<   2009年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

アインと遊んだよ

明日から平野でも積雪?の予報に多くの家庭でタイヤ交換をする姿が見られた。我が家も今シーズンはNewのスタッドレスに買い替えのため、今日交換して来た。その店で来年のカレンダーを貰い、「もうそんな季節か?」と改めて時の経つ事の早さを感じたものの、僕の中ではドラハが終わるまではまだまだ今年は終わらないのだ!
f0186476_2223325.jpg今日からしばらくアインがやって来る。いつもは病院へ行ってさよなら。とかシャンプーしてさよなら。って事が続いたんだけど、今週はシャンプーやらお注射やら、検査が続くので来週末まで我が家でお預かりすることにした。と言う事でシャンプー前にいつものドッグランに久々にみんなで行ってきました。





ドッグランでの様子をどうぞ(手ぶれがひどくて酔いそうになりますが)⇒
ドッグランに遊びに来ていた女の子が、楽しそうにアインと遊んでいる風景がとても印象的な午後でした。
アインだってほんとは僕と同じおやじなのに、いつだって若い女の子にもててずるいよな~。
f0186476_22441924.jpg

ボールをせがむPhoebeとLEE。Blueは若いミニピンに乗ろうとして腰をフリフリしだした為、捕獲されました。(トホホ)

今夜からアインも交えて壮絶な寝床争奪戦が繰り広げられる。今夜から寒くなるとの事なので、ここはわれらも心して自分の寝床を確保しないと風邪ひいちゃうので、気合いを入れて、奴らの動きに目を光らせることにしよう。
それじゃ眠れないじゃないか~っ!
[PR]

by 4engys | 2009-10-31 22:56 | 兄弟 | Comments(8)
2009年 10月 25日

トンデンファーム ガーデンセール

f0186476_1548375.jpg

トンデンファームのガーデンセール。いつもはなかなか手を出せないあの品、この品がこのセールの日は、大安売りというイベントで、ほぼ毎回行って当面の食材を調達して来る。必須の品は粗挽きポークソーセージ15本入り525円なり。スモークチキンの半身網焼きや、地鶏の焼き鳥なんかも非常に美味い。札幌近郊の方々には一度行ってみて損は無いと、自信を持ってお勧めします。

ここではいろんな動物たちも飼われていて、このイベントでは、おじいちゃん、おばあちゃんや、子ども連れの家族などで大いに賑わっている。

看板ヤギ?のイチゴちゃん。
f0186476_15593475.jpg

何故か、ダチョウの駝鳥こ(ダチョコ)チャン。
f0186476_1603643.jpg

小馬(仔馬じゃないよ)
f0186476_162888.jpg

え~い、こうなったらもう撮り貯めた、他の動物たちもアップしますよ。
<Web上小動物ふれあいランド>
黒豚
f0186476_1633129.jpg

ラマ(えこりん村)
f0186476_1643284.jpg

どさんこ(えこりん村)
f0186476_165667.jpg

ひつじ(えこりん村)
f0186476_1655189.jpg


f0186476_167967.jpg

ハイランドキャトル(えこりん村)
f0186476_1673662.jpg

これなら、旭山動物園まで行かなくても十分楽しいね。
[PR]

by 4engys | 2009-10-25 16:14 | 生活 | Comments(10)
2009年 10月 24日

one moment

Perfect Runを確信した瞬間。それはこれまでアジをやってきて、追い求めて来た結果。時間は一瞬だけど、そこにはそれまでの膨大な時間と想いが詰まってる。僕にとってほんとに大きな一瞬だった。

6月27日のBlogで紹介した「Sammy Davis jr.tribute Live」の中で、Michaelともうひとつ大好きなパフォーマンスがある。
Whitney Houstenの"One Moent in Time"

終盤、Sammyに向かって声をからしながら気持ちをこめて歌い上げるシーン
"You're a winner for a lifetime
If you seize that one moment in time
Make it shine"

