Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 11日

アジリティ 仙台大会

 仙台大会から帰って来ました。往復1400km、震災の爪後の残る東北道をひたすら走った。でも道路は修復の後が残るだけで、いつも通りの快適なドライブだった。
 大会会場では、いつもの仲間との再会はもちろん、仙台在住のアジラーにも久々に会う事が出来た。家屋半壊とか、愛犬数頭を連れての2日間の避難所生活の話などを今は明るく話して下さった。それでも皆さん、当時はもちろん大変だったけど、こうしてアジが出来る喜びを噛みしめている様だったし、そんな姿を見れて、やはり行って良かったと思えた。
 
f0186476_17122786.jpg

 大会前の予報では、気温は高いものの、天気は雨混じりの曇りの予報。しか~し!僕は仙台限定晴れ男なのか、今まで一度も雨に当たった事が無いのだ!そして今回も予報を覆しというか、「それ、覆しすぎじゃねっ!」って言うくらいの 「伊達っ晴れ。」北海道からいっきに北上した僕には、この暑さは想定外。心の準備も出来ないまま、陽射しと熱風は容赦なく襲いかかる。午後のJPの検分では、意識が朦朧として、視界が狭くなりフラフラになった。{熱中症ってこういう感じでなるのかな~}なんて思いながら走ったら、やはり速効ドボンだった。(言い訳っぽいけど、マジで辛かったです。)
 この写真でも、あの時の暑さを伝えれないのが残念です。

 肝心のレース
 2日目のJP2。2日目は暑さにに対する心の準備も多少あったし、身体も少し慣れたのか、チョとだけ楽だった。その分頑張って、何と2009年11月のドラハ以来、2年越しのCreanRunで4席ゲット。タイヤの後、チト怪しい動きをしたけれど、phoebeも結構がんばったよ。

 並み居るシェルティ軍団に交じって8歳のphoebeも意地を見せたな。

 問題のAG。動画は初日(9日)のレース。
 2日間とも山の下りを飛ばれ、バーをそれぞれ1本、2日目はダブルも落とした。

 ここのところ橋は調子良いんだけど、山が問題だな。来週の大会まで修正の練習が出来ないまま突入となる為すごく心配だけど、どんな手を使ってでも止めてやるっ!
 もうひとつのバー落ちには、一筋の光が見えたよ。それはステラ家より頂いたアドバイス。
 phoebeがバーを飛んでる瞬間の僕の動きがphoebeにプレッシャーを与えている。それを回避するには、バーを真っすぐに、そのバーに集中して飛ばせる事を意識する。その為には、フロントスイッチの身体の回転のタイミングをもう少し遅らせて、飛び終わったと同時に素早くクルッ!っと行く事だ。
 AGの終盤、タイヤ⇒ハードル⇒フロントでハードル のところでバーを落とした。そこを検証して見る。
f0186476_18311175.jpg

         ↓↓↓
f0186476_18311892.jpg

 う~ん、 フロントがプレッシャーをかける事は知っていたが、この身体の回転のタイミングまでは考えたこと無かったな。他にもアドバイスを頂き、こちらももちろん練習は必要だが、本番で意識を持って検分するだけでもなんとか出来そうだ。タイミングのズレはわずかコンマ数秒の動きかもしれないけれど、そこを見抜いてくれて指摘してくれるってのが嬉しいね。今回の遠征の大収穫でした。ステラ家ありがとう。期待に応えられるよう、来週も頑張ります。

 そんな訳で、いろんな想いや収穫を得る事が出来、今年も仙台大会は楽しくて良い遠征だった。いつものインギーズ大集合とはならなかったが、インギー代表として、なんとかシェルティ軍団に一矢報えたのも、ジェニ家に泊めてもらい、すごくリラックスして大会に臨めたおかげだと思う。いつもの仲間からの応援メッセージもすごく嬉しかったし、今回はなんとか応える事が出来たのでホッとしています。ありがとう。
 暑さの中、一番頑張ったのはやはりphoebeだな。
f0186476_18504843.jpg

 扇風機の風を受けながら、板氷に顔を乗っけて気持ち良さそうなphoebe。お疲れさんです。来週も頑張ろう!
[PR]

by 4engys | 2011-07-11 18:53 | アジリティ


<< Agility Compe i...      いよいよだよ。 >>