<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 30日

1等賞獲ったよ!

f0186476_22253877.jpg

 5月30日。2009年、北海道で始めてのアジリティ大会が開催された。朝方から会場へ向かう途中は、霧雨混じり、会場では冷たい強風と、昨日までの気持ちの良い天気がうその様。でも、走るしかない。 
 この日の目標は、JKC初レースとなる、Leeの表彰台とPhoebeのAG/PR。
 まずはBeginer1・2。Leeは期待通りの走りで、ダントツの1席だった。すごいぞ!Lee。Leeは僕に離れず付いてくるので、障害の近くを丁寧になぞれば、間違いなくクリアできる安心感がある。それでも今日のBeg2は今まで彼が経験した事の無いような複雑さと、緊張感があったと思うのだけれど、奴はちゃんとやってくれました。2レースとも1席で、ブルーのロゼットをゲット!

ブルー監督を挟んで、ルーキーのLeeとJP,AG共にゴールしたPhoebe
f0186476_22414474.jpg


 今日の僕は結構リラックス出来ていた。昨年の失敗を冬の間に色々考えたし、春先からの練習、アジQ、セミナー、それにお仲間からのいろんなアドバイスをもらって、結構良いイメージが出来つつあったから。
 今シーズン、課題のタッチはかなり安心出来るようになったので、この日は特にバー落ちに集中した。バー落ちの最大の原因は、「変なとこでのフロントスイッチ」(by ルークねぇ)
 なのに、イザ検分に入るとどうしてもフロントしたくなる。
 コース図です。(1度と3度は検分してないので、ちょっと不安ですが) 
 JP2では4ハードル⇒5トンネルへ、11ハードル⇒12トンネルへ、15ハードル⇒16トンネルへそれぞれフロントで入れるような検分をした。しかし、レースを待つ間、あの人の声が。「変なとこで。。。。。。」急遽、頭の中で検分し直し。シンプルに、Phoebeを信じて呼び込むことにした。結果はすごくスムーズなハンドリングになったと思う。
ミディアム仲間の、チョビママからも、「変なスイッチが無くてスムーズだった」とコメントをもらえた。こういうのってすごく自信になるな。
 残念ながら、JP、AG共に2本づつバーを落としたけれど、拒絶や、アンタッチも無く、なんと言っても今年の目指すレースである「Goal」が2本とも出来た事で、納得がいくレースだったと言えるし、ハンドリングに対する方向性が見えた気がする。後はバー落ちの克服に向けて練習あるのみだ。
LeeとPhoebeの快走(残念ながら、AG2の動画がありません)

 次は7月の仙台、北海道と続くアジ月間。あとはどこでPRするかが問題か?
[PR]

by 4engys | 2009-05-30 23:27 | アジリティ | Comments(13)
2009年 05月 24日

ファッションショーに出て来たよ

f0186476_1838193.jpg
 
 今日は近くの大学のローンで、セラピードッグ協会主催のわんわんフェスティバルが行われた。アジ仲間がスタッフとして参加されているし、昨年に引き続き、散歩のついでに見学に行った。今年もファッションショーが行われていたので、昨日の合羽姿を思い出し、一度家まで戻りサングラスとスヌードのセットを準備して、2連覇目指して出かけた。
f0186476_18151098.jpg

昨年はグリーンドームで行われ、かみさんの手編みセーターで見事優勝!テレビ局のインタビューも受けたっけな。今年は優勝こそ逃したが、見事「ナイスペア賞」をゲット。ペアのサングラスが効いたらしい。
これは昨年の様子
f0186476_18164982.jpg

