Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 28日

13年ぶりの再会

 先日来、保護を目指していた「幸ちゃん」は、多くの方の熱い情熱と協力で、先週無事保護されたと言うレポートがあり、ホッと胸を撫で下ろした。
 FBを見てると、毎日のように里親募集や、保護犬に関する情報が伝わってくるね。
 遠くスコットランドのビアディ友達からも、15歳のビアディ、その名も「ボニー」が行方不明!とのレポートが出され、多くの人のシェアと捜索活動で、翌日には無事発見との情報もあり、こちらも一安心したのだ。

 我が家でも、少しでもそんなワンコたちの力になりたいな、と思っていたところ、ひょんな事から、新しい家族を迎える事になったよ。
 
 13年前、良く会っていたインギー仲間のアーロン君
f0186476_18462217.jpg

 
 その後、我が家がアジにはまった事もあって、自然とお会いする事が無くなったのだけれど、最近、とあるところで里親募集している情報を発見したよ。
 オーナーさんに13年ぶりにお会いして事情をうかがうと、やむにやまれぬ状況があった事を知り、何とか力になれないものかとず~っと考えていたのだ。
 
 13年前会ったのは、ブルーがくれたインギーの輪だったね。
 そして昨年、ブルーがいなくなったこのタイミングでの情報との出会い。
 こりゃもう、インギーがくれた縁と言うか、ブルーからのメッセージの様にも感じたのだな。
 と言う事で、14歳のアーロン(オレンジローン)と12歳のミッシェル(ブラック&ホワイト)を我が家で迎える事にしたよ。

f0186476_19113638.jpg

 今日はとりあえず、phoebeやボニコとの相性を見たり、アーロンとミッシェルが我が家に馴染めるかのお試しなのだけど、迎えると決めた以上、しっかりと彼らを面倒見る覚悟は出来ている。
 
 今のところ、phoebeやボニーの反応も全く問題なく、やっぱり人が心配するよりも犬達は犬達なりに状況を把握して,理解しているようだ。

 オーナーさんが帰った後、早速みんなで散歩に出てみた。
 我が家で、みんなで暮らすなら、やっぱりまずは一緒に散歩して、一緒に行動する事で共同生活の意識が強くなるね。
 そうする事で彼らも安心できるだろうしね。

f0186476_19205816.jpg

 ご覧の通り、ミッシェルはもうすっかりphoebeとボニコの散歩にも馴染んで、良い感じでスタス歩いていたよ。

f0186476_19195942.jpg

 
 我が家にとって、ワンとかかわる事はまさにライフワークでもありますな。
 ワンと暮らす事で、色んな意味で、人生の素晴らしさを味わわせてもらって来たのだから、これもワンズ、インギーへの恩返しかなと思うのだ。
 別れ際、オーナーさんの無念な気持ちが伝わって来て、その気持ちの為にも、彼らをしっかり家族の一員として迎えてあげねばっ!と言う気持ちが強くなりました。
 と同時に、新しい環境になるphoebeやボニーの事も、もっと大事にしてあげなければならないね。

f0186476_20194933.jpg

少し疲れて、リラックス出来たかな?
f0186476_20201389.jpg


オーナーさん、
「安心してくださいっ!大事にしますからっ!」


にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
 
 
  

 

 
 
[PR]

by 4engys | 2016-02-28 20:44 | 我家の犬達


<< 春遠し、されど、、、、      待ち遠しい季節 >>