Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 21日

待ち遠しい季節

  待ちに待った、今年のグラミーも盛り上がりましたな。
大好きなEd Sheeranが最優秀楽曲賞を受賞して、両親とのエピソートなんかを交えたスピーチも含めて、ほんと良かったな~と感じたのでした。

 オリジナルはもちろん素晴らしいけれど、こちらのハーモニーも聴きごたえがありますぞ。
Thinking Out Loud / I'm Not The Only One MASHUP (Sam Tsui & Casey Breves) (別タブで開きます)

 待ちに待ったと言えば、今年もやって来ました、排雪の季節
f0186476_17372563.jpg


 今年は今まで経験の無い様な小雪の冬で、道の両脇から圧迫されるような雪の山は無いけれど、それでもこの雄姿を見ると、
 「いよいよ春が来るんだなっ!」って気持ちが強くなりますな。
 強力なロータリー車から吹きだされる雪が、一列に並んだダンプに次から次へと乗せられ、一杯になると郊外の雪堆積場へと運ばれる。
 一通り排雪が終わると、大型のブルがやって来て、路上に残った雪片を綺麗にこそげ取って行くよ。
 それぞれの役割を持った機材達が、粛々と進めて行くオペレーションは、世界でも類の無い、豪雪の200万都市の生活を支えていますな

 町内のあちこちに立てられた、この幟が目印です。
f0186476_17541030.jpg


 今年は雪が少なくて、排雪隊はいつもの様な迫力は無いけれど、穏やかな日差しの中を進む、我が麗しのジャンヌダルクは、まるで勝ち鬨を上げながら凱旋を果たしてるようにも見えるね。
f0186476_17592765.jpg


 そんな排雪ですっきりした今日だけど、昨夜から朝にかけてまた数十センチ降り、雪の世界へと逆戻り。
f0186476_1815626.jpg

 それでも、これからの降雪は解けるのも早いし、間違いなく春に向かうという実感があるので、気にならないね。
 それどころか、この綺麗な雪模様も見納めか?と思うとなんか寂しい気すらしますな。

 おかげで道路もアスファルトが顔を出してるのだけれど、散歩の時、雪解けで濡れた道が今朝の寒さで凍り付いていた。
 ボニーはすべるのが嫌いらしく、氷の上を歩きたがらないので、雪の壁下にかすかに残った狭い雪道を無理やり歩いていたよ。
f0186476_187296.jpg


 もう、めんどくさいから、雪の壁の上を歩いてくれよ。
f0186476_1874015.jpg


 なんて事を言いながら、雪解けを楽しんで、フカフカの芝が顔を出すのを待つ事にしよう。
 でも、この感じなら、今年は大好きな堅雪は楽しめないかもな~。

 最後に今一度、北国の雪の解放軍、春を呼ぶ頼もしい排雪隊の様子を見ながら今週のリポートを締めくくりたいと思います。

 また来年、待ってるぜっ!
 

※先週のリポートでお伝えした、幸ちゃんは未だ保護には至っていないのですが、移動ルートが特定され、近隣の農家の方の協力も得ながら、今後も保護に向けて活動して行く状況との事です。
なんとか、食べられているようだし、これから寒さも緩んでいくので、安心材料が見えています。

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2016-02-21 18:20 | 生活 | Comments(2)
Commented by joli-alec at 2016-02-21 21:02
春が近づき除雪した後に一晩で数十センチってすごいですね。
幸ちゃん、私も気になって毎日FBをチェックして餌場を確認したと書かれているのをみて少し安心しました。
早くお家に帰ることができるといいですね。
Commented by bluephoebe at 2016-02-22 21:42 x
>アレクママ
数十センチって、チトオーバーでしたかな?20cm前後ですかね。
でも、フカフカ雪なので、その後の暖気ですぐに減っちゃいましたよ。
幸ちゃん、多くの人に見守られてるので、きっと大丈夫でしょう。
吉報を信じて待ちたいですね。


<< 13年ぶりの再会      人を動かす力 >>