 セラピードッグの普及を目指して、寒い中皆さん一生懸命イベントを企画、開催されていた。まだまだなじみの無いセラピードッグや介助犬。テレビなどでは見たことがあっても、実際の現場はあまりなじみが無い。でも特別な犬ということじゃなくて、どんな犬でももっと身近で、人といろんな所で共生出来る社会になれば、もっと人も犬たちも幸せになれるんじゃないかな。だからこういうイベントはすごく大事だと思う。
 犬を飼う人達は人間社会で犬と共生する為に必要な事をもっと考えて、学んで、実践すべきだし、その姿を犬飼じゃない人たちにアピールして理解してもらう事で、真の共生社会になって行くのだと思う。
 ケンジントン公園で見た、ノーリードのデーンと、その近くを駆け回る子供達や、それを笑顔で見守る親達の自然な光景がすごく印象的だった。想えば、昔のモエレはそうだった。けど今は犬の立ち入り禁止。それが今の日本の犬と犬飼への社会の評価と言える。一見社会に認められる存在と勘違いしそうな風潮もあるけど、ほんとの意味ではどんどん人と犬社会の溝が大きくなっている気がする。昔、玄関先や庭で鎖に繋がれ、「番犬」としてにらみを効かせていた時の方が、よほど社会の一員として認められていたと言えるかもしれない。
 だから、僕はアジリティを通して、飼い主の責任の意識や、犬との生活の魅力をいろんな人に知ってもらえたら良いなと思ってます。(長文御免)

 その後、アインを迎えに行って、ワクチン大会会場へ。久々に犬友や犬本人達にも会う事が出来た。
アインとランド、スカーレット。左隅っこにブルー
f0186476_18194359.jpg

その後アインを実家に送ってったんだけど、「今日は注射だけ?遊ばないの?」って感じで玄関先でキョトンとしてた。6月に入ったら、また遊びに誘いに行くよ!
[PR]

by 4engys | 2009-05-24 19:22 | 兄弟 | Comments(7)
2009年 05月 23日

雨降ったよ

f0186476_20502061.jpg
 おととい、あんなに良い天気だったのに、休みの今日は雨。それでも今年は晴れが多いので、恵みの雨と感じてる人もいるだろう。テニスでは都市対抗戦が行われているが、このくらいの雨なら大丈夫そう。江別は来年も1部残留に目処が付いたとかで、今日は懇親会で思う存分飲めるそうだ。
 こんな日は、合羽で散歩すれば、また楽しい時間が過ごせる。
f0186476_2052395.jpg

リーはなんだかライラに出てくる、鎧熊みたいだな。

 明日はワクチン大会。来週の本番に向けて、最後の練習は出来なかった。でも、先週まで良い練習が出来たので、不安や、気負いは今のところ無い。今は良いイメージで大会に臨める気がするな。
[PR]

by 4engys | 2009-05-23 20:59 | 兄弟 | Comments(2)
2009年 05月 17日

またまた、アジしてきたよ

速報。
第1回WiseDog AGQ in Green Dog
 期待の新人、Leeは今日も絶好調。Beg1、2共にダントツの1席。出頭数が少ないので、席順よりもやはりタイムで判断したいが、申し分の無いタイム。僕をしっかり見て、注意深く障害をクリアしてたな。Beg2でゴール後、学生のおねえさんに「すごいでしょ!」って感じでアピールしてた。この調子なら本番での表彰台は間違いないだろう!頑張ろうLee!
Lee


 今日のPhoebeは一言で言えば、かなり良かった。5走して完走4回。バー落ち2本。セミナーや練習の成果を実感できる内容だった。
 <良かったとこ>
1.今回のテーマ「スイッチ」。特にリアスイッチを意識してやってみた。幸いに、JP1ではリアスイッチを2回試せるコースだったので、行きも帰りもリアでやってみた。いつもなら先行したくなるコースだったけど、リアもかなりスムーズだった。これは使える。
2.JP2のスラロームでは、Phoebeを右に付けて走るコース。この位置ではかなりの確立で抜ける。この日は、リトライと合わせて2回チャレンジしたが、2回ともに抜けなかった。実際のレースで使う自信が付いた。
3.2本目のバー落ちが予測されるシーケンスを見極めて、同時スタートと併用する事が出来た。リアスイッチを使う事で、バー落ちも押さえられた。(バー落ちは、リトライのJP2のみ)
4.タッチは全てクリア。(AG1の山の下りは若干ヒヤッとしたが。。。)
 <課題>
1.予期せぬ場所での拒絶に対する、咄嗟の判断力、回避策(JP2のラスト)これは、セミナーでも先生から指摘された。
2.スタート。練習や、セミナーではかなり待てたが、やはり本番では、いまいち抑えが効かず、見切り発車となった。
Phoebe

