Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 29日

 すっかり秋ですな。
 この季節、いろんな木々から葉っぱが落ちて来て、庭や道の隅っこに溜まったり、雨で濡れて地べたに張り付いて取れなくなったり、まったく厄介者なんだけど、一方では輝くような色に染まった葉っぱたちが、冬到来の前に、最後に僕等の心を癒やしてくれるな。

 旧北海道庁前のイチョウ並木。眩しいくらいに金色に輝いていた。
f0186476_18114995.jpg

 今日は、久々の晴れ間だったけど、悲しいかな仕事の為にオフィスへ。仕事の合間、ちょっと気分転換に会議室の窓から大通り公園を覗いてみた。
f0186476_1818577.jpg

 いつもは見上げる木々だけど、この角度から見る景色も良いもんだ。公園の向こうに見えるビル群を見れば、さながらリトルセントラルパーク?に見えなくもない。こんな光景を見ながら熱いコーヒーでも飲めば、もう少し頑張れそうな気になるな。都会の真ん中で、鮮やかに色付くイチョウは僕の最も好きな木です。

 その季節によって、聞きたい歌声ってあるよね。夏なら「tube」?冬なら「広瀬香美」?チト古いかな?僕にとって秋のこの季節聴きたくなる歌声は。。。。。。。
 Nina Simone 
 ”He was good too me" 高校の時、入り浸ってたJazz喫茶で毎回必ずかけて聴いていた。このVillageGateでのライブアルバムは僕が生まれた年に収録されたもので、今とは比較にならない録音技術なんだろうけど、その音からは会場の空気感がすごく伝わって来て、その雰囲気も含めて大好きだったのだ。時間があれば聴いて見て欲しい。
 目を閉じれば、ライトに浮かぶ煙草の煙までが、かすかな音として耳に残りそうな感じがして来るよ。
 グラスを傾け、氷が溶け落ちる音や、客の動きまでもが伝わって来て、まるでその場にいるか、あの時のJazz喫茶に居るような感覚になって来るのだな~。

f0186476_1915043.jpg

 今もこの曲を聴きながら、タイミング良くと言うか、ご近所さんが持って来てくれた銀杏をつまみに、もちろんウイスキーを片手に書いてます。
 イチョウの輝きと恵みに感謝しつつ、遠い過去に想いを馳せながら、秋の長い夜を楽しむとしよう。
 
 明日は練習に行くぞっ!
[PR]

by 4engys | 2011-10-29 19:04 | 生活


<< 道東へ      アジ鹿Q >>