Happy Life with English Cocker Spaniels & Beardie!

hlw4engys.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 14日

激突

 12日朝、「シメ」が我が家の窓に激突。雪の上に落ちて身動き出来なくなったところを、かみさんに保護され、近くの大学病院へ搬送された。軽いのうしんとうで、しばらく休めば大丈夫との診断を受けて、しばし静養後、元気に空へと飛んでいったそうだ。

まぬけな「シメ」
f0186476_125471.jpg

窓には激突の激しさを物語る「羽」が付着
f0186476_1271959.jpg

ま近で見ると、結構綺麗な色してるけど、キカナそう。
f0186476_1211746.jpg


 我を取り戻した奴は、飛び立つ寸前、挨拶代わりにかみさんの手をおもいっきり噛み付いていったらしい。「助けてやったのに何だっ!」って気も分かるけど、それだけ元気になったって事なので、大目に見てやろう。その内お宝でも持って恩返しに来ると、期待する楽しみが増えたのだから。
[PR]

by 4engys | 2009-02-14 12:19 | 生活 | Comments(2)
Commented by るーくにぃ at 2009-02-14 19:45 x
僕も一度鳥を保護したことがあります。
トンビではなく鷹の種類でした。だから捕獲にすごく怖くて大変でやっと捕まえて浜松市の動物園に連絡してそこにもって行きました。
図鑑で種類を特定したんだけど残念な事になぜかくちばしが折れていて
長生きはしないでしょう・・・って言われました。
野生の鳥ってなかなかマジマジ見ることが無かったので迫力があったことを覚えています。
しかし、日本野鳥の会状態ですね。あはは
お宝はクリーンランでお願いしておいたらどうかな。(笑)
Commented by Blue Phoebe at 2009-02-14 21:33 x
助けてあげようと思ってるのは、人間の気持ちだから、怪我した野生動物にとってはそんな気持ちわかるわけ無いんだよね。手負いの猛禽類の捕獲は大変そう。無理すると救助自体が致命傷にもなりかねないからね。
今日の静岡(清水市)は26℃を記録したとか?練習も暑かったんじゃない?来週は埼玉ですね。ルークのクリーンランをシメにお願いしときますよ~。


<< 手      渡り >>