 と言う事で、全体的に課題が克服つつある事を実感出来たAGQだった。本番まで2週間。この調子で僕が落ち着いて、変な色気を出さずに、練習の成果を出せば、PRを達成する自信が出てきた。期待して下さい。
※当日後半、予報通りに雨が降り出したため、AG2の画像がありません。

コース

みんな、お疲れさんでした。
[PR]

by 4engys | 2009-05-17 22:34 | アジリティ | Comments(5)
2009年 05月 13日

Seminar Impression

f0186476_21315410.gif

と言う事で、セミナーのインプレッションをアップします。
コース図と注意点はこちらにまとめました。⇒⇒⇒コース図
 今回のセミナーで感じた事の1番はスイッチ。同じシーケンスをフロントとリアで試してみると、先行だとバー落ちが多く、リアだとPhoebeとのコンビネーションがスムーズな事に改めて気付いた。今までもシーケンス練習ではフロントとリアを試した事はあったけど、コースの中で、しかもU人先生が仕込んだコースの中で、それを試してみて、その違いを確信できた。今なら、去年の11月の仙台、JP2の最後から2つ目のバー落ちは、回避出来ただろう。基本は先行で行くけれど、もっとリアを上手く使って、スムーズなハンドリングを意識しようと思う。もっとリアに自信が持てるよう、練習に取り入れて行きたい。
 2番目は立ち位置の意識。ボックス内での呼びのポジション、中抜き時の足の位置。全て、1歩、2歩の違いが天国と地獄を左右する事がわかった。思えば、昨年の埼玉大会のJP、秋の仙台、1日目のJPで、同じような中抜きで、同じ失敗をおかした苦い経験がある。今ならあんな失敗はしないと思うな。
(本番でこの気持ちを冷静に持てるかどうかも大事だと思うので、やはり練習で自信をつけるしかないだろう。)

 先生の目が光る中での練習は、やはりいつもの練習とは違う。あの緊張感のイメージを大会でも上手く取り入れて、冷静に検分出来れば、今の僕らは必ずCR出来ると思う。30日、きっと結果が付いてくるだろう!

セミナー後半、疲れからかPhoebeのテンションは最低レベル。仲間のレッスン中には僕の腕の中で居眠り。
スタートでのいつもの雄たけびも無い。Hop!のコマンドにも、耳の裏をカイカイしたあげく、走りもツッタカ、ツッタカ。

でも、最後は頑張っていつもの走りを見せてくれた。疲れを見せずに一所懸命コマンドに反応し、バーを跳び越す姿に、涙がチョチョ切れそうになったな。
最後のコースは、気持ちよく走りやすいコースで、実りの多い、充実したセミナーを締めくくった。
AGQのphoebe(Photo by kobemama)
f0186476_21172736.jpg

AGQのLee(Photo by ちょびまま)
f0186476_2244018.jpg

[PR]

by 4engys | 2009-05-13 22:45 | アジリティ | Comments(4)
2009年 05月 09日

Wild散歩してきたよ

f0186476_21351647.jpg

今日、学校の帰りに、Paw Photographerのjunoさんと裏庭に散歩に行った。裏庭と言っても、羊の放牧場や森の中。Leeは羊の糞に臭いつけをして、身体中糞まみれ。羊を追って走って行った時はちょっとビビッタけど、すっごく楽しそうに走り回る2人の姿は、今までに見た事の無いような幸せな光景だった。
f0186476_21392833.jpg

ワンコ本来の持つWild感が、写真という一瞬の瞬間から伝わってくるね。新しい魅力と幸せを感じる時間でした。Junoさん、ありがとう。一生の宝物です。

活き活きとした、彼らをもっと見てね~。
http://juno9dogs.exblog.jp/
[PR]

