Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 25日

シーズンイン

f0186476_2154328.jpg

 今年の春は低温が続き、練習開始が遅れていたけど、いても立ってもいられなくなって、何処アジセットを持ち出して練習して来た。
 「練習行く?」との問いに、Phoebeは普段の散歩の時とは全く違う、激しい反応を示した。やっぱり彼女もシーズンインを悟った様だ。フィールドで見せる表情は、躍動感に満ちあふれ、バーを次から次へと軽快に飛ぶ姿を見たら、やっとこのシーズンを迎えた事の喜びが込み上げて来た。半年もの間休んでいたとは思えないほど、確実にハードルをクリアして行く。これなら大丈夫!と確信したよ。
 5月から怒涛のアジシーズンがスタート。
5月 2日 : Agility Grand Plix 2010 in Green Dome
5月22日 : 北海道ブロック
6月 5日 : Opdes TT1
6月26・27日 : Opdes札幌大会
7月10・11日 : 仙台大会(予定)
7月17・18日 : 北海道大会(予定)
その間にアジQ、U人セミナー
今年もアジ三昧、忙しい年になりそうだ。
[PR]

by 4engys | 2010-04-25 21:16 | アジリティ | Comments(10)
2010年 04月 17日

春の味

f0186476_1843658.jpg 今年は雪融けがいつもよりも1週間くらい遅い感じだけど、それでも確実に春はやって来る。
 いつもの散歩コースにも元気に蕗の塔が顔を出した。乾いた土の中に薄緑のかたまりがポコポコと咲く姿はなんか新人社会人や、新入生の初々しさを感じるな。

 蕗の塔は「たらんぼ」と並んで春を味で感じる美味しい食材でもある。
f0186476_18491416.jpg

 母が作ってくれた「蕗味噌」。蕗の苦味が味噌の甘さで包まれて、やわらかさの中に春の香りが詰まってる。最初はちょっぴり甘いんだけど、後からあの独特の苦みもしっかりとやって来るのがたまらない。小皿に盛ってカウンターに置けば、蕗の良い香りがしてきて、家の中でも春を感じる事が出来るのだ。これは冷酒でしょ。と思ったけど、以外とウイスキーにも合いました。(写真をクリックで拡大されます。ゴクッと来ますよ。)
f0186476_1935563.jpg

 こないだ雪の中から顔を出した「ヒヤシンス」。その後何度か雪をかぶる羽目に合いましたが、元気に成長して来ました。
f0186476_19103856.jpg

この時期一斉に咲く「ハナニラ」この花も春を呼ぶ花です。
[PR]

by 4engys | 2010-04-17 19:05 | 生活 | Comments(8)
2010年 04月 11日

春の朝

 今年もマスターズの季節がやって来た。あの眩しいような新緑の映像を見ると、我が家の庭も早く緑に包まれそうな気がしてくる。この曲を鼻歌で歌いながら朝散歩すれば、いつもの散歩コースだって気分はもうオーガスタなのだ
Theme song of Masters


