Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 21日

協力の輪を広げたい。

ポチたまの松本秀樹さんが、避難所や仮設住宅のせめて一部でも ペット同伴可になるよう環境省宛てに署名活動を始めているとの事で、 少しでもこの輪が広がってくれればと思い、転載します。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
  愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』

環境大臣 殿

【 趣 旨 】

私達は、災害時における愛玩動物と
その飼養管理者(飼い主家族)の双方における、
精神的安定を維持するための条例制定を目標とし、
避難所及び仮設住宅での共同生活を確保することを
要望します。


1.避難所について
愛玩動物同伴可能の避難所を、全避難所のうちの
25パーセント確保することを要望します。
もしくは、1避難所の中に、愛玩動物同伴可能のエリアを
25パーセント確保することを要望します。


2.仮設住宅について
愛玩動物同伴入居可能の仮設住宅を、全仮設住宅のうち、
25パーセント確保することを要望します。


3.災害時の愛玩動物への給餌・給水
災害時、愛玩動物に対して最低限の給餌・給水をすることを要望します。


4.災害時の愛玩動物の健康維持について
A.飼い主家族からの要望があった場合、獣医師へ協力を
要請することを要望します。
B.災害によって飼い主が分からない愛玩動物については、
保護施設にて一時預かり及び、必要により健康診断・治療等の措置を取り、
その愛玩動物の写真を印刷物やホームページにて掲載し、
預かりを公示することを要望します。


以上の要望に対しご賛同いただけました方は、指定の署名用紙にて、
署名活動にご協力頂きます事を、心よりお願い申し上げます。
  

阪神淡路大震災の時もこれで可能になったそうです

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html
こちらから署名用紙をダウンロードし原本を郵送してください。
一万人になったら環境省に提出するようです。

以上、転載したものです。

被災地では、ペットの存在が人々の心の大きな助けになっている事もあると思う。ペットだって同じ被災者なのだから、同じように救済の手が差し伸べられるよう協力したいと思います。

情報をくれたルークねぇにも感謝したい。
[PR]

by 4engys | 2011-03-21 18:47 | 生活


<< 季節限定      消息情報 >>