カテゴリ:我家の犬達( 103 )


2017年 03月 20日

今年は一人の堅雪

 この3連休は3日とも素晴らしい春の陽気に恵まれました。
 テレビでは行楽日和と言うけれど、この時期はこの晴天のおかげで、学校はぐちゃぐちゃになる為、練習も出来ず悶々としてるよ。

 この2週間、あまりにも急な展開で事が進み、あまり実感がわかなかったけれど、いつもならソファに座ると必ず隣に寄って来て、僕に体を預けるようして”へそ天”になる、あの感触が無かったり、どちらもブルーローン系のグレイ掛かったphoebeやボニコとっ違って、黒白の柄がハッキリしていた分だけ、動きに目が行きやすかった彼女がいない事で、やっと現実を受け止めるようになってます。
f0186476_17420434.jpg
 この時期限定の大学の堅雪も、今までは誰か彼かと必ず一緒で遊んで来た。
 去年はphoebeとミッシェルが一緒だったけれど、今はphoebeも一緒に散歩に行けなくなった為、今年はボニコ一人ぼっちの堅雪遊びとなりました。
 その堅雪もこの陽ざしで、今年はもう終了の雰囲気なのだ。

 そんな感じで、寂しさが募る今日この頃なんだけれど、空を見上げて気持ちの良い青空を目にすれば、なんか元気が湧いて来ますな。
f0186476_17513739.jpg
 いろんな変化が身の回りで目まぐるしく起きているのだけれど、変わらない事を脈々と、変わって行く事は上手く受け止めて、前を向いて頑張って行くしかありませんな。
 
 この陽気が続けば、今年も再来週かその次の週には、芝の上で練習が再会出来るだろう。
 その時に向けて、心も身体も準備を万全にしておかなければっ!

 散歩中に見つけたコゲラ?赤ゲラのコッコかな?
f0186476_17584193.jpg
 鳥達だって、毎年変わらぬ営みをここで続けているのだ~っ!

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村




 





[PR]

by 4engys | 2017-03-20 18:03 | 我家の犬達 | Comments(0)
2017年 03月 12日

お別れ

 3月10日(金)夜、みんなのヒロイン、ミシェルが静かに旅立ちました。
 13年と9ヶ月の犬生。そのうち、我が家にアーロンと一緒にやって来てからちょうど1年。
 異変に気付いてから約10日で、あっという間に逝ってしまったのです。

 マットの上で横になっていたミシェルは、いつものように体を起こそうとしてトイレのサインを発した。
 いつものようにテラスドアから外に出してあげると、いつもの様に、普通の(しっかりした)U(うん○の事ね)をしたよ。
 その後少しだけ嘔吐して、それからいつものように腰を下ろしてオシッコ。
 抱っこして部屋の中に入れ、マットの上においてあげると、そのままバタンと倒れ、5,6回だけ苦しそうに喘いだ後、そのまま静かに息を引き取った。

 あまりの急な展開に、僕らは何も出来ず、ただただミシェルを撫でながら、かみさんは何度も何度も声をかけてあげた。
 それでも、ほとんど苦しむ事無く、女の子らしく、静かに、綺麗に、その犬生の最後を迎えたミシェル。

 去年の今頃、運命に導かれるまま、アーロンとミシェルを迎える事を決断して、今日まで過ごした1年間。
 大変な事よりも、楽しくて、幸せな時間の記憶しかなく、ブルーが居なくなった我が家に、また新たな幸せを運んできてくれましたし、FBやこのページをご覧いただいた方々にも、その幸せをおすそ分け出来た事は間違いないと思うのです。
 だからあの決断をして、本当に良かったと思っています。

 書きたい事はたくさんあるけれど、ミシェルとの1年をビデオにまとめたので、それをご覧いただいて、ミシェルの犬生を偲んでもらえたらと思います。


 今年はもう一回アジQに出るよ、って約束してたんだけど、その夢は叶わなかった。
 ミッシェル、急ぎ過ぎだよ~。

 でも、今頃は天国で大好きなママさんや、アーロンと嬉しい再会を果たしている事だろう。
 そう思えば、良かった良かった、と言う気持ちで送り出してあげたいね。
 明日、12:30.荼毘に付されます。

