Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 26日

ハチさん来たよ

 わが家の庭で、今一番華やかに咲いているのが、「萼紫陽花」。
f0186476_1973258.jpg

 見てると、なんだか気になる音がする。たくさんのハチさんが一生懸命蜜を回収していた。
f0186476_199113.jpg

 マルハナバチの種類だと思うのだけれど、10匹くらいのハチがそれこそ一心不乱に次から次へと花を渡っている。カメラを接写モードでハチまで10cmくらいで撮っているのに、一切こちらを気にする様子も無い。もともとマルハナバチはおとなしいハチのようなので、こちらも恐怖は無かったけどね。今年は晴れ間が少ないから、「採れる時にいっぱい蜜を採っておこう」って感じで一生懸命働いてた。僕も明日からまた頑張って働こう。
f0186476_19202628.jpg
昨日は、久々に犬仲間のお宅でパーティー。アインもブルーもたくさんの美味しい料理を前に、いつまでも眠気を忘れて、スキを狙ってた。そんな犬たちに注意を払いながらも、我ら人間達は、夜おそくまで美味しい料理とお酒と話で盛り上がった楽しい一時でした。














チキンやおいなりさんを前にブルーとリー
「写真撮り終わったらもらえるはずだよ」
f0186476_19204142.jpg

そんなわけ無いだろっ!
[PR]

by 4engys | 2009-07-26 19:31 | 生活
2009年 07月 20日

DS2009 Report

 先週の仙台から続く、2009年アジリティウィークが終わった。北海道大会は2日間とも雨で、低温(17度前後)。2日目のフィールドはまるで田んぼ状態。あんな所を雨に濡れながら歩いた事すらないPhoebeにとっては、まさに地獄のレースだったと思うけど、一生懸命走ってくれた。結果はまたまた、残念だったけど、これもアジって事で素直に受け止めて、また次に向けて頑張ろう。

<結果>
1日目(7月18日)コース図はこちら ⇒ 072.gif
・Lee / Beginer2 
若干トラップに引っ張られそうになったが、しっかり呼び戻してPR。3席ゲット
・Phoebe / AG2
3トンネルを逆走して失格。ハードルを中抜きした時の角度が、トンネルの逆の口に向いている事を忘れてた。良くありがちなトラップで、完全にハンドラーの検分ミス。  
        / JP2
良いテンションで快走してくれたがバー落ち2本で、5席

2日目(7月19日)コース図はこちら ⇒ 056.gif
・Lee / Beginer2
ななの子供達はみんな雨が嫌い。スタート直後、トンネルの中へ逃げ込んだ!まっ、こういうこともあるよね。
・Phoebe / AG2
びしょ濡れになりながら順番を待つPhoebe。どんな走りをするのか、スピードが全く予測不能でスタート。思ったよりも良いテンションで、しっかりと付いてくる。タッチも慎重に踏み、バーも落とさず後2本まで来たその時、ゴール直前で、まさかのバー落ち。確かに、心の中では「やった~っ」と思ったことは事実だけど、最後まで丁寧にやったつもりなのにそりゃ無いよ。
        / JP2
ますますひどくなるフィールド。でもさっきのAGの走りを見れば、スタートすれば結構テンション高いのかなと思いきや、、、全くのローテンション。テケテケ走りで全く乗って来ない。直トンネル内でいやな事でもあったのか、6トンネルを拒絶。その後「絶対に入らないっ」と言わんばかりに拒絶を重ね、あえなく失格。

 今回のコースは、オーストリアのベルントさんのコース。コース中心部はいろんな障害がグチャっと固まっているんだけど、直トンネルを随所に配置して、スピードの出るコースになっていた。この為、ハンドラーが走る事を要求されたのはもちろんだけど、全体的にそんなに難しさは感じない、気持ちよくおもいっきり走れる楽しいコースだった。

と言う事で、映像をどうぞ。


 確かにコンディションが悪かった事は事実だけれど、AGではもう一歩のとこまで行けたし、雨の中、ずぶ濡れになりながらも一生懸命走るPhoebeの姿は、けなげで感動ものだった。それに、JP2ではテケテケ走りのPhoebeにリンクサイドから「がんばれ~」の温かい声援を頂いて、すごく勇気づけられた。この場を借りてお礼を!”ありがとうございました。”
 先生からは、「もっと逞しく育てなあかん」と言われてるんだけど、出来れば大会の時の好天を祈りながら、なんとか切り抜けて行きたいな。ななの子だし、やっぱり飾り毛をなびかせながら走る姿が見たいからね。
 次は10月。次でのPRを信じて、ゴールした時のイメージなんかも作りながら、練習頑張って行こう。
[PR]

by 4engys | 2009-07-20 11:01 | アジリティ
2009年 07月 13日

仙台遠征

今年も仙台遠征に行ってきた。
f0186476_1842301.jpg

結果は一言で言って、残念。AG、JPそれぞれ1完走、1失格。目標の表彰台はおろか、PRもななかった。
そこで、常宿の奥松島にある、野蒜(のびる)海岸で松島をバックに一首(松尾芭蕉をサンプリング)