春の朝散歩はいろんな表情があって楽しいもんです。
朝もやの中の散歩(4月6日)
f0186476_182893.jpg

しぶとい雪の朝散歩(4月7日)
f0186476_1832233.jpg

眩しい朝日の朝散歩(4月8日)
f0186476_184249.jpg

そして今日。すっかり雪も無くなりました。(4月11日)
f0186476_1845952.jpg


 今年のマスターズもやっぱり凄い。解説の中島常幸と岩田さん、林アナが、昔のニクラウスやトムワトソンのビデオを見て、まるで子供のようにはしゃいでいたのが印象的だったな。そんなオーガスタはいろんな人にさまざまな幸せや感動を与えてくれる、スポーツの領域を超えた素晴らしいイベントだと思う。
 やっぱりオーガスタにはTigerが一番似合ってるし、ミケルソンの存在感と技術は鳥肌もんだ。さすがMovingSaturdayという事で、バックナインはバーディが普通と感じるくらいのイーグルや、連続バーディの嵐。そんな中で一番目を引いた選手は、韓国のアンソニー・キム。常に笑顔で、失敗を恐れず、アグレッシブに攻めまくるあのプレイスタイルは、見ててすごく気持ちが良い。
 思えばゴルフってアジに似てると思う。オーガスタに仕掛けられた、カップの位置、グリーンの傾斜、芝の長さや効果的に配置されたさまざまな木々。ほんの1m落とし所を誤っただけで、地獄を味わうことになる。まさにコースデザイナーとの戦いなのだ。アジだってそう。一つ一つの障害配置に必ず意味があるはず。そんなデザイナーの意図を読みつつ、どの戦略でクリアするのか?それがアジの醍醐味でもある。今年のアジは、アンソニー・キムのようにアグレッシブに攻めつつ、コースデザイナーの意図をもっと意識して検分する事が大事だなとつくづく思った。
 明日はいよいよ最終日。Tigerの追い上げはもちろん注目だけど、オーガスタに挑むみんなのプレイやパトロン達の様子をこの目で見て、感動を共有したいと思う。朝3時半起きか~?散歩の時間は一番良いとこのはずだから、明日の朝散歩は無しだな。ごめんよワン達。
[PR]

by 4engys | 2010-04-11 19:36 | 兄弟 | Comments(4)
2010年 04月 04日

犬の科学

 先週の日曜日、(3月28日)友達の誘いがあって、鹿児島大学の大和先生の講演会に参加して来た。テーマは「犬猫の遺伝病と動物愛護」
 大和先生は以前北大にいらっしゃって、今は鹿児島大学で、臨床獣医学講座 臨床病理学分野を専門とされ、特にライソゾーム病については日本でも数少ない研究者の一人だとか。1時間半の座学など数十年ぶりの事なので心配だったけど、あっという間に終わってしまった。
 つかみはCL病のボーダーのVideo。遺伝子研究についての簡単なレクチャーに続いて、先生の専門分野であるライソゾーム病についての解説と、再びさまざまな遺伝病を持つ犬(柴、プードル、チワワ)のVideo紹介。そして、これらの病気を無くすために何が必要で、我々に出来る事は何なのか?という具合に進み、Videoは確かにショッキングだったけど、すごくわかり易く、勉強になる講演だった。
 現在、犬の遺伝病は499種発見されているが、これらの遺伝病は、交配コントロールによって出ないように出来る、または希釈化する事が出来る。クリア同士の交配では100%発症しないし、キャリアとクリアの交配でも、50%はクリアとなる。その為にはブリーディングの際の遺伝子検査が求められるわけだが、それを嫌う勢力からの嫌がらせや、脅しもあるという生々しい話もあった。ダックスやチワワ、トイプードル等、その時の人気犬の異常なまでの需要を満たすためには、近親交配はもちろん、検査の時間も費用もかけられないし、ビジネスの為には不必要という事が今の日本のペットビジネスの現実ということか?
 また、犬の社会性を重要視する為に、臨界期と呼ばれる1~3ヶ月以内の親犬や、兄弟犬との引き離し(販売)も大きな問題である。
f0186476_19512981.jpg これらの問題を克服する為には、やはりなんらかの法制化が必要であり、その為に我々一般ファンシャーが出来る事は、”市民レベルで、社会的プレッシャーをかける”という事。その為には我々自信が自覚を持たねばならないし、事実を知る事や知識を持つ事が非常に重要なのだと感じた。そういう意味で今回の講演は今までモヤモヤっとしてた事が確信に変わるきっかけとなった感じがしてとても良かった。
 kobemamaさんありがとう。


講演の中で先生が紹介してくれた本。さっそくAmazonで購入しました。
科学者、作家、ジャーナリスト、そして犬好きのスティーブン・ブディアンスキー著「犬の科学」
興味深い内容が盛りだくさんで、もう一度基礎から犬について学んで、機会があれば発信もして行ければ良いなと思う。

f0186476_1957737.jpg

どこがどうなってるのやら?3頭ごっちゃ混ぜ。 

Lady GaGaのPorkerFace
この曲もLadyGaGaも特に好きなわけじゃないけど、このVideoClipみたいに、動物たちと楽しく行きたいね。
[PR]

by 4engys | 2010-04-04 20:16 | 生活 | Comments(2)