のところを聞くとすごく勇気づけられる。この曲は僕の応援歌。特にこのライブでのパフォーマンスがベストだと思うな。
次もその一瞬を手に入れれるよう頑張ろうと思う。

訳は以下の通り。

>日々 私はベストを尽くして生きている
>私は一人 でも独りではない
>最高の幸せはいつ来るのだろう
>富を得ては心が傷つき
>いい思いをしようとして痛い目にあった
>立ち上がったり ころんだり
>でも これだけはわかる

>私は人生の一瞬が欲しい
>それは想像以上の私になれる時
>あと一息で私の夢がかなう
>その一瞬を下さい
>私が運命と競っている時に
>夢がかなうその一瞬の中に
>私は永遠を感じるはず

>日々最高の幸せを求めて生きる
>すべてが欲しい 少しではいや
>準備は出来ている だからチャンスを下さい
>この手の中に

>あなたは人生の勝利者になる
>その一瞬を手に入れたなら
[PR]

by 4engys | 2009-10-24 22:16 | music | Comments(2)
2009年 10月 18日

Perfect Run 写真編

先週の興奮が冷めやらない我が家。何度もビデオを見返しては、「むふふふ、完璧だ」などとニヤニヤしている。そんな事してないで、早いとこ次の目標に向けて始動せねば。
北海道ブロック 写真編。
f0186476_19173420.jpg写真には、動画では気付かない、その”瞬間”の緊張感とか、気持ちを改めて感じることが出来るね。

Phoebeはスタートでハーフチョークを外した”瞬間”まるでスイッチが入ったようにテンションが上がり、からだをバタバタさせる。そのテンションのまま、同時スタートを切るタイミングを探りながら障害を確認する自分。
スタートの時の一瞬て、最高点に達した緊張感と、心を決めて一歩を踏みだす解放感とが同時にあって何とも言えない”瞬間”だな。
(photoby Chobimama)



びちゃびちゃになりながら、一生懸命走るPhoebe。
何度見ても涙がちょちょ切れるな~。(photo by Yukikosan )
f0186476_19225613.jpg

水しぶきを上げて走るphoebe.しっかり前を見て、次の障害に向かってる。
良い顔してるよな~。(photo by Chobimama)
f0186476_19251347.jpg

ジャンプを決めるLee「僕、飛びま~すっ!」(photo by Jenipapa)
f0186476_1928363.jpg

長かったPRまでの道のりのゴールを思わせるように、きれいな虹も出てた。
f0186476_19281344.jpg

でもこれは、新たな目標に向けたスタートラインでもあるんだな。
次も絶対に頑張ろう。
こんな素晴らしい一瞬をくれたみんな、ありがとう。
[PR]

by 4engys | 2009-10-18 19:50 | アジリティ | Comments(2)
2009年 10月 12日

Perfect Run

雪虫も飛んで、家の暖房も初めてスイッチ入れ、いよいよ寒い季節の始まり。今年は10月に秋の大会です。病み上がりの体ではあったけど、心も体もリフレッシュして、気持ちよく大会に挑むことが出来ました。

まずは10日の札幌西シーサイドクラブアジリティ。大型な台風が迫っていたけど、何とか2度終了まで晴天が持ってくれた。
この日はLEEもBeginer2にエントリー。相変わらず良い走りで、久々のアジを楽しくスタート出来た。貫禄の走りで2席ゲット

この日のコース図はこちら⇒ 
AGはイメージ通の気持ち良い走りで、終盤までいったのだけれど、シーソーの下りの真横で、かみさんがカメラを構えていた。明かにこれに引っ張られる形で横に降りて拒絶1、ちょっと落胆したままゴールの最終バーを落下と言うことで、惜しい結果となった。周りに引っ張られるとはまだまだ集中力が足りないな。
JPも同じく気持ち良く、しかもバー落ちもなくいよいよ最後の中抜きまで来たところで、「やったぜ!」という気持ちのまま、Phoebeから一瞬目が離れたまま足を一歩前に出したところで、後ろを抜かれた。このレースはめちゃくちゃ悔しさが込み上げてきたな。