by 4engys | 2009-05-09 21:46 | 兄弟 | Comments(9)
2009年 05月 06日

さくら咲いたよ

北海道もやっと、さくらの季節。さくらと富士山を見ると、「やっぱり僕らは日本人だな~」って思うんだよね。
f0186476_21154737.jpg

近所のさくらの名所といえば、ご存知「沢町公園」
f0186476_21185682.jpg

今年のGWは好天が続いて、公園では早速焼肉派が一杯いました。

f0186476_2120375.jpgこれは庭のさくら。
 我が家を建てて2年程した時、庭になにやらぴょ-んと顔を出した1本の木。太さ1cmくらいのさくらの木だった。危うく抜かれてしまう所を、せっかくだからとそのままにしておいたら、数年前から花が付くようになった。それでも昨年は両手の指で数えられるほど。でも今年は数え切れないほど咲いてくれました。エゾヤマザクラは葉っぱもしっかり付いているので、まるで桜餅が木に生っている様にも見えるのは僕だけだろうか?
 今月末には今年1回目のアジ大会。Phoebeと僕も、我が家の庭のさくらの様に、気持ちよく「さくら咲く」というメッセージが出せたら良いな。

f0186476_21292959.jpg
先週シャンプーとトリを先延ばしにしたブルー。今日久々にトリしてすっきりとなって、もう「モジャオ」とは言わせない。
でも。。。。。
パッド間の毛も切って爪が現れた為、今度は「カチャオ」になっちゃった。トホホ
[PR]

by 4engys | 2009-05-06 21:56 | 兄弟 | Comments(8)
2009年 05月 03日

Agilityしてきたよ

f0186476_2122468.jpg

快走に胸を張るLee

2009年アジリティシーズンの幕開けを告げる、記念すべき(大袈裟か?)第1回アジQが学校で行われた。今年ビギナーで表彰台を狙うLeeも参加。相変わらずのハイテンションで、すごく良い走りを見せてくれた。僕のコマンドを注意深く聞きながら次の障害を目指す動きを実感して、これなら間違いなく行けるっ!と確信した。
 Phoebeとの走りの今年のテーマは「Touch & Goal!」タッチを確実にする事。それと必ずゴールする事だ。検分の時からとにかく「丁寧さ」を重視したつもり。それと、アジQって事もあるけど、改めて楽しく走ろうという想いを大事にした。そうすればリトライしなくて済むしね。
今回からブルーは競技としてのアジを卒業します。競技ではどうしてもブルーに無理をさせてしまうのでね。ブルーとはこれからアジやオビを楽しんでやって行きたいと思います。その分、Leeに頑張ってもらおう!
Leeの快走と、PhoebeのJumping

 今のPhoebeにとって、最も大きな課題は「バー落ち」特にスタートで待たせた時、2本目のバーが落ちやすい。この日もJp2では2本目を落とした。それと、180度、270度の旋回でのバー落ち。もう少し自分の立ち位置を考えながら、練習を積んで行こうと思う。それにしても今日のPhoebeはいつものスピード感が無かったのが気になる。JP2でのTime減点0.08秒はちょっとショックだった。まだシーズン始めだから調子が出ていないだけなら良いのだが。
Ag1/AG2

とにかく、タッチは止める!ずっとそれを練習してきたから、最近ではきっちり止まるようになった。でも実際のレースでどうか?が問題だ。でも今日はきっちりと止まってくれた。
丁寧な検分を目標にしたが、AG2だけは最後まで迷いが残った。全て気を抜く事が出来ない超難関コースで、1走目は山と、トンネル、橋が並ぶオープニングシーケンスで、トンネルに入れるところを、「ハシッ!」と叫んでしまった。Phoebeはコマンドどおりに橋を登ってドボン。Phoebeはコマンドに正確に反応したのだから、それはそれで良い。続くリトライで2回連続失敗したのは、スラロームの直線上に立っているハードル。
ここは、タイヤ行きと、ハードル逆走が多発した。大会終了後、先生のアドバイスではスラロームを抜ける時の犬との距離を自由に取る事が出来れば何も難しい事は無いとの事。確かにな~。明日からシーケンス練習を一杯やるしかないな。結局タッチまで行けなったのには後悔が残る。
今日のコースをアップします。 
(本当のコースとは角度や距離感が若干違うかもしれません。あしからず。)

それにしても、今日のAG2は難しかった。僕のレースもご覧のとおりの爆笑連発だが、その後も「本当にアジの大会か?」と思うような笑いの絶えない大会だった。それがアジQの良い所。これでレース感覚を取り戻して、30日の本番を迎えたいと思う。次は17日、月寒グリーンドームでのアジ。次こそ全レース、ゴールを目指そう。
[PR]

by 4engys | 2009-05-03 22:28 | アジリティ | Comments(15)