 ミシェルの魅力が詰まった、おまけの動画をもう一本。


 あまりにも急なミシェルの旅立ちで、我が家にはまさに大きな穴がポカンと開いた感じです。
 それだけもう我が家の一員として大きな存在になってましたな。
 そんなミシェルとアーロンに、心から「ありがとう」、って言いたいね。

 そして、アーロンとミシェルの事を想ってくれたり、声援やメッセージを頂いた皆様にお礼をしたいと思います。
 今日、オーナーさんも、ミシェルに最後のお別れにやってっ来てくれました。
 オーナーさんからも同様に、彼らをフォローしてくれた皆さんへの感謝の意が伝えられましたので、この場でそのお気持ちを伝えたいと思います。

 これからはまた、Phoebeとボニコの2ワン生活。
 暖かい春を迎えて、アジもシーズンを迎えるし、Phoebeにとっても優しい季節になるので、我が家のワン生活はこれからも変わらず、脈々と流れていくのだ。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村


[PR]

by 4engys | 2017-03-12 20:45 | 我家の犬達 | Comments(4)
2017年 03月 05日

いっしょに春を

 先週、蕾を付けていた我が家の室内大根が咲きました。
f0186476_18485452.jpg
 広い畑で、たくさんの株が整然と並ぶ中で咲いてる所は目にした事はあるかもしれないけれど、大根の花の印象はほとんどないよね。でもこうして真近で見ると、可憐で可愛いもんですな。
 我が家に一足早い春を届けてくれましたな。

 そんな可憐な花を静かに見上げるのは、我が家の可憐なお婆さん犬、ミシェル。

 そのミシェルと、お別れの時が近づいています。

 1月21日、ついこないだ、1ヶ月半くらい前、元気に雪の学校を駆けまわっていたミシェル
f0186476_19035278.jpg
 1週間くらい前から少し元気がなくなった感じがしたのだけれど、2日(木)の晩ご飯を食べなかった。
 朝の散歩のスピードも急に減速し、へんな咳をするようになったし、日中も元気なく寝ている時間が多くなったので、心配になって昨日掛かりつけ医に行って来た。

 左のあごのあたりに、腫瘍性の塊が認められ、のどを圧迫して食べるのが難しく、分泌する粘液が器官に入って咳のような症状を起こすのだろう、という所見。
 それよりも、血液検査の結果、腎臓の状態を示す数値「BUN」が、それ以上計測不能の140(基準9.2~29.2)
 貧血を示す「Ht」という検査項目は、基準37~55に対してわずかの17を示していた。

f0186476_19351566.jpg
 先生の所見では、ここ1週間から2週間を覚悟して下さい、との事。
 この様子を見ると、確かに元気はないものの、いつもと変わらぬ様子で、にわかに信じがたく、現実を受け入れる事は難しい。
 それでも、実際に食べない事や、科学的な数値がその現実を物語っている事は認めなければならないのかな?
 
f0186476_20265020.jpg
 先週2月の28日、我が家にやって来て1年目の日をお祝いしたばかりで、歳はもうじき14歳だけれど、僕らにとっては1歳のインギーのような可愛さのミシェルなのだ。
 いろんな事を覚悟して迎えたアーロンとミシェル。
 一緒に暮らし始めて1年が経ち、もうすっかり我が家の子だな、と感じ始めた矢先のこの現実を、僕らはどう受け止めれば良いのか、まだ整理が出来ていません。
 先生のいう事が本当なのか?信じるにしても信じないにしても、これからのミシェルとの時間を、今まで以上に大切にしたいと思います。

 なんとか、ミシェルと一緒に、暖かい春を迎えたいよ。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2017-03-05 20:40 | 我家の犬達 | Comments(5)
2017年 02月 12日

