Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 10日

第64回 札幌雪まつり

 今年はいつもより1ヶ月ほど早い12月の中旬にドカ雪に見舞われ、しっかりと根雪になった為、白銀の中の生活がやたら長い気がする。まるでピーター王兄弟たちが迷い込む以前のナルニアの様に、1年中雪の世界なのじゃないかな?と錯覚するような気持ちになって来た。除雪もそろそろ飽きて来たし、もうそろそろ雪もいいかな?と思ってたけど、そんな厄介者の雪を逆に楽しんじゃおうって言う、札幌雪まつりはホント素晴らしいです。
 Bonnieにとっては初めての雪まつり、みんなで冬の祭典を楽しんで来ました。

大通4丁目会場は、今年式年遷宮のお伊勢さんがテーマ
f0186476_18523445.jpg

 あの宇治橋を渡ったのを思い出すな~。雪像は大きいだけじゃなくて、細部まで凄く精巧に作られている。長年雪像作りをして来た人達のノウハウとこだわりが詰まってるな。
f0186476_18575383.jpg

 年が明けると同時にその準備は始まる。背面に足場が組まれた後、札幌周辺から雪が集められ、どんどん大通りに運び込まれる。その雪をユンボを使ってどんどん積み上げて行く。
f0186476_1903156.jpg

 どうやってユンボが上へ上がって行くのかは不明だけど、熟練の技ですな。

 充分に雪が積み上がると、今度は前面に足場を組んで、自衛隊の隊員たちが雪を削ったり、張り付けたりしながら、像を形作って行くよ。
f0186476_1973135.jpg

 いよいよ完成も真近。全容が明らかになって来た。
f0186476_19115226.jpg

 
 こうして、幅20m、高さ15mの巨大雪像が出来上がるわけです。
 北国の人々の、雪を楽しもうと言う気持ちと、今まで長年このお祭りを支えて来たスタッフ、雪像の作り手たちの熱い思いが結集した最高の傑作と言えますな。
 もちろんこの他にも、市民達が作った小雪像や氷の像、雪の滑り台やら、とにかく雪を楽しむイベントが盛りだくさん。期間中200万人の観光客が世界中から訪れると言うのも納得ですぞ。
 日中はたくさんの人でにぎあう為、早朝に行って来たのだけれど、それでも結構な人が既に繰り出していた。Bonnieにとっては初めて経験する人混み。始めて散歩した時みたいに、途中たびたび立ち止まりながらの散歩だったけど、世界中の人達に可愛いねって言ってもらえて、楽しい朝散歩になりました。もちろん、Blueもphoebeも人気でしたよ。

北海道で大人気のキャラクターonちゃんと、歌舞伎座をバックに。
f0186476_1937536.jpg


 長い雪のシーズンだけど、来週はいよいよ排雪が入るし、陽射しには確実に春の力強さを感じるようになって来た。こうして厳しい冬を楽しみながら、春を待つのも楽しいもんです。
 明日は練習だな。
[PR]

by 4engys | 2013-02-10 19:40 | 我家の犬達 | Comments(2)
Commented by joli-alec at 2013-02-10 21:21
今年も行ってきたんですね~!
お伊勢さん、素晴らしいです。コレは感動モノですね。
こんなのを見せられてしまうと行きたくなるな~雪祭り。

ユンボは、雪上はわかりませんが、土の上ならあのくらいの斜面を自力で登れるんですよ。
Commented by bluephoebe at 2013-02-10 23:48 x
>アレクママ
 今年はBonnieが来たんで、雪像を見せに、、、と言うかみんなに見てもらいに、かな?行って来ました。今朝は-10℃くらいで寒かったけど、歩いてるうちに暖かくなって来て、楽しかったですよ。午後はドッグランで遊んだので、みんなお疲れです。
 お伊勢さんはすばらしいです。おかげさまで、また少し身近になりましたよ。
 この祭りも、アレク家にも是非一度見てもらいたいですよ~。
 ※ユンボ、そうなんだ~?なかなかやりますなっ!


<< 悩みの種      10歳、13歳になったよ。 >>