Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 22日

Christmas Present

 世の中Christmas色いっぱいですな。クラシカルな定番や、現代アーティスト達のカバーなど、いろんなChristmasSongが流れて来て、気持ちが盛り上がります。R.Kellyのカバーなんかどうかな?と思っていろいろと聴いたけど、やっぱりこの曲もChristmasSongListに入れても良いじゃないかなと感じたのだ。
R.Kelly  Happy People
(詩は分からないけれど、なんかHappyな気分にならないかい?)
そんな気分でReportしたいよね。

 Blueが無事帰還しました。
 犬歯が無い!?
f0186476_2011453.jpg

 術中の写真を見せてもらったのだけれど、犬歯の根元と鼻の粘膜部が貫通していて、大きな穴が開いていた。予想以上の進行で、やはり手術を決断して良かったのだ、と確信したのだな。

 これが抜いた犬歯
f0186476_204107.jpg

 表面に出ている部分は凄い存在感があるけれど、それと同じくらいの長さの根っこが潜んでいた。輝く歯と、根っこにまだ付着してる肉片の様なものが手術の激しさを物語ってるね。

 麻酔が抜けきらず少し朦朧とするBlue
f0186476_20294339.jpg

 朝9時半に病院へ預け、お迎えは3時半、その間、麻酔が効いてる時間帯以外はず~っと「ピー、ピー」と鳴き続けだったらしく、先生も笑ってた。鳴き続けてのどが擦れたらしく、今はピーピーーが、ヒーヒーになっているよ。
 それでも、朝飯を抜いたBlueは歯抜けにもかかわらず、フードを元気に食べていた。さすがコッカーだな。おかげさまで、彼はすこぶる元気にしとります。御心配下さった皆様、ありがとうございます。

 Blueの帰りを喜んで、いたわってるつもりなのか、寄り添うBonnie
f0186476_20355953.jpg

 というわけで、Blueの懸念事項は年内にスッキリと処置で来て、気持ち良く新年が迎えられる事になったのだ。あ~良かった。

 Presentと言えば、先日ドラハへ遠征した際、アレクママさんより素晴らしいPresentを頂いた。
 Hand Made Half Choke
f0186476_20445814.jpg

 首にかかるところが太めになっていてワンにやさしい作り。デザインや色もBluePhoebeにBestMatchで、すごく良く似合うんだよな~。散歩に出るのが楽しくなるね。
f0186476_2047325.jpg

 一本一本、細かく丁寧に留められた飾りが何ともカッコいいでしょ。ブルーローンに合ったシックなカラーはBlueにしっくり溶け込んでるし、鮮やかなオレンジは、燃える走りのphoebeにピッタリです。
アレクママさん、ホントありがとう。

 今年は大雪の中で真っ白なWhiteChristmasを迎えた。Blueも元気に帰って来たし、Bonnieも最初から最後まで楽しく散歩できるようになった。新しいHalfChokeを付けた散歩は心が弾むし、この曲の様に思わず右に左にとStepを踏みながら歩きたくなるね。今日Bonnieは初めて散歩中におしっこ出来たし、数日前は初めて外でUが出来たよ。そんな事だって嬉しくて楽しくて、ほんとに我らは彼らのおかげでHappyPeopleなんだと感じる年末です。
 なんと言っても、Blueの無事の帰還、それが我が家の最高のChristmasPresentなのだっ!
Merry Christmas!!
[PR]

by 4engys | 2012-12-22 21:18 | 我家の犬達


<< 餅つき、そして初Hop!      決断 >>