14回目の誕生日

 先週末は原因不明のPC不調が発生し、たいそう不便な週末を過ごす事になった。  
 Windowsは立ち上がるものの、その後ブラウザなどのアプリケーションが立ち上がるまで十数分かかり、立ち上がってもすぐにフリーズするなどして、全く使い物にならなかったのだ。
 テレビが無くても良いけれど、スマホを持たない僕にとってはPCはある意味、快適な生活を送るための生命線である事を実感したよ。
 scandiskを実行したり、ルーターを再起動してみたりしてみても、改善の兆しはなく、ウイルスにでもやられたかな?と思ったけれど、火曜の晩にいつものように立ち上げてみると、これまた何故かは不明だけど、すっかり通常に戻っていた。

f0186476_18392855.jpg
 そんな不便な日も、ワンコと過ごす時間はいつもと変わらない。
 スッキリ晴れた青空の中を、久々に3ワンズで散歩したよ。
  
 そして、2月2日はphoebeの14歳の誕生日。(ブルーが生きてたら、3日が17歳の誕生日だったのだ)
 同胎犬のLeeと一緒に、Phoebeの生家にて、ナナベイビーのポーファミリーと誕生日をお祝いしたよ。
f0186476_18483680.jpg
 phoebeは正真正銘、この部屋の板の間の上で生まれたので、ここでこの日を、ファミリーと一緒に迎えられるのは、すごく幸せですな。
 それに、生まれた時の事が、昨日の事の様に蘇って来るんだよな~。

 得意満面なナナと、生まれたてのベイビーたち。
f0186476_18583974.jpg
 産後の様子はこちらのページで詳しく紹介していました。
 ブルーとフィービーのページ

 今日からまた1年、来年の誕生日を楽しく迎えられるよう、これからも元気に過ごして行ければ良いね。

 と言う訳で、お婆さん犬二人はかみさんと一緒にスヤスヤと昼寝を決め込んでるよ。
f0186476_19073840.jpg
 すごく窮屈な感じだけど、これが彼女たちにとっては居心地が良いんだろう。
 だから、好きにすればいいよ。居心地のいい暮らしは長生きの元ですからな。
 
 さてさて、札幌雪祭りも今日で幕を閉じ、いよいよ来週は「冬季アジア札幌大会」の開幕だ。
 本当なら今日がボランティア初日だったのだけれど、APAホテルの部屋内書籍問題により、中国、韓国選手団のホテル変更に伴い、今日の仕事は直前キャンセルで、来週19日(日)が初出勤となった。
 今回はアジア大会だから、欧米からの参加は無いのだけれど、冬のスポーツとしては馴染みのない国からの参加もあるよ。
 Skype英会話の先生の住むフィリピンからはフィギアへの参加もあるし、中東はバーレーンやカタール、UAEなんかからもやって来る。トランプ大統領令によって米国への入国を止められそうになったイランの選手団も、アルペン、アイスホッケー、スノーボードに参加するよ。
 そんな選手たちが宿泊するホテルでの仕事なので、僕はみんなをWelcomeの気持ちで迎えてあげたいし、みんなが100%の実力を発揮出来るよう、しっかりフォローしたいと思ってます。

 皆さんにも、日本選手の活躍はもちろん、色んな環境からやって来る選手たちを応援してほしいですぞっ!
 
 2017冬季アジア札幌大会

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2017-02-12 19:47 | 我家の犬達 | Comments(2)
2017年 01月 15日

ボニコ、テレビデビュー

 昨年11月に滋賀県、竜王町のドラゴンハット(通称ドラハ)にボニコと遠征に行った際、初めてビアディのハンドラーさんとお会いした。 
 それもドラハ遠征の大きな収穫の一つだったのだ。 
f0186476_19043582.jpg
 2歳のモモちゃんはこれからアジリティビアディの道を歩むらしい。

 そんなモモちゃんとオーナーさんとの初対面で話が盛り上がってる時に、本格的なプロ仕様のビデオカメラを肩に担いだテレビクルーらしき人が撮影していた。
 そのクルー曰く、テレビ東京のカメラマンで、番組用の取材中で、
「老犬でもアジリティをやっている、ビーグルのパオちゃんと他の犬が絡むところを撮らせてもらっています」
 との事。
 ボニコもモモちゃんも、優しくパオちゃんに絡んでくれたのだけれど、とにかく僕らは初めての出会い感激していて、番組の放映日時や、番組名すらも聞く事を忘れてしまっていたのだ。