でも、それはそれとして、来週の北海道大会に向けて前向きに行こう。
コース図はこちら072.gif(11日の1度はありません)
 2度に上がってからの遠征では5回目/7走目(仙台でも始めて)にして、AG2初のGoalが出来た。Phoebeを右に付けてのスラロームも、本番で初成功、など、収穫もあったじゃないか。
 でもやっぱり、詰めの甘さは否めない。12日のAGでは、今課題のバー落ちは無かったものの、今年順調だったタッチに泣いた。シーソー横飛び、山の下りを一っ飛び。詳しくは動画をどうぞ。

今回のレースを一言で表すならば(芭蕉抜きで)、、、、、、、
f0186476_1929314.jpg

てなかんじです。

 そんな中でも、今回またまた集まったチームインギーズは最高に楽しかった。ジェニファー、ハンナ、ルーク、ビオラ、ララ、バルド、リオン、そしてフィービー。インギーならではのハンドリングを検分しながらアドバイスしあったり、目指すアジを確認しあったり。昼も夜も盛り上がりました。ビオラはAG1初CR、バルドはAG2初CRと、感激の瞬間を一緒に味わえたのが嬉しかった。団体戦でも1席取ったしね。
 北海道から遠征のお仲間達も良い結果をだした。シェルティのリンとボーダーの胡桃は晴れて2度昇格を決め、堂々の表彰台。チワワのイヴちゃんも初のCRで表彰台。
 個人的には残念な結果だったけど、いろんな方から応援メールをもらったり、仲間が良い走りをしたりした事でみんなから感動をもらったので、今回も良い遠征だった。
 来週はいよいよ北海道大会。PRを意識せず、僕がどんどん気持ちよく走ってアジを楽しもう。そしたら結果はきっと付いてくるって事を信じて、その日を迎えようと思う。
[PR]

by 4engys | 2009-07-13 19:56 | アジリティ
2009年 07月 05日

We are ready!

 昨日、アインが来た。月に一度のフィラリアとシャンプー&爪切り。久々に4人連れで1時間くらいかけてゆっくりとお散歩。途中芝生で休憩して、の~んびり、ゆっくり。良い時間だったな~。
f0186476_2202675.jpg

 来週はいよいよ仙台遠征。ブルーたちのシャンプーもしばらく出来ないので、この際みんな一緒に、トリミング⇒シャンプー⇒爪切りのフルコース。Phoebeは来週の大会に気合を入れる気持ちも込めて、足の飾り毛をいつもよりも短めにカットの、”スポーツ刈り”
f0186476_2241159.jpg

 カットもOK。愛車のゴルフも夏タイヤにチェンジ!そして今日はU人セミナー。
 アジ界の”シャラポワ”を目指すPhoebe。走りはもちろん、スタイルもバッチリ決めて、伊達の地でのAGPRを目指す準備は完璧だ。
  ”Yes!We are Ready!"

 今日のセミナーのコースをアップします056.gif
 朝9時から夕方5時半まで、8つのシーケンスを順番に試していった。自分の番を待つ間、お仲間のレッスンを見るのもすごく勉強になる。こうして皆と一緒にレッスンを受ける事で、それぞれの目標クリアに向けて頑張る事を応援する気持ちも嬉しいものだ。
 先生からは、ハンドリングが丁寧すぎて、スピードを殺していると言う事と、Phoebeにはリアは不要で、フロントと、僕の足でとことん引っ張るようアドバイスされた。今年僕がつかんだ方向性とは逆なんだけれど、確かにスピードが落ちた事は事実だし、丁寧なハンドリングが、ストレートなコースではPhoebeにバー直前の躊躇を誘い、バー落ちの原因になっている可能性がある。来週はこれまでのところ良かった丁寧さと、スピードを上手く使いわけて、PRを目指す。迷いは禁物だからね。
 今日は、エアプレーンを多様してみた。思ったよりもスムーズで、Phoebeへのプレッシャーも先行よりも無いのではないかと感じた。
 とにかく、準備はOK。来週は30頭以上の出走もあるので、PRはもちろん、表彰台にもこだわって行きたい。来週をお楽しみに~。。。。。。
 
[PR]

by 4engys | 2009-07-05 22:41 | アジリティ
2009年 07月 04日

デッサン

 大好きなBlue&Phoebeの一瞬、一瞬を記憶する写真の数々。そんな写真とはまた違った表現力で、彼らの魅力を引き出してくれたデッサン。
f0186476_21284489.jpg

 絵の勉強をされている学生さんに描いていただいたのだけれど、インコの流れるような毛の美しさや、やさしさなんかがすごく表現されてるよね。2人の仲良し~な感じが暖かく伝わってくる、癒しのデッサンです。なんか、この絵を見てると、”ホッ ”とするな~。
 ありがとう。

 
[PR]

by 4engys | 2009-07-04 21:55 | 生活