい花粉を付けてまるで"花粉まみれ”
f0186476_23252131.jpg

残暑の厳しい中、この姿は暑苦しいような気もするけど、みんな一生懸命だな。
f0186476_23263157.jpg

花粉取りの準備なのか?柵の上で待機する真っ裸な蜂さん。これからいっぱい蜜を集めるぞっ!
[PR]

by 4engys | 2010-08-18 23:31 | 生活
2010年 08月 15日

ありがとう

 最愛の友との突然の別れ。長い闘病生活の末、穏やかにこの世を去った父。
 言葉にする事など出来ないくらい、ただただ無念で、悲しい時間が過ぎて行った。
 今はただ、これまでの幸せな時間を与えてくれた事への「感謝」の気持ちにあふれている。手を合わせて想う気持ちは、ただひたすら「ありがとう」の一言。とにかく、ありがとうございました。
 それでも悲しみを受け止める事は難しくて、勇気がいる事だけど、私たちに幸せをくれた友や父の為にも、これからも強く生きて行くという決意を持つ事が供養なのだと思っている。
 
f0186476_2150949.jpg
f0186476_2150198.jpg

父の好きだった野の花「エゾエンゴサク」
[PR]

by 4engys | 2010-08-15 21:54 | 生活
2010年 08月 08日

ルーリックワールド

 先週この夏一番の暑さの日を迎えた北海道。夏真っ盛りではあるが、湿度が異常に高く、いつものカラッとした夏にならない。しかもこのジメジメのまま夏が終わりそうとの事で、明らかな気象の変化を感じずにはいられない。
 そんな中で、今年も元気に咲いてくれて、我が家に夏本番を告げてくれた「瑠璃玉薊(るりだまあざみ)」
 いろんな姿を見せながら、幾本もの花が次々と咲いていく姿は、まさに
「ルーリックワールド」なのだ。(ちと古いけど、懐かしい響きだな)

<半咲き> 日のあたる上半分だけが開花。下半分は準備中。
f0186476_19231390.jpg

<一輪咲き> 何故か一輪だけ咲いている。何処にも気の早い奴っているもんだ。
f0186476_19203787.jpg

<七分咲き> まだ下の方がわずかにとげとげしている。しかも朝撮った写真なので、花の先が尖っており、まだ開花とは言えない状態。
f0186476_19165850.jpg

ほんとの開花は、この素晴らしさ。尖った先が、かわいらしく二股に分かれて咲いている。まさにルリダマ・クライマックス。
f0186476_19251593.jpg

一つの花は美しいけれど、周りに眼をやれば、何本ものルリダマ達が「ぬぉーっ」とこちらに迫ってくる。げげじゃないけど、なんだか「妖怪、るりだま小僧」みたいだな。
f0186476_19293844.jpg

[PR]

by 4engys | 2010-08-08 19:31 | 生活
2010年 08月 01日

人気のおもちゃだよ

f0186476_16181898.jpg

 ブルーの得意技。「頭乗せ」テニスボールだって、ミカンだって、たいがいの物は乗せらられる。今回は今我が家で人気のおもちゃを乗せてみた。遊びたいのにじっと我慢するブルーがいじらしい。そのおもちゃをじっと見つめるphoebeもたまらなく可愛いね。さすがにブルーの頭めがけて飛びつく事は出来ないらしく、ただひたすら落ちてくるのを待っていた。
f0186476_1623916.jpg

 Leeが遊ぶ姿をじっと見守るブルー。ブルーも無理やり取りに行くって事が出来ない為、じっと待つ。そのうち僕に向かって要求し出すんだよな。

 昨日、大会以来2週間ぶりの練習に行って来た。2日目のAGでの失敗したシーケンスと似た作りの配置で試してみたら、やっぱり思わぬ方へ行くが、低い位置に手を出して丁寧に指示するとしっかり付いてくる。姿勢を低く、しっかりと分かりやすく。どれもスポーツの基本だな。phoebeとのコンビネーションを狂わせていたのは、僕の怠慢が原因だったかもな。も一度基本に戻って、丁寧にしっかりとハンドリングしよう。
f0186476_1637443.jpg

 今日のルリダマアザミ。とうとう花が咲きだした。もうはや蜂も来てる。この後全体に花が広がっていく。花も可愛いし、色も綺麗だね。
[PR]

by 4engys | 2010-08-01 16:39 | 生活