 年が明けて、今年初の練習に学校に行った際。今野先生から
「年末の”どうぶつピース”って番組に、ボニーらしき犬が出てたよっ」
 って言われて、そう言えば撮影されてた事を思い出し、それ間違いなくボニコだよって事になったのだ。
 その情報を、モモちゃんのオーナーさんに伝えたところ、彼女も番組の事を忘れていて、あわててNetをくまなく探してくれて、動画を発見してくれたよ。
f0186476_20335872.jpg
ボニコ2歳ってのはチト誤情報だけど、レア犬種だったことが功を奏したのか、見事に2頭のビアディが全国放送に登場したのだ。
f0186476_20415858.jpg
 まさか、放送されるとは思わなかったので、そんなんならもう少しサービスアクションしておけばよかったな。
 実際の動画はこちら。⇒ テレビ東京 どうぶつピース (23:50頃登場します)

 パオちゃん15歳で、ボニコ4歳だから、まさに孫くらいの差ですな。
 それでもパオちゃんはホントに元気だった。いくつになってもアジの楽しみ方はいろいろあるんだな~って事が分かりました。

 phoebeと何年も通ったドラハ。残念ながらphoebeはもう、バーを上げた状態でのアジは出来ないけれど、それはそれとして、別の方法でいっしょの時間を楽しむ事はたくさんあるね。
 今年phoebeと共に14歳を向かえるミシェルは、パオちゃんに負けないくらい元気だよ。
f0186476_20584621.jpg
 去年は初めてアジQにも出たし、今日もボニコと一緒に元気に裏山を走りまくってた。
 この調子なら、パオちゃんに負けづ、今年もアジQに挑戦してみるかっ!
 
 今の時代、見逃した動画でもこうして何とか見れるなんて、本当に便利な世の中だなって事を感じましたぞ。
 思いがけず、テレビ初出演となった訳だけど、結構テレビ映えしそうなシルエットかもしれないので、次はモデル犬にでも挑戦してみるかっ!

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村

[PR]

by 4engys | 2017-01-15 21:07 | 我家の犬達 | Comments(0)
2016年 12月 04日

ブルーッ!

今、一番お気に入りの曲、Nulbarich - NEW ERA
f0186476_17374547.jpg

 ブルーが僕らのもとを去ってから、早1年が過ぎました。
 それを期に、思い出の写真を集めてトリビュート写真集なんかを作ろうかな,と思い、アジシーズンが一段落したこの週末、膨大な量の過去の写真を順番に開いてみて、候補写真を探したのだけれど、どの写真にも想い出がありすぎて、ピックアップなんて出来ないし、その時の事を思い出しながらの作業は、時間がどんどん過ぎて行き、とても終わりそうにないので、あきらめちゃったよ。

 その代り、長年書き続けて来たこのblogをじっくりと読み返し、ブルーとの想い出と共に、僕らがどんな時間を過ごして来たのか、ゆっくりと辿るきっかけとなったので~す。
 そうすると、僕らは、我が家や友達の犬達を通して、すごく幸せで、豊かな暮らしをしてきたって事が分かって、改めてブルーたちに感謝したい気持ちになりましたな。

 この一年、ブルーが居なくなった寂しさを埋めてくれるように、アーロンとミシェルが我が家にやって来てくれて、さらに、楽しくて、幸せな瞬間を収めた写真が、どんどん増えているのだ。

 そんな中から、なんとか1枚今日のblogの為にピックアップしてみたよ。
 これは2006年11月,かみさんとPhoebe、それにアレク家と、大好きなエルクと一緒にお伊勢参りした際、泊まったホテルでプロのカメラマンに撮って頂いた写真。
 これぞ、This is Blueって感じの写真なんじゃないかな~。
 この1枚の写真からも、数えきれないほどの数々の想い出が蘇って来て、そう思うとやっぱりブルーは今でも僕等のそばにいるんだよな~、なんて思えて来るのです。

 そして今日もまた、我が家の最新のメンバーズで、いつものモエレに行って来たよ。.
f0186476_186163.jpg


 我が家の歴史にはいろんな犬達が、その時代、その時代に、喜びや、悲しみを含めた、色んな瞬間を与え続けてくれて、僕らの人生を素晴らしいものにしてくれているのだと思います。
 この曲、Nulbarich の NEW ERAって、たぶん「新しい時代」って意味の曲だと思うのだけれど、この心地良いサウンドの様に、phoebe、ミシェル、ボニコと一緒に、我が家の新しい時代を楽しんで行きたいね。
 ブルーもそばで見守ってくれるね。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2016-12-04 18:25 | 我家の犬達 | Comments(2)
2016年 11月 13日

