Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 03日

秋の恵み

食欲の秋というけれど、この時期ウイスキーも1年で一番美味しい季節となる。巷では"ハイボール”が人気だが、やっぱりこの時期飲むなら”生”で行きたいもの。余市のシングルカスクからは、ほのかにリンゴの香りも香って来て、いっそう秋を感じる事が出来るのだ。
今日のつまみは頂き物のチーズとイチジクのジャム。トンデンファームのクラコウなり。
f0186476_17542710.jpg

濃厚なチーズと甘いイチジクはウイスキーの旨みを程よく引き立てくれてる。この時期、この瞬間、まさに至福のひと時です。
僕も至福のひと時なり~(腱マッサージ中)
f0186476_17592938.jpg

ウイスキーが美味しいこの時、その成り立ちを想いながら、僕の大好きなこの詩を読むとさらにウイスキーへの愛情が深まるのだ。
◆ロバートバーンズ/ジョン・バーレコーン
バーレコーンとは大麦の事らしい。その大麦にジョンという名前を付けて、親しみをこめて呼んでいる。
春の発芽から、秋の収穫、その後ウイスキーになるまでの厳しい過程をジョンという人間の冒険に例え、詩に詠んでいる。そして最後に、彼(大麦)とウイスキーを賞賛する。

以下岩波文庫のロバートバーンズ詩集(中村為治訳)より抜粋。

 ジョン・バーレコーンは大胆なる英雄にして、偉大なる冒険をなさんと企てゐたり。
 其故に、もし汝彼の血を味わば、汝の男気は振い立つべし。
 其は人をして其の悲哀を忘れしめ、其の喜びを高めしめん。
 其は寡婦の心をして歌わしめん。たとひ涙は眼に溢るるとも。

 然らば我等はジョン・バーレコーンの為に祝杯を捧げん、

 各、手に其の杯取りて、而して彼の偉大なる子孫の決して古きスコットランドに絶ゆる事
 あらざれ。

秋の実りと、其れが作りだす、素晴らしい飲み物が出来上がるまでの長旅に想いを馳せて、
今宵も乾杯と行こう。
050.gifアジ話もあるよ







今日、練習に行って来た。今まさにドイツでは世界大会が開催され、熱い走りが繰り広げられている。今日スモール団体で2席の一報が入って来た。こないだ僕らの目の前で走りを見せてくれた方々が、当地で素晴らしい走りをしてくれたと思うと、こっちまで胸が熱くなった。
学校では早速、ラージ個人のJumpingのコースを立てて走ってみた。エアプレーンを多用しながら、リズム感のある、気持ちの良い走りが出来た。Phoebeはなんなくクリア。世界でも通用する走りだな!と自信を深める事が出来た。
学校には、足をカットした低い橋があったので、今日のLeeは橋にチャレンジ。結構スタスタと走ってたので、なんかすごく嬉しかったな~。

f0186476_18561141.jpg

あれ?これ低くねっ?
[PR]

by 4engys | 2010-10-03 19:05 | 生活


<< 脱毛したよ      秋の空 >>