Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

2009年Review

2009年が終わろうとしている。
今年の僕のベストソングでも聴きながらどうぞ。
Tiago Iorc の"Nothing but a song"

今年のアジのReviewから。
 今年のテーマはゴールにこだわる事。完走率を70%まで上げる事が目標だった。ミスをしても必ずphoebeをゴールまで連れて行って、ゴールの感激を二人で分かち合い、それを糧にまた次のレースに挑む事が大事だと思ったから。結果は
 Jumping : 66.7%  /  Agility : 77.8% /  Total :72.22%
で、目標をクリア出来た。更に初のAG PRも果たした。中身を詳しく見てみるとこんな感じです。
f0186476_2152448.jpg

後半に行くにしたがってミスの回数の減少、完走率が上がっている。これは、春から取り組んだリアスイッチのタイミングが合って来た事と、夏場のセミナーで難しいシーケンスを克服してきた成果だと思う。ミスの多くを占める「バー落ち」も、ラストのドラハではしっかり克服出来た。
 というわけで、今年1年を通して良い練習が出来、大会に焦点を会わせて精神的にも良いコンディション作りが出来たと思う。結果的にAGのPRは1回だけだったけど、かなりの手応えはつかむ事が出来た。だから来年はいよいよ勝負の年にしようと思っている。夏の大会までには残りのPRを決めて、秋の大会では3度を走りたい。本番のレースを経験する為に、OPDESにも参戦しようと思っている。もちろんゴールにもこだわって、80%を目指そうと思う。
 今年、バー落ちを克服できた一番の要因。飛びきるまで目を離さない事。その瞬間を忘れないようにしよう。しっかり見てるね。
f0186476_2122259.jpg

Photo by yukikosan "Thanks"

今年はLeeを迎えて丸1年。一緒にアジもしたし、5月にはワイルド散歩もした。アジ仲間とも互いに励ましあって頑張れたし、遠征でも沢山の人に会えて、すごく楽しい、幸せな1年でした。お世話になった皆様に心から感謝したいです。「ありがとう!」(ペコっ)
来年2010年は世界中が平和で、幸せになる事を祈りたい。みなさん、良いお年を。
[PR]

by 4engys | 2009-12-31 21:43 | アジリティ | Comments(4)
2009年 12月 27日

アインと散歩行ったよ

久々のアインとの4WAN散歩。積もった雪の道をみんな並んで歩いてる。
f0186476_18563727.jpg

今年も学生が作ったミニ雪だるま君。それぞれ個性があって楽しいね。
f0186476_18574831.jpg

f0186476_1858333.jpg

この日はすごくしばれた朝だったよ。おかげでアインの髭が樹氷みたいになっちゃった。
f0186476_18591394.jpg


11月23日深夜2:00頃、突然Leeが発作のようなものを起こし、奇声を上げながら床の上で数分間激しい痙攣が続いた。どうやら「癲癇」らしい。すぐに病院に行き薬を投与されたが、この薬は肝臓障害の副作用も報告されているらしく、出来るだけ継続投与は避けたい。2回目の発作のあと、レメディを始めてみた。
レスキュー・チコリー・アグリモニー・ウォルナット・バーベイン
これをミネラルウォーターで薄めたものを1日4回/1回4滴与えている。始めてから3日目と、18日目に、どちらも朝方6:00頃、やはり発作が起きた。最初のような奇声はなく、動きもそんなに激しくはなくなって来ている。それでもLeeもびっくりするのか、おさまった後しばらくは落ち着きがない様子。
そんな時以外は、すこぶる元気で、いつものハイパーなLee。だけどあの時の姿を見るのはやはり忍びないものがるよ。少しでもリラックスして、安心して眠れるよう、今度はアロマオイルを焚いてみようと思う。
f0186476_2015191.jpg

何もなかったように、すやすやと眠るLee。落ち着いて、ゆっくり、まったり安心して暮らせば良いよ。
[PR]

by 4engys | 2009-12-27 21:18 | 兄弟 | Comments(2)
2009年 12月 19日

やっと雪降ったよ

やっと、雪が降ってくれて、いっきにクリスマスっぽくなりました。

来週はいよいよクリスマス。BGMがわりに僕のお気に入りのクリスマスソングでも聴きながらどうぞ。
VondaShepardのThis Christmas060.gif

今年の12月は全然雪が降らず、来るのはシベリアからの寒波のみ。おかげでここ数日の寒さと言ったらなかった。最高気温がマイナスの真冬日が続く。会う人との会話は「早く雪降ってくれたら良いんだけどね~」となる。

