Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 21日

ジビエ・ヴェニソン

 学校の先生は狩猟免許を持っていて、よく近くで鹿を撃って来ている。
 学校の犬舎内に水を汲みに入ると、目の前に吊り下げられたシカがいて、ビックリすることもある。
 今年からその肉を犬用として販売してくれているので、早速購入してみた。

 昨日の朝、獲れたてのロース塊
f0186476_22335210.jpg

 先生の奥さんは、これを業務用のカッターで切り分けるほど身が柔らかい。
 犬用としての販売だけれど、とても新鮮で生でも食べれるものらしい。
 さすがに生は抵抗があるので、早速スライスを焼いて食べたよ。
 狩猟後の処理が、丁寧で完璧になされている為、臭みもなく、やわらかくてとても美味しかったよ。
 これって最高の贅沢だよね。
f0186476_22383443.jpg

 鹿肉はきれいな赤身で、高タンパク低脂肪で、ヴェニソンと言う呼び名でも、欧米ではポピュラーな食材ですな。
 そんな野生の肉を食する”ジビエ”は、北海道にいてもほとんど馴染みがなかったけれど、学校で、そのボディを、まさに解体する現場に立ち会い、今取り出したばかりの肉を頂く事が出来る事に、改めて食への感謝の気持ちが湧いて来ましたな。
 どんな食材も最後まで、残さず美味しく頂くってのが、ある意味僕のポリシーでもあるのだ。
 見た目に可愛らしいシカの狩猟については、色々な意見があるけれど、生態系の保護や農業被害を考慮する場合、適正な捕獲が必要な事は明らかで、その活用方法の検討は北海道での大きな課題ですな。
f0186476_22555588.jpg

 我が家のワン達の食事は、フードに生肉(ラムかビーフ)をトッピングするのが定番なので、こんな新鮮なヴェニソンを与えられるなんて、僕等もワン達も最高の幸せです。

 キッチンで鹿肉をさばいている時から待ちきれないブルーとphoebe
f0186476_23110100.jpg

 ボニーも鹿肉には高い反応を示します。
f0186476_233153.jpg


 残りは細かくスライスして、小分けして冷凍。
 先生は、雄のロースをジャーキー用にと分けてくれたので、ちょっと厚めにスライスして、現在味付け中。この後、塩抜き、風乾、スモーク、再度風乾を経て、噛むほど旨みがにじみ出てくる、鹿ジャーキーになる予定。
 もちろん犬用にも、一足先にジャーキー用に外で乾しに入った。
 せっかくの新鮮な鹿肉だから、鹿さんに感謝しながら、美味しく出来る事を祈りつつ、丁寧に仕込んだよ。
 今週末は恒例の餅つき会@学校なので、先生や仲間に美味しい味を届けられれば良いなと思ってます。
 Thanks Venison

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村


 
[PR]

by 4engys | 2014-12-21 23:13 | 生活 | Comments(2)
Commented by ルークねぇ at 2014-12-24 22:02 x
我が家も、届いたばかりの塊肉を切ってるそばから、大興奮でした!ボニーも、これで食欲増すかな。
運動した後に生肉をあげると、良い筋肉になるんだって。
うちも、そろそろまた購入しなくちゃ!
Commented by bluephoebe at 2014-12-25 21:47 x
>ルークねぇ
おかげさんでボニコは最近、自力完食してますぞ。
へぇ~、そうなんだ。シカの駆ける姿って特に後ろ足の跳ね上がりが力強い印象があるけれど、鹿にあやかって、ボニコも良い走りが出来るようになってくれればね。
生肉は老化防止にも良いと聞いたので、ブルー、phoebeにもきっといい効果がありますね。


<< 贈り物      年賀状 >>