Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 17日

ハイエン:フィリピン台風30号

 Emeli Sandeの”Clown”
 彼女がまだデビューする前に、レコードレーベルの審査担当者の態度を揶揄して、それでも自分らしさを通して行こうと言う決意の唄らしいけれど、意味はさておいて、メロディや歌声を聴くだけで、凄く力が湧いてきますな。しかも、このX-FactorのSam Baileyによるカバーは、唄そのものの力に加えて、審査員、会場のオーディエンスの反応や、唄っている本人の自信に充ち溢れた表情を見ていると、悲しさや、寂しさがまぎれる気がするのだな。


 フィリピンの台風30号:ハイエン
 日に日に想像を超える惨状が伝えられてきますな。近いようで遠い外国の事ではあるけれど、僕にとってすごく身近なニュースとなってしまいました。
 2012年5月以来、1年半に渡ってほぼ毎週末、skypeを使った英会話スクールで、僕の先生をしていたErika先生。彼女はタクロバン在住なのです。
 台風がタクロバンを襲ったのは、レッスンを入れていた9日(土)の前日で、9日の朝、SkypeCallを待っていたけれど、やはり連絡は無し。ニュースを見ると、かなりの被害があった事が報道されていたので、今日のレッスンは無理かな?と思い、まさかこんなひどい惨状になっているとも知らず、SkypeMailで、「レッスンの事は気にしないでね。落ち着いたらまた会いましょう」ってMailした。
 その後、次々と報道される惨状を見てレッスンはおろか、先生の安否の方が心配になって来たよ。毎日PCの下のバーにあるSkypeのアイコンに着信が無いかを確認したり、FBでの投稿をチェックしたりしたけれど、なにも彼女からの発信は無いのです。 英会話スクール側からの情報では、今日現在消息不明で、最悪の事態を覚悟する必要ありとの事。
 通信状況が悪い為、まだ望みは捨てないけれど、今はかなり厳しい状況を覚悟しなくてはなら無いと思ってます。Skypeを使った通信上でのやり取りではあったけれど、2年近く毎週顔を合わせて、お互いの事を話していたのだから、もう他人事ではないのです。
 まだまだ彼女の事を思うと、尽きないのですが、今はただ、とにかく、彼女の無事を信じて、祈るだけです。

 この曲、このステージを見てると、悲しくても、寂しくても、自分らしく、強く生きようって言うメッセージが伝わったてきますな。今はこの曲に助けられながら、どんな結果も受け入れると言う気持ちを持つようになりました。
May God protect you Erika!

にほんブログ村 犬ブログ ビアデッドコリーへ
にほんブログ村
[PR]

by 4engys | 2013-11-17 21:59 | 生活 | Comments(2)
Commented by ルークねぇ at 2013-11-18 21:34 x
心配ですね。
毎週顔を合わせていれば、やはり消息は気になります。
とにかく無事であることを願うばかりです。
Commented by bluephoebe at 2013-11-18 23:23 x
>ルークねぇ
 彼女は先日大学を卒業したばかりのまだ若い子なのですが、まさか台風で被災するとはイメージ出来んのです。それほど、僕等の想像うを絶する様なものだったんでしょうね。
 つい先日、明るく話していた事を思い出すと、いまだに現実の事とは受け止められませんです。
 さっき、学校のページを見たら、最悪の事態の様で、確認中との事でした。ニュースで現地の状況を見るのが辛いです。


<< 小春日和アジ      スラロームレッスン >>