カミさん作、クリスマストール 
f0186476_2036932.jpgこの感覚は北国の人特有のものだと思うけど、雪の無い氷点下はただただ寒いだけ。それが同じ氷点下の真冬日でも、雪があれば暖かく感じるのだ。人の体感温度って不思議で、視覚に相当左右されるらしい。部屋のカーテンを赤を基調にするだけで、暖かく感じて室温設定を数度下げる事が出来るとか。北国で育った僕らのDNAの中には、雪のあの白さに、なにか安心感を感じるものがあるのかもしれない。


f0186476_2053296.jpg今年もミュンヘンクリスマス市に行ってきた。
今年もドイツのおっちゃんがいて、Blue達を見て自分の持ってきたアルバムを見せてくれた。彼の家にはホワイトのシェパードがいた。ドイツ人てやっぱりみんな犬と暮らしているらしい。となりのブースは、いろんな種類の「マトリョーシカ」を売っているロシアのお店。そこにいたロシア人のおねぇさんもBlue達を撫ぜてくれた。実家にも犬がいるのだが、スヌードが苦手なのよ!と言っていた。
やっぱりワンは世界の輪を広げるのだ。コペンハーゲンではCop15がなかなかうまく進んでいないようだから、Blueを大使として派遣してやろうかな!

f0186476_2105588.jpg

Merry Christmas!!
[PR]

by 4engys | 2009-12-19 21:13 | 生活 | Comments(4)
2009年 12月 12日

ドラハの旅

 アジの素晴らしさは、そのレースの醍醐味だけではなく、遠征と称して日本各地に旅が出来、しかも何処に行っても仲間と再会出来て、まるでホームグランドのような雰囲気でレースに臨める事にもある。f0186476_12234310.jpg
 フィービーと飛行機の愛称はあまり良くないらしい。
 初フライトの時は、雪の為3時間くらい遅れたし、昨年の仙台便では、風の為滑走路上で1時間の待機。この間機内にはずう~っとフィービーの叫び声がこだまし続けた。今回は天気は良かったが、機内整備の遅れとかで、約20分遅れとなった。その分余計に大嫌いな荷物室で待たされることになった彼女にとっては、つらいスタートとなったかな?
 搭乗までの時間、新千歳空港3Fにある、FM NorthWaveのサテライトスタジオで生放送中のDJ鹿島さんを訪ねてみた。曲の間のわずかな時間に写真を撮らせてもらい、すごく良い記念になりました。ありがとう。

f0186476_123779.jpg 名古屋国際空港(セントレア)からは伊勢湾岸道路で、名古屋港に架かる巨大な橋「名港トリトン」を渡る。始めてこの橋を見た時、あまりの巨大さに驚いた。橋の両側は海、しかもかなりの高さ(約50m)がある割には欄干が低い為、ちょっとハンドルを切り間違えると、すぐに名古屋港の餌食になってしまいそうな恐怖感がある。だから肘を伸ばしてハンドルを真っすぐ握り、アクセルを踏み込んで早く渡り切ろうと心が焦る。そんな緊張感が大好きで、この橋を渡るのは名古屋を訪れるひそかな楽しみにもなっている。 
 僕のこの橋好きがPhoebeにも移ったのか、彼女もまた、フィールドの橋を素早く飛びぬけてくれたよな~。
⇒6席は紫のロゼット。青も良いけど、やっぱ「紫でしょ!」

f0186476_1332777.jpg

 名古屋からエルク家が応援に来てくれた。万全のOutdoor装備で、温かいコーヒーにご当地カップ麺やら天むすを差し入れてもらい、心も身体もホットになってレースを待つ事が出来たのだ。ほんとありがとう。ただね、ブルーを連れて行けなかった事は残念だった。
 会場ではいつもの仲間がスペースを確保してくれていて、北海道からの”お上りさん”のこの僕でも、ほんと安心して会場入りする事が出来た。この安心感はかなりレースの出来に影響すると思う。やっぱり仲間がいるって嬉しいね。ありがとうございました。
 また、北海道の仲間からも、当日続々と応援メールなども頂き、すごい励みになったし、初日の夜、みんなでアジ談義に花を咲かせた事もすごく楽しかった。
 さらに、さすが日本全国からアジラーが大集合するドラハとあって、久しぶりの方々にも会う事も出来た。今年四国に帰ったN君、以前札幌にいて、転勤で日本全国を移り、今度はとうとう熊本というIさん。こないだ世界大会から凱旋されたMさん。等々、ほんとアジを通していろんな方々に会えるのは人生の大きな財産とも言える事は間違いないっ!
f0186476_13231466.jpg

 セントレア空港ではこの時期、毎年きれいなクリスマスイルミネーションが繰り広げられている。次から次へとカップルたちが写真を撮っていて、熱々な雰囲気だったけど、思えばこの2泊3日の旅では、phoebeとずっと一緒に過ごし、レースも一緒に走り切り、世界中で一番熱々の二人の時間を過ごしたのだと思うな。
f0186476_13313631.jpg

 厳しい寒さの会場だったけど、phoebeを抱っこしてヌクヌクしてたら、二人でうたたねしちゃいました。
photo by のっちさん
[PR]

by 4engys | 2009-12-12 13:35 | アジリティ | Comments(4)
2009年 12月 05日

Dragon Hat

f0186476_1859153.jpg

 2009年のアジシーズン最後のレースとなる大会が、滋賀県竜王町のDragon Hatで行われた。僕にとっては、恵庭のドグスポランドが日本のアジのメッカならば、ここDragon Hatはアジの甲子園なのだ。今年は初のAGCRも決め、いろんな事にチャレンジして、かなり完成度が高くなった事を感じながら、自信を持って会場を目指した。
(長文になりますが、最後までお付き合いよろしくです)

コース図はこちら⇒  056.gif
28日(京都アジリティクラブ)  AG=2ミス/22席  JP=CR/8席
 まずはAG。
・基本は同時スタートなので、2⇒3への中抜きに若干気を遣った。
・橋の下りを止めきれなかった。
・5トンネル⇒6トンネルへはエアプレーンも考えたけど、橋に引っ張られそうだったので、先行した。
あとは流れに任せて終盤まで行ったが、17ハードルで今大会唯一のバー落ち。
結果はこんな感じだったけど、後に引くものは何もなかった。というのも、Phoebeのテンションは心配なかったし、バーをしっかり見れる余裕も自分にあったのでコースが難しく感じなかった。だから自信を持ってJPに臨めた。
では、動画をどうぞ

 JPは逆飛びを誘うような微妙な角度のバー配置。この事が余計にしっかりバーを跳びきるまでphoebeから目を離さない事につながった。しっかり呼んでHopと送り出す。phoebeとの距離感を常に意識して、しっかりハンドリング出来た。結果は満足のPR。11本のバーを落とすことなく、最後まで行けた事に更に自信を深めた。
 AG2、Chevy家が別アングルからビデオを撮ってくれた。最後のバー落ち、踏切の早さがよくわかる。ロング後、若干外側に滑った事で、バーへの距離が狂った様。すごく参考になりました。


 29日(近畿ブロック)  AG=1ミス/10席  JP=Time減点/6席
この日は会場到着が遅くなり、着いたらもう検分が始まりそうだった。慌てて検分したせいもあり、若干イメージに迷いがあったが、何せ出陳数が多いため、出番までは1時間半くらい待たなければならなかった。この間、スモールの走りを良く見て、出来る限り頭の中でイメージ作りをした。
・スタートは待て
・15⇒16の中抜き
・橋の下りの止め
にポイントをおいて検分したが、9⇒10の時、6タイヤに引っ張られてぶれるチームが多かったので、8シーソーで先行して、9トンネルの外側を走って呼び、11ハードルをリアスイッチする事に変更した。

 スタートでは待ち切れずに、ふら~っとバーを飛んでしまったが、なんとかコースに戻すことが出来た。今までだったら、1番逆飛びでドボンとなりそうだったけど、よく持ち直したよな~。
 中抜きも、若干オーバーランしたものの、確実に決めていよいよ橋。僕の19トンネルへの意識が強すぎたのか、左前方にジャンプした。この時はジャッジの手は見えなかったが、やはり上がっていた。このレースはホントにホント、今年一番悔しくて、悔しくて悔やみきれず、琵琶湖に向かって叫びたくなったよ。
そんな動画をどうぞ

 JP。何と言ってもこれが今年の最後のレース。今までやってきた事をすべて出し切って走れば心配はないと、自信を持って検分、レースに臨めた。自分でもあんなに自信を持てるなんて不思議なくらい。前日のJPが8席だったので、表彰台も夢じゃない、狙って行こう!とPhoebeと約束してスタートを向えた。
 これまたあまり難しさを感じず、バー落ちだけない様しっかり見る事だけを意識して最後まで気持ち良く走る事が出来た。稲川先生のコースらしかったけど、あの甘いマスクにダンディな姿と相まって、「先生素敵!053.gif」なんて思って、目がハートになってしまいそうになった。

 この快走も別アングルでどうぞ。

 この走りで、狙った通りに6席で紫のロゼットをゲット。さらに、4走して全完走。さらにさらに、40本バーを飛んで、わずか1本のバー落ち。タッチは飛ばれたけど、これはもう最高レベルの出来だったと言って良いと思う。BlueやLeeがいなくて不安だったはずのphoebeもよく頑張ってくれた。今年1年ホントによく頑張ったね。お疲れさんでした。また来年も一緒に頑張ろう。

※今回はレースインプレッションです。近日中に遠征インプレッションも書こうと思ってます。
[PR]

by 4engys | 2009-12-05 21:42 | アジリティ | Comments(12)