続いて翌日11日の北海道ブロック。この日はLEEはお休み。晴れ間があるのに、頭上に雲が広がってきたなと思ったら土砂降りの雨。また暖かい日差しが戻って来るっていう秋らしい変な天気。Phoebeの出番を目前にして、雨がポツリポツリと降って来た。スタートと同時に降りが強くなり、夏の大会での悪夢が戻ってきたが、彼女を信じてテンションを上げ、スターとするしかない。しかもこのコースは同時スタートは厳しいので、待たせてスタートした。

この日のコース図はこちら⇒ 

AGは雨にもかかわらずいつも通りのテンションでいい走り。スラローム後の先行によるライン作りもきれいに決まってどんどん進み、スピードの乗った終盤、山の下りもきっちりタッチしたところで「行ける!」と思ったが、昨日の反省をしっかり肝に銘じて、最後のバーを越えるまで集中力を切らさなかった。2年越しの初AGPR!思わず両手をあげてガッツポーズしちゃった。相撲じゃないのでOKだよね。

JPフィールドは水が溜まり、地面はグチャグチャ状態。案の定Phoebeはいつものスピードは無く、上にピョンピョン跳ねる走り。それでも最後までバーを落とす事無く一生懸命走ってくれた。AG、JPのダブルCR。

初日の失敗後、ある気持ちが心に残った事に気付いた。検分も迷いなく出来たし、実際の走りもイメージ通りだったので、コースを攻略する自信と、それにPhoebeが反応する事が出来る「手応え」を感じたのだ。
「PRしたからって、上手いこと言っちゃって~、コノコノ~」だなんて言わずに聞いてもらいたいけれど、ほんとのほんとに初日の夜、かみさんに「明日は行ける自信があるよ」と話していた。なにかチームとして一皮むけたというか、コンビネーションが1ランク上がったような気がした。終わってみて一番うれしかったのは、バー落ちが無かったこと。初日のJP,AGの最後を除いては、一つ一つのバーをかなり慎重に飛び終えるまで確認しながら進む事が出来たのが良かったと感じている。

夢にまで見たポイントカード。これを手にして思ったのだけれど、この初PRこそが、3度へのスタートになったのだと思う。次回は11月のドラハ。これから北海道はシーズン終盤だけど、そこに向けてまたモチベーションを上げて、練習に励んで行こう。
f0186476_21192760.jpg


今回の大会でも、いつもの仲間やインギーズ軍団、遠征組の皆さんからの応援がすごく力になったことは間違いない。いつもありがとう。それに仲間たちもそれぞれいい結果を残したことも、自分のことのように嬉しいもんだ。これからも皆と一緒に上を目指していければ最高だね!
[PR]

by 4engys | 2009-10-12 21:27 | アジリティ | Comments(20)
2009年 10月 03日

十五夜さん出たよ

10月と聞くと、見た目も気持ちもすっかり秋モードになるね。
f0186476_2050431.jpg
今日は十五夜さん。
 
昨日の雨も上がり、今日は絶好のお月見日和。蛍光灯を消して真っ暗な部屋から見ると、眩しいくらい見事なお月さま。
世界中には太陽信仰をはじめ、星座や月も含めた宇宙の存在を祀り事としてきた歴史があるけれど、この"秋"の季節に満月を見て、何かホッとした気持ちになるのは日本人だけだろうか?暑い夏が終わり、忙しかった季節に一息ついて、豊穣の季節を迎え、ふと空を見上げるとまん丸のお月さま。収穫されたばかりのお米を、月でウサギがついてくれてるなんて、なんてロマンのある発想だろう。十五夜さんと「さん」付けで呼ぶのもどこか嬉しい気持ちになるね。


今日は大学のオープンキャンパス。牛のマスコットの前で。
f0186476_2231361.jpg

奴らの眼差しの先には大学のマスコットのヤギ君がいたのだ。

有機野菜の直売もありました。こんなに買って500円。Phoebeの奴、大好きな野菜を目の前にベロがペロ~ンってなってる。後で芋を茹でて一緒に食べよう!
f0186476_227387.jpg

おんこの実もいっぱいついて来て、いよいよ秋本番。雪虫くんが現れるのももう真近だね。
f0186476_22101473.jpg

[PR]

by 4engys | 2009-10-03 22:31 | 兄弟 | Comments(6)