鹿三昧

この週末は、気温が上がって10℃前後に達した為、先週の雪もすっかり解けてしまったよ。
でも、雨が降ったりやんだりで、何も出来ない週末となった。
来週のドラハに向けた練習も出来ず、少し不安を抱えたままでの旅立ちとなるな。

そんな中、土曜日はアジ友に届け物があったので学校へ。
ついでに先生の撃った鹿肉を買って、帰りはかみさんと恵庭に出来たイタリアンでランチと洒落込もう。
なんて思いながら向かったら、いつしか“ついで”がメインになって、肝心の届け物を持って行くのを忘れてしまった。
そういう事ってあるよね?おかげで、恵庭を2往復。

と言う訳で、時間を無駄に使った昨日は、唯一鹿肉を仕入れて来た事が収穫かな?

肉の他に角もあった。
f0186476_20153266.jpg

味が良いのか、歯触りが良いのか、噛み心地が良いのか?
結構お気に入りのご様子。
f0186476_20155472.jpg


とてもきれいな赤身の鹿肉をまずはジャーキーにしよう。
f0186476_20162439.jpg

スライスして、オーブンで低温(130℃)で両面30分。
小さい切れ端は、そのままワン達にプレゼント。
f0186476_20165476.jpg

余熱でしばらくそのままにすること十数分。

美味しそうなジャーキーの出来あがり。
f0186476_20211436.jpg


そしてお次は、、、、、、
最近、ボニーの食事を生肉に変更した。
手羽先だって、生でそのまま“バリバリ”って良い音を立てながら美味そうに食べてるよ。
そして今日は獲れたての鹿肉の赤身のディナー。(プロセスド ベジタブル添え)
見た目とはうらはらに、贅沢な食事ですな。
f0186476_2017256.jpg

Phoebeとミシェルにも生肉をやってみたけど、美味そうに食べてたよ。

と言う訳で、今週末は動き的には存分に楽しめたとは言えないけれど、鹿角、生肉、ジャーキーと、鹿三昧で楽しめたんじゃないかな?

来週はいよいよ、4年ぶりのドラハ遠征。
ボニーは初のドラハでの3度挑戦となる訳だけど、絶好調の今シーズンの調子そのままに、自信を持って挑んで行こうと思うよ。
4年前、必ずここに戻って来るって事を誓った事を、ボニコと、しかも3度で戻って来れるなんて、信じられない様な、出来過ぎな展開だけど、気負わず,常に楽しむ事が出来れば、今のその実力を存分に発揮する事が出来るだろう。

次回、この場で良い報告が出来るよう、頑張って来ます。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2016-11-13 20:41 | 我家の犬達 | Comments(4)
2016年 11月 06日

一気に冬本番

落ち葉だ、紅葉だ、焚火だ~、なんて言って秋を楽しむつもりが、今年は一気に冬がやって来ましたぞ。

その光景は、早くもクリスマスをイメージさせてくれて、室内に流すMusic チャンネルもクリスマスソングにしてみました。
Accu Radio / Holiday  (Christmas) 
(Sign upは無視して聴けますので、お好きなチャンネルを選んで聴いてみてください)


イチョウの枝に積もる雪
f0186476_16571396.jpg

イチョウの葉と雪のコラボの図ってあまり見た事がないな。
f0186476_17243014.jpg

真っ白な雪の上に緑のイチョウの葉ってのも、白いクリームのケーキの上に乗ったミントの葉のような感じで、悪くはないけれど、やっぱり違和感があるわな。
しかも今年はとうとう葉が黄色くならなかった。

今日の散歩の様子。
f0186476_178574.jpg

もう完全な冬景色ですな。
まだまだ心の準備も、庭の雪囲いも終わってないのに、これは無いよな。
それでもワンコたちは少し興奮ぎみに大はしゃぎしてましたぞ。

ちなみに去年の昨日、というか例年はこんな感じです。
f0186476_1765319.jpg

積もっているのはもちろん雪ではなく、たくさんの枯れ葉たち。
歩くとカサカサって音がして、温もりさえ感じましたな。

ただし、まだ気温が高めの湿り雪の為、雪球付着警報が出ていて、結果もこんな感じ。
f0186476_17155640.jpg

これでもかなりとれた後の光景で、ブドウの様な感じだけれでど、散歩中は最大で15cmくらいの雪球がまるでマンゴーの様に彼らの足にいくつもぶら下がり、歩く事もままならず、途中で何度か除去しながらの散歩となりましたぞ。

今日は本当は今年最後のアジQの予定だったけれど、もちろん中止。
ドラハまでは後、来週末しか練習のチャンスが無いので、何とか週末までに解けて練習出来る事を祈るよ。
遠征時の滋賀県地方はちょうど紅葉が真っ盛りの季節。
今回の旅路編を色々計画しながら、紅葉スポットを探しているのだけれど、もう少しアジと秋を楽しみたいもんですな。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2016-11-06 17:31 | 我家の犬達 | Comments(0)
2016年 10月 10日

新しい関係性

アーロンがいなくなって1週間。
アーロンが住んでいたカウンター前のスペースは、ポッカリ穴が開いた様な感じで、寂しさが増しますな。

心配だったミシェルの様子も、今までと変わりなく???
いや、いや少し変化はあったかな?

特に食後、やたらとボニーと絡むようになったのです。
ボニーが仕掛けて行ってるのもあるけれど、今までこんな感じで絡み合う事ってなかったのですぞ。
アーロンがいた時は見せなかった行動なので、どういう心理の変化があったのか、チト不思議な感じがしますな。
まるで、
「これからは自分が仕切って行くわよ」
とでもいう感じです、かな?



夜寝る時は、ミシェルも一緒に寝る様になりました。
それどころか、隙あらば布団の中に入って来ますぞ。
これからの寒い季節はこっちも快適、湯たんぽいらずで良いですけどね。

と言うわけで、我が家のワンズはそれぞれの個性を出しつつ、新しい関係性を構築しながら、これからも元気に楽しくやって行けそうです。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2016-10-10 18:49 | 我家の犬達 | Comments(4)
2016年 10月 02日

お別れ

f0186476_18471010.jpg


今日10月2日、朝8時頃、アーロンが静かに息を引き取りました。
我が家に来てから7ヶ月とちょっと。
短い間ではあったけれど、最後まで生き抜きました。

 里親として迎えた時から、最後のこの日を、やわらかな布団の上で、安らかに看取ってあげたいと思っていたので、休みの朝、我ら二人がいる前で逝ってくれたのは良かったと思ってます。
 多くの皆さんから応援のメッセージを頂いた事はアーロンにも届いただろうし、我らも凄く励ましとなりました。ありがとうございます。
 ブログやFBで、アーロンやミシェルの事をお知らせする事で、一人でも多くの方に「アーロンどうしてるかな?」と、ちょっとだけで良いから思ってもらうだけで、彼への励ましになると信じてましたし、彼が元気に今を生きているって事を証明したかったのです。

 今日夕方には火葬となりましたが、前のオーナーさんにも来て頂き、最後を一緒に見送る事が出来て良かったです。
 久々の再会で、ミッシェルも嬉しそうでした。

 アーロンを迎えた事で、もちろん大変な事もあったけれど、それ以上に一緒に生活する時間から感じた嬉しさや、幸せがありました。
 彼らを里親として迎えてほんと良かったと感じています。

f0186476_19272213.jpg

 我が家は今日からフィービー、ボニコ、ミッシェルの3ワン暮らし。
 アーロンがいなくなった事が、ミッシェルにどんな影響を及ぼすかチト不安だけど、フィービーとボニコ、それにミシェルを応援してくれる方々がたくさんいる事を忘れずに、我ら夫婦でフォローしてあげよう。

 これからもそんなワン達を見守ってあげてくださいますよう、ヨロシクお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
 
[PR]

by 4engys | 2016-10-02 19:56 | 我家の犬